耳をすませば(2020)映画のあらすじや結末をネタバレ! 雫と聖司の10年後についても

 

映画『耳をすませば(2020)』が、近日公開予定になっています。

 

1995年公開の柊あおいさんの同名コミックが原作でスタジオジブリのアニメ映画

の実写化作品。スタジオジブリ版は名作と名高いものの、実写版はどのような

評価を得られるのかとても興味深いところ。

 

スタジオジブリ版では、読書好きの少女・月島雫と少年・天沢聖司の恋愛模様が

瑞々しく描かれ、今なお伝説視されています。

 

ということで映画『耳をすませば(2020)』のあらすや結末、また月島雫と天沢聖司

の10年後についてまとめました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

耳をすませば(2020)映画のあらすじ

 

まずはスタジオジブリ版の映画『耳をすませば(1995)』のあらすじから。

 

主人公の月島雫は、読書が趣味というとても活発な女子中学生。受験シーズンで

あるにも関わらず趣味の世界に没頭していました。

 

そんな中、雫は天沢聖司という同級生の男子生徒と出会います。聖司に対する

第一印象は、とても酷いものでした。

 

ところがヴァイオリン職人を目指していてイタリアに修業に行きたがっている聖司

に雫は徐々に好意を抱いていくことに。

 

その一方で雫は、小説家になりたいと考えていて高校受験もほったらかしで

小説の執筆に没頭していく。

 

雫と聖司は、恋愛関係になり夢を叶えることを約束し合いました。

 

雫は自分がまだ勉強不足だったと思い知りますが、聖司はイタリア行きを家族に

許され新天地に旅立つことになります。そして旅立つ前の聖司からプロポーズ

されるのでした。

 

 

続いては映画『耳をすませば(2020)』のあらすじを紹介します。

 

中学生時代から10年という歳月が流れ、大人になっていた二人。雫はある出版社

に勤務しながら児童小説の編集者をしていたのです。肝心の小説家になるという

夢はとっくの昔に諦めて、現実の雫は本の販促のために奔走していました。

 

しかし聖司はあれからずっと外国で夢を追っていた。対照的な生活を送っていた

雫と聖司の関係は、やがて微妙なものになっていく。

 

映画『耳をすませば(2020)』は、映画『耳をすませば(1995)』と比較すれば、

ちょっと不安にならざるを得ない展開のようです。

 

 

 

耳をすませば(2020)映画の見どころ

映画『耳をすませば(2020)』は、スタジオジブリ版が名作すぎたためにどんな

実写キャストになるのか?気になるところ。

 

月島雫役を演じるのは清野菜名さん、天沢聖司役を演じるのは松坂桃李さん。

清野菜名さんは、これまでに『TOKYO TRIBE』『東京無国籍少女』『ユリゴコロ』

『恋は雨上がりのように』『今日から俺は!!劇場版』などに出演してきました。

 

運動神経が良いため、アクションには定評があります。

 

 

松坂桃李さんは、これまでに『不能犯』『娼年』『孤狼の血』『居眠り磐音

『新聞記事』『蜜蜂と遠雷』などの注目作品に数多く出演してきました。

 

キャリア官僚から出張ホストまで、多様な役を演じ切って、演技派としての地位を

確立させました。

 

注目の2人がどのような演技を見せてくれるのか?見どころです。

 

また雫と聖司の10年後が描かれているということで、二人はどうなるのか?

見どころ言えるでしょう。

 

 

 

耳をすませば(2020)映画の結末をネタバレ

それでは、映画『耳をすませば(2020)』の結末はどうなるのでしょうか。

こちらは、ご紹介したあらすじ以上のことは今のところはっきりしていません。

 

しかし本作はスタジオジブリ版の後日譚であり、柊あおいさんの原作コミックにも

続編の『耳をすませば幸せな時間』があったのです。

 

これでは受験勉強中の月島雫の前に、ルナという黒猫が現れ、彼女を猫の図書館に

誘っていく、というストーリーになっていました。

 

というわけで続編とは言えども後日譚ではありませんから、結末は公開されるまで

は予想しづらくなっています。

 

 

スポンサードリンク

 

雫と聖司の10年後について考察

それでは10年後の雫と聖司の関係は、どうなっていくのでしょうか?

全くヒントがないため、なんとも言えません。

 

しかし名作の実写化ですから、雫と聖司が破局することは考えにくいですし、

破局しないで欲しい。かといって雫は小説家になれ、聖司はヴァイオリン職人に

なれたのでは、リアリティーがありません。

 

雫は夢を諦めるものの聖司は成功し、2人はまた幸せになるという展開を想像します。

あくまで個人的希望です。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

名作の四半世紀ぶりの続編となる、映画『耳をすませば(2020)』。

いったいどのような仕上がりになるのか?期待です。

 

ともに実力派である松坂桃李さんと清野菜名さんがどのように演じ雫と聖司の

10年後を魅せてくれるのか楽しみ。

 

現状では近日公開予定となっていてはっきりしていませんが、情報が入り次第、

追記します。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ