塔の上のラプンツェル(映画)はひどい?嫌いなところや評価や感想についても

映画『塔の上のラプンツェル』2020年5月1日『金曜ロードSHOW!』

夜9:00から10:54放送されます。

 

ディズニー作品でも根強い人気を誇る『塔の上のラプンツェル』は、グリム童話の

『ラプンツェル』を原作としており、3Dによるプリンセスものとしては初の作品

でもあります。

 

ということで映画『塔の上のラプンツェル』のあらすじやひどいところ、嫌なところ

など評価や感想についてまとめました。

 

 

『塔の上のラプンツェル』MovieNEX 予告編

 

スポンサードリンク

 

塔の上のラプンツェル(映画)のあらすじ(内容)

 

ある国のお妃様が子供を授かりましたが、重い病気にかかります。

国民は、お妃様の病気を治すため、どんな病気も治る魔法の花を探します。

 

そして魔女コーデルが若さを保つために独り占めしている魔法の花を発見。

 

お妃様に魔法の花を飲ませ病気は回復し、元気になり可愛い女の子(ラプンツェル)

を産みます。ところが、魔法の花の力は生まれた王女(ラプンツェル)に宿ることに。

 

魔法の花の力を取りもどしたい魔女ゴーデルは、自分が本当の親だということにして

ラプンツェルを誘拐し王国の森の中の塔へ閉じ込めました。なぜならラプンツェルは、

歌うと傷を癒やす魔法の髪を持っていたから。そしてその髪を切ってしまうと魔法の力

の効力が失くなってしまうからでした。

 

王様とお妃様や国民たちは、ラプンツェルが誘拐されとても悲しみ、毎年ラプンツェル

の誕生日に灯火を空に打ち上げることにしました。

 

 

 

ラプンツェルは、窓から空を見る生活を続けていましたが、発見した空の灯り(灯火)

に惹かれて、いつか塔の外に出たいと思うようになります。

 

そんなある日、城からティアラを盗んで指名手配されているフリン・ライダーが

塔へ逃げ込んできました。

 

ラプンツェルは、フリンに盗んだティアラを渡す代わりに、灯火が見られるところへ

連れて行って欲しいと頼み、そこから二人の冒険が始まります。

 

はたして、ラプンツェルの夢は叶うのか?二人の行く末は?

 

 

 

塔の上のラプンツェル(映画)はひどい?

 

映画『塔の上のラプンツェル』はディズニー作品の中でもかなり人気の高い作品ですが、

視聴者からは「ひどい」という声も。いったい、何がひどかったのでしょうか?

 

ストーリーがシンプル、ご都合主義といった、展開に対して疑問視する声が。

また上手くまとまり過ぎで、深みに欠けるといった指摘も。

 

さらに話の流れが予想できる範囲内だったため、残念だとも言われていました。

この種の作品であれば、ストーリーそのものは、ある程度、想定内、ハッピーエンド

と決まっていますので、こういった部分に批判が出ていたのは、驚きでした。

 

 

 

 

塔の上のラプンツェル(映画)の嫌いなところ

まず、音声に英語がなく、吹き替えであることに失望したという声がありました。

あくまでも、オリジナルの雰囲気が壊れてしまうことに反感を覚えてしまうという

ことですね。

 

しかし子供も観るわけですし、字幕より内容が伝わりますよね。またラプンツェルは、

中川翔子さんが吹替えを担当しましたが、概ね好感触でした。

 

 

 

 

そしてよくあるのが、ディズニーの絵そのものが嫌いという意見。

これはどうしようもない。まずは嫌々でも観てもらって、ストーリーを気に入って

もらうしかないですね。

 

さらに映画『アナと雪の女王』と話が似通っているという意見もありました。

プリンセスものである以上、話が似てしまうのはしょうがないとも言えます。

 

 

 

塔の上のラプンツェル(映画)の良い評価や感想

それでは、アニメ映画『塔の上のラプンツェル』に寄せられていた評価や感想は

どうなっていたのでしょうか。まずは、良い評価や感想を確認していきましょう。

 

https://twitter.com/abc_ichi_TaRo44/status/1087684377667022849?s=20

https://twitter.com/manamika1013/status/1251660914706706433?s=20

 

 

 

プリンスものとして、恋愛要素は不可欠だと思いますので、ラプンツェルのこうした

展開への視聴者の好感はよく分かりますね。

 

 

https://twitter.com/bakebakeratata/status/1251754798984032256?s=20

ただ単にストーリーがおもしろいというだけではなく、こうした意見があることは、本作の

文化性の高さの証拠だと言えるのではないでしょうか。

 

 

 

本作の塔に閉じ込められたラプンツェルと、新型コロナウイルスで自宅に閉じ込め

られた国民を比較する見方は、時勢的にたくさん見られています。

 

しかし閉じ込められているわけではないですけどね^^自粛しているだけ!

 

 

アニメ映画『塔の上のラプンツェル』には、ストーリーそのもののほか、時事問題

を合わせてものなど、実に多様なものに対する評価がありました。また3Dなど映像

が美しいとの評価も多数。

 

 

スポンサードリンク

 

塔の上のラプンツェル(映画)の悪い評価や感想

続いては、アニメ映画『塔の上のラプンツェル』への悪い評価や感想へと移りましょう。

 

 

 

一方ストーリーですが、ここはあまり面白みを感じませんでした。なんと言うか予定調和。もうちょっと深みがほしいところでしたが…。

引用元:きになるはにゃりも

先ほども取り上げましたように、やはりストーリー展開そのものに対する、安易だという

不満の声の1つですね。

 

 

内容の全体では、都合が良すぎるのと、歌が長すぎて私の子守唄になりかけた!!!

引用元:ぴあ映画生活

これも、ストーリー展開そのものに対する不満の声ですが、劇中歌にまで批判の声が

あがっていたのはビックリです。

 

 

永遠の若さを保てる花の力を受け継いだ髪を持つラプンツェルをさらって母と偽り自分の若さを保つために利用したというには余りにも可哀相な気もするわ。

引用元:ぴあ映画生活

こちらは、批判的な声というよりは、登場人物に対する同情の声ですが、

やはり、あまりポジティブな感じではありませんね。

 

 

アニメ映画『塔の上のラプンツェル』への批判的な意見は、全体的に見てストーリー

が対象になっているケースが多いようです。

 

 

 

塔の上のラプンツェル(映画)を観た感想

原作グリム童話を知っているものとしては、子供でも観やすく分かりやすく可変

されているところは誰でも楽しめて良かったと思います。

 

個人的には原作の方が好きですけど。

 

個々のキャラ設定が上手くて、物語の描写に彩りを添えてくれていて、何かしらの

メッセージが感じとれる。

 

良い評価でも多かったのですが、ラプンツェルの生き方に勇気づけられた作品

でした。外出自粛中の今、家族で観るにはもってこいの作品だと言えます。

 

また映画を観た方は、ご存知かもしれませんが、作中にはディズニー映画では

お馴染みのキャラクターが登場しています。さてどこに登場しているのか?

探してみてください。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

当然ですが、良い評価もそうではない評価もあった映画『塔の上のラプンツェル』。

結局のところ、作品への評価は、その人次第ですから、なんとも言えませんが、

家族で観るにはオススメだと言えます。

 

2020年5月1日の『金曜ロードSHOW!』をお見逃しなく。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ