【映画】ラヨローナ泣く女の伝説の怪談とは何か?あらすじ内容と見どころについても

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』が、2019年5月10日(金)に公開されます。

タイトルからは悲しそうなイメージがしますが、ホラー映画です。

 

しかも大人気となっていたホラー映画シリーズの一作という話題作。

ホラー映画がお好きな方なら欠かせない作品となりそうで、気になるところ

満載です。

 

ということでそんな気になる映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』のあらすじや

内容、見どころ、また伝説の怪談とは?についてまとめてみました。

 

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』本予告【HD】2019年5月10日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラヨローナ泣く女のあらすじ内容

2019年の洋画のホラー作品としては、かなり注目度が高まっている

『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』。

 

いったい、どのようなあらすじなのかが気になりますよね?

 

かつてあることがキッカケとなって自殺した、ヨローナという不幸な女性が

いました。そんな彼女は霊となって、この世を彷徨い続けては、人間の子供を

さらい続けます。

 

それから時が過ぎ1970年代。舞台はアメリカのロサンゼルス。

アンナは、ソーシャルワーカーとして活動していましたが、パトリシアという

女性から助けを求められることに。

 

パトリシアいわく、自分の子供たちの「身が危ない」「危険が迫っている」

と言うのですが、アンナはこれを放置してしまいます。

 

そして最悪にもパトリシアの子供たちは死んでしまい、アンナはパトリシアから

糾弾されてしまうのでした。

 

またパトリシアは、アンナに「女の泣き声を聞くことになる」という不気味な

ことをいうのでした。すると本当にヨローナによって、アンナの子供たちが

狙われていくことに。

 

そんな中、登場したのがラファエル神父。

ヨローナに立ち向かっていくことになるラファエル神父でしたが。

 

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、神父が霊的な問題に挑むということもあり

どことなく、映画『エクソシスト』を彷彿とさせるものがあります。

 

そして話の筋がオーソドックスな感じがします。それだけにホラーファン

であれば、見逃せない作品かもしれません。

 

 

【映画】ラヨローナ泣く女の見どころ

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、ただのホラー映画ではありません。

なぜなら冒頭でもお話ししましたが、人気ホラー映画シリーズの一作だったから

です。そしてそれは映画『死霊館』シリーズでした。

 

『死霊館』を皮切りに『アナベル 死霊館の人形』『死霊館 エンフィールド事件』

『アナベル 死霊人形の誕生』『死霊館のシスター』『アナベル死霊博物館』と

公開されてきた、言わずと知れたシリーズです。

 

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、時系列的には『アナベル 死霊博物館』と

『死霊館 エンフィールド事件』の中間となっています。

 

キャストは、主演のアンナ役には、リンダ・カーデリーニさん、

パトリシア役はパトリシア・ヴェラスケスさん。

 

その他、マデリーン・マックグロウさん、ローマン・クリストウさん、

レイモンド・クルスさん、トニー・アメンドーラさんも出演します。

 

監督は、マイケル・チャベスさん。そして、プロデューサーは、『ソウ』

『死霊館』の監督として知られている、ジェームズ・ワンさんとなっています。

有名シリーズに属しキャストもスタッフも豪華な映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』

に注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラヨローナ泣く女の伝説の怪談とは?

さて、映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』といえば、欠かせない話題として、

とある伝説の怪談がありました。

 

あらすじでも見たとおりヨローナという女の霊によって子供たちが被害に

遭っていくという本作。

 

そのヨローナという女は、次のような伝説の怪談が元ネタになっていました。

ヨローナは人間だったころはマリアといい、メキシコで貧しく暮らしていました。

しかしある日、金持ちの男性と結婚することになりました。

 

ところが義理の父親には身分違いを理由に疎まれ、また子供が生まれると旦那も

実家に帰ってしまいます。やがてマリアは、旦那が別の女性と浮気していると知り

怒りのあまり、子供たちを川に投げ込んで殺してしまいました。

 

その後、冷静になったマリアは自らも入水自殺を遂げますが、魂は死ぬこと

さえ許されず永遠に霊のヨローナとなり子供たちを探し続けているのです。

 

この物語だけでも映画として十分成り立つような感じです。

それだけに舞台が1970年代のアメリカに変わったことによって、

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、より一層、興味深いものとなりますね。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

伝説の怪談を設定を変えてリニューアルさせていた本作品。

あの映画『死霊館』シリーズの一作とあって、否が応でも期待は高まります。

 

はたしてアンナや子供たちはどうなるのか?

ヨローナと神父の戦いの結末はどうなるか?

見どころ満載ですね^^

 

公開は、2019年5月10日(金)

怖そうですが、気になりますね^^;

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ