【映画】蜜蜂と遠雷の出演者キャスト一覧と役どころ!松岡茉優を配役した理由を考察

映画『蜜蜂と遠雷』2019年10月4日(金)に満を持して公開されます。

原作は直木賞作家で、あらゆるジャンルで活躍している恩田陸さんですから、

注目も集まっています。4人の若手ピアニストたちの成長を描いていく、青春小説かつ

音楽小説の実写化ということで、その期待度も大きいものになっています。

 

さて今回は、そんな映画『蜜蜂と遠雷』なのですが、キャストや役どころはどうなって

いるのでしょうか?また松岡茉優さんが配役された理由についても考察してみました。

 

映画『蜜蜂と遠雷』予告【10月4日(金)公開】

 

スポンサードリンク

 

【映画】蜜蜂と遠雷のキャスト一覧と役どころ

青春ストーリーでありながら、若手ピアニストたちがコンクール優勝を目指して戦って

いく音楽ものでもある、映画『蜜蜂と遠雷』。興味深い内容だけにキャストや役どころが

気になります。

 

栄伝亜夜(松岡茉優)

役名:栄伝亜夜

演者:松岡茉優

 

栄伝亜夜は、かつては天才といわれていたピアニスト。

しかし、母親の死のショックで落ちぶれ、再起を目指しています。

 

松岡茉優さんは、1995年2月16日、東京都出身の24歳。

映画では、『ちはやふる』『万引き家族』などに出演してきました。

 

 

高島明石(松坂桃李)

役名:高島明石

演者:松坂桃李

 

音大出身だが現在は楽器店勤務。

かつてはコンクールで活躍していましたが、年齢制限ギリギリの今回

家族の後押しもあり、最後の挑戦としてコンクールへのエントリーを決意する。

 

松坂桃李さんは、1988年10月17日、神奈川県出身の30歳。

映画では、『不能犯』『娼年』などに出演してきました。

 

 

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(森崎ウィン)

役名:マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

演者:森崎ウィン

 

マサル・カルロス・レヴィ・アナトールは、フランスとペルーのハーフの

天才ピアニスト。名門ジュリアード音楽院に在籍し優勝候補と目されている。

 

森崎ウィンさんは、1990年8月20日、ミャンマー出身の28歳。

映画では、『パレード』『闇金ウシジマくん』などに出演してきました。

 

 

風間塵(鈴鹿央士)

役名:風間塵

演者:鈴鹿央士

 

世界最高峰のピアニストから推薦。

凄まじい演奏技術で見る者すべてを圧倒する謎の少年。

 

鈴鹿央士さんは、2000年1月11日、岡山県出身の19歳。

本作が俳優デビュー作となっています。

 

 

高島満智子(臼田あさ美)

役名:高島満智子

演者:臼田あさ美

 

明石の妻。

明石のコンクール挑戦を献身的に支える。

 

臼田あさ美さんは、1984年10月17日、千葉県出身の34歳。

映画では、『愚行録』『honey』などに出演してきました。

 

 

仁科雅美(ブルゾンちえみ)

役名:仁科雅美

演者:ブルゾンちえみ

 

高島明石の元同級生。

彼の国際コンクール挑戦に密着しているジャーナリスト。

 

ブルゾンちえみさんは、1990年8月3日、岡山県出身の28歳。

本作が映画デビュー作となっています。

 

 

ジェニファ・チャン(福島リラ)

役名:ジェニファ・チャン

演者:福島リラ

 

マサルと同じ音楽院に通い、マサルのことが好きな女性。

自身もコンクールに参加。

 

福島リラさんは、1980年1月9日、東京都出身の39歳。

映画では、『テラフォーマーズ』などに出演してきました。

 

 

菱沼忠明(光石研)

役名:菱沼忠明

演者:光石研

 

劇中に登場する課題曲「春と修羅」を作曲。

 

光石研さんは、1961年9月26日、福岡県出身の57歳。

映画では、『羊と鋼の森』『ザ・ファブル』などに出演してきました。

 

 

田久保寛(平田満)

役名:田久保寛

演者:平田満

 

田久保寛は、ステージマネージャー。

コンクール会場の責任者で亜夜の失踪時から彼女を見守る。

 

平田満さんは、1953年11月2日、愛知県出身の65歳。

映画では、『八日目の蝉』『痛む人』などに出演してきました。

 

 

ナサニエル・シルヴァーバーグ(アンジェイ・ヒラ)

役名:ナサニエル・シルヴァーバーグ

演者:アンジェイ・ヒラ

 

マサルの師でコンクールの審査員。

 

アンジェイ・ヒラさんは、1964年8月27日、ポーランド出身の54歳。

映画では、『故郷よ』『イレブン・ミニッツ』などに出演してきました。

 

 

嵯峨三枝子(斉藤由貴)

役名:嵯峨三枝子

演者:斉藤由貴

 

嵯峨三枝子はコンクールの審査員で、ナサニエル・シルヴァーバーグの元嫁。

 

斉藤由貴さんは、1966年9月10日、神奈川県出身の52歳。

映画では、『三度目の殺人』『フォルトゥナの瞳』などに出演してきました。

 

 

小野寺昌幸(鹿賀丈史)

役名:小野寺昌幸

演者:鹿賀丈史

 

世界的指揮者。

コンクールの最終選考でオーケストラの指揮を執る。

 

鹿賀丈史さんは、1950年10月12日、石川県出身の68歳。

映画では、『謎解きはディナーのあとで』『七つの会議』などに出演してきました。

 

映画『蜜蜂と遠雷』のキャストは、新人から大ベテランまで、ぜいたくな顔ぶれで、

公開が待ち遠しいですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】蜜蜂と遠雷の松岡茉優を配役した理由を考察

さて映画『蜜蜂と遠雷』で、主人公の栄伝亜夜役は松岡茉優さんが演じます。

ところが松岡茉優さんといえば『ちはやふる』といい『勝手にふるえてろ』といい、

『万引き家族』といいパワフルな役どころが多いですよね?それがどうして再起を

目指すピアニスト役に起用されたのでしょうか?

 

松岡茉優さんは大変な演技派で、これまでに演じてきた役柄は多岐に渡っています。

ドラマでは、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』での活躍も記憶に新しいところ。

それだけに、大作の予感がする映画『蜜蜂と遠雷』の主人公にふさわしいと判断された

のでしょう。

 

きっと松岡茉優さんなら、難しいピアニスト役もなんなくこなしてくれるに

違いありません。こういったことから、配役されたのではないでしょうか。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『蜜蜂と遠雷』は、原作者、あらすじ、さらにはキャストと目が離せない感じです。

2019年の邦画でもトップレベルの話題作になるのは必至。

 

公開は、2019年10月4日(金)

まだ公開まで間がありますが、情報等入り次第、追記していきます。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ