【実写版】キングダムの騰の配役が要潤はミスキャスト?理想についても考察

実写版映画『キングダム』が、4月19日(金)に公開されます。

原泰久さんの原作コミックが連載開始になってから13年目のことで

ファンの間でも、その注目度は相当高いのもになっています。

 

さて『キングダム』は、春秋戦国時代の中国を舞台にした作品ということで

登場人物も凄い数に及んでいます。そんな中、今回は騰(とう)という

武将についてポイントを絞って見ていきたいと思います。

 

いったい騰とはどのようなキャラクターで、強さはどれほどのものなのか?

そして騰役に要潤さんがキャスティングされた理由についても

まとめてみました。

 

映画『キングダム』本編映像解禁!

 

スポンサードリンク

 

【実写版】キングダムの騰について

実写版『キングダム』は、その王国を意味するタイトルどおり春秋戦国時代

の中国を舞台に天下統一をめざして戦っていく人々のストーリー

となっています。

 

主人公の信をはじめ、嬴政、漂、楊端和、河了貂、成蟜、壁など、

キャラクターも魅力的、なおかつ多彩な顔ぶれになっていました。

 

こうした膨大なキャラクターの中でも今回注目していくのは、です。

騰は、原作コミックでも人気は高いキャラクターのため、このたび映画化される

ことになって、楽しみにしているファンも多いものとみられます。

 

では、原作コミックでの騰とは、どういったキャラクターなのか?

騰は秦の将軍です。偉大な将軍である王騎の副官として活躍します。

王騎は残念ながら途中で死んでしまいますが、騰はその跡を継いで軍勢を

率いていくことに。

 

このようにプロフィールだけを見ていくと、とても勇ましく思える騰。

しかしながら、原作コミックにおけるヴィジュアルは、かなり個性的です。

目が異様に大きいうえに、髪型もどこか、日本の神話に出てくる人物のような

風情をたたえています。さらに口調が変わっていて、意味不明な言葉を発する

ことでも有名。

 

実は、彼が仕えていた王騎もヴィジュアルが独特だったり、オネエのような

キャラだったりと、変わった設定になっています。

 

上官といい、部下といい、それぞれに不思議な感じですよね。

それだけに、実写版『キングダム』での騰の描写がどうなっていくのか、

必見です。

 

 

【実写版】キングダムの騰はどれくらい強い?

このような騰ですが、どれくらい強い武将なのかも知りたいですよね。

騰は、とても勇敢な武将でそれゆえに王騎の健在なうちは彼を支えていき、

亡きあとには自ら先頭に立って大活躍していきます。

 

なので騰が強いということに異論はないのですが、とにかく戦術に長けた武将

であると言えるでしょう。原作コミック内においては、とても想像もつかない

ようなやり方で敵と戦っていくこともしばしば。

 

また戦術面だけに限ったことではなく、名言が多いなど、一般的な武将とは

異なった魅力を兼ねそなえたキャラクターでもありました。

 

原作コミックを見たことがないという方であっても、実写版映画『キングダム』

で騰を見て、惚れてしまう人は少なくないかもしれません。

 

そんな騰は、中国に実在した武将でもありました。歴史上の人物としては、

「内史騰」と呼ばれています。生没年は分かっていないなど、ミステリアスな

人物です。

 

騰の顕著な活躍としては、紀元前230年の韓攻略が挙げられます。

ここで騰は、韓王安を捕虜にして韓を滅ぼしました。

 

紀元前221年には、内史に任命されますが、このころ亡くなったともいわれて

います。騰は実物もかなり強い武将だったようです。

 

スポンサードリンク

 

【実写版】キングダムの騰の配役が要潤はミスキャスト?

 

騰はかなり魅力ある人物だったわけですが、彼について実写版『キングダム』

では疑問の声も出ていました。

 

それは、どうして騰役にキャスティングされたのが要潤さんだったのか?

ということです。要潤さんといえば、言わずと知れたイケメンですし、

原作コミックでの騰が特異なキャラクターだけに、分からなくもありません。

 

しかしこれについては、王騎役に選ばれた大沢たかおさんもそうですが、

単純に実績のある人気俳優だったからではないでしょうか。

 

存在感は大きいとはいえ、主人公ならともかく脇役ですし、原作漫画の

キャラクターへの忠実さよりも俳優としての安定感が重視されたのでは

ないかと思います。

 

どう考えても戦国ものの武将役であれば、変わった俳優よりもイケメン俳優

のほうがスクリーン映えするでしょうしね^^

 

要潤さん演じる騰は、原作コミックのキャラクターとは異なるでしょうが、

必ず魅力ある存在になっていくと思います。

 

 

理想のキャストについて考察

とここまで書きましたが。

理想の俳優は、松山ケンイチさんです。あくまで見た目です^^

騰の個性的な表情と飄々とした感じがよく出ている用に感じました。

悪気はありませんので、何卒、ご理解ください。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

騰といい、王騎といい、映画『キングダム』は濃いキャラクターが多いようで、

楽しみですね。

 

山崎賢人さん演じる主人公の信もさることながら、脇役も見逃せなくなっている

ところが嬉しいです。

 

公開は、2019年4月19日(金)

 

実写映画『キングダム』で要潤さん演じる新たな騰を目撃できることに

期待したいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ