【映画】ラヨローナ泣く女の出演者キャスト一覧と役どころ!日本語吹き替え声優についても

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』が、2019年5月10日(金)

に公開されます。

 

本作は2019年のホラー映画でも、と特に注目すべき作品の1つとなっています。

ある怪談を元ネタにしたホラーとなっていたのですが、その内容はどうなって

いたのでしょうか?

 

ということでそんな映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』の出演者や役どころ、

日本語吹き替え声優について、まとめてみました。

 

映画『ラ・ヨローナ ~泣く女~』本予告【HD】2019年5月10日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラヨローナ泣く女の見どころ

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、大人気ホラー映画シリーズである

『死霊館』シリーズの最新作。第1作である映画『死霊館』が大ヒットしました。

 

その後『アナベル 死霊館の人形』『死霊館 エンフィールド事件』

『アナベル 死霊人形の誕生』『死霊館のシスター』『アナベル死霊博物館』と

相次いで作品が公開されてきました。

 

ホラー映画ファンのなかでも評判となったシリーズだけに、

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、どういった内容なのか気になりますね。

 

 

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、過去の映画『死霊館』シリーズに

引けを取らない出来栄えとなっていそうです。

 

監督が新人のマイケル・チャベス、プロデューサーが『ソウ』で有名で

『死霊館』を監督したジェームズ・ワンということで、期待は膨らみます。

 

そんな映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、メキシコのヨローナという、

子供を死なせてしまい、自身も自殺した女が、子供を追い求めていくという

有名な怪談が元ネタ。

 

怪談と新たに作られたストーリーが融合することによって、どのような物語と

なっていくのか、映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』に注目です!

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラヨローナ泣く女の出演者一覧と役どころと日本語吹き替え声優

アンナ(リンダ・カーデリーニ)

役名:アンナ

演者:リンダ・カーデリーニ

 

アメリカのロサンゼルスで働いているソーシャルワーカー。

パトリシアから相談を受けるものの、これへの対応のまずさからパトリシアも

自分自身も最悪の目に遭ってしまうことになります。

 

 

パトリシア(パトリシア・ヴェラスケス)

役名:パトリシア

演者:パトリシア・ヴェラスケス

 

パトリシアは、アンナに子供が危ないと訴えた女性。

しかしながらアンナの対応の結果、子供が死んでしまい彼女を恨んでいきます。

 

 

ペレス神父(トニー・アメンドーラ)

役名:ペレス神父

演者:トニー・アメンドーラ

 

 

エイプリル(マデリーン・マックグロウ)

役名:エイプリル

演者:マデリーン・マックグロウ

 

アンナの娘。

 

 

クリス(ローマン・クリストウ)

役名:クリス

演者:ローマン・クリストウ

 

アンナの息子。

 

不明(レイモンド・クルス)

役名:不明

演者:レイモンド・クルス

 

これらのキャストの役どころ、そしてヨローナ役やラファエル神父役の

キャストについては、今のところ詳細が不明です。

 

なお、それぞれのキャストの日本語吹き替え声優が誰なのかについても、

残念ながら、まだ情報がありませんでした。

 

はっきりしたことが分かり次第、追記します。

 

 

まとめ

映画『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』は、映画『死霊館』シリーズだということを

考慮しなくても、じゅうぶん恐ろしく満足できる作品となるでしょう。

 

アンナやパトリシアが同行動するのか?ヨローナはどう襲ってくるのか?

それぞれにかなりの見ごたえが期待できます。

 

公開は、2019年5月10日(金)

今から公開が楽しみです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ