ザ・ファブル第二章(映画)のキャストと原作キャラを画像で比較!井崎は誰が演じるのか?

 

映画『ザ・ファブル第二章』が、2021年に公開されます。

南勝久さんの同名漫画が原作。

 

前作では岡田准一さん、木村文乃さん、山本美月さん、佐藤浩市さん、佐藤二郎さん

など豪華俳優陣が迎えられ実写映画化され、想像を絶するアクションと笑いで話題に

なり多くのファンを掴みました。

 

そして今回シリーズ化が決定し、その続編ということで、気になるところ満載です。

 

とういうことで今回は、映画『ザ・ファブル第二章』のキャストや役どころ、また

それぞれを原作キャラと画像で比較しました。そして現在まだ発表がない、井崎に

ついてもまとめました。

 

 

映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』本予告(109秒)【2月5日(金)全国公開!】

 

スポンサードリンク

 

ザ・ファブル第二章(映画)のキャストと役どころ

組織

佐藤明(岡田准一)

 

 

役名 佐藤明(ファブル)
役どころ 子供の頃から、ボスの元で殺し屋としての訓練を受け、どんなターゲットでも6秒以内に殺せる技術を持つすご腕の殺し屋。裏社会ではその伝説的な強さから「寓話」という意味から『ファブル』と呼ばれている。
特徴 ある日公園で4年前にした裏の仕事を見られた少女ヒナコと偶然出会う。4年前の事件のせいでヒナコの足が悪くなったと責任を感じていることから関係が始まる。
演者 岡田准一 1980年11月18日、大阪府出身の39歳。
出演作品 『木更津キャッツアイ』シリーズ、『図書館戦争』シリーズ、『永遠の0』『海賊とよばれた男』『散り椿』『関ヶ原』『来る』など

 

見た目はそれほどですが、岡田さんでなければこれだけのアクションは、

出来ないのではないでしょうか。

 

 

佐藤洋子(木村文乃)

 

役名 佐藤洋子(ヨウコ)
役どころ 明のパートナーで妹として大阪で暮らしている。10歳の時に火災で両親を失くしボスに保護され、ファブル同様、ボスから指導を受ける。
特徴 1年前から明の運転手やサポートをしている。格闘の腕もかなりなもので、銃器の扱いも慣れているが、未だ人を殺した経験がなく、その筋のものと戦う際の大きなハンデとなっている。またかなりの酒豪で、様々な男を誘っては酔潰れさすことが楽しくて仕方がない様子。
演者 木村文乃 1987年10月19日、東京都出身の32歳
出演作品 『アダン』『極道めし』『上京物語』『追憶』『火花』『居眠り磐音』など

 

正直、超微妙です。あまりの違いにがっかりです。

 

 

ボス(佐藤浩市)

 

役名 ボス
役どころ 表向きは、埼玉県の某所で整体院を営んでいる。明と洋子を幼少期から預かり、殺し屋とそのパートナーとして育ててきた。
特徴 若い頃は、自身も殺し屋として行動していたが、現在は裏方に徹している。しかし幹部から新入りの殺し屋を紹介されても使えないと判断すると、簡単に始末してしまう。
演者 佐藤浩市 1960年12月10日、東京都出身の59歳。
出演作品 『青春の門』シリーズ、『南極物語』『魚影の群れ』『GONIN』シリーズ、『美味しんぼ』『新仁義なき戦い』『亡国のイージス』『最後の忠臣蔵』『アンフェア』『64-ロクヨン- 前編/後編』『空母いぶき』『町田くんの世界』『記憶にございません』『楽園』『Fukushima 50』など

 

見た目はともかく、その演技力で高評価か?

 

 

デザイン企画・有限会社オクトパス

田高田(佐藤二朗)

 

 

役名 田高田
役どころ オクトパス社長。面倒見がよく、温かい人物。明や洋子からも慕われている。
特徴 ミサキと明を付き合わせようと何かと企む。洋子との飲み比べから、かなりの酒豪。
演者 佐藤二朗 1969年5月7日、愛知県出身の51歳。
出演作品 『ごくせん THE MOVIE』『はやぶさ/HAYABUSA』『斉木楠雄のΨ難』『50回目のファーストキス』『銀魂』シリーズ、『宮本から君へ』『かぐや様は告らせたい』『ヲタクに恋は難しい』『今日から俺は!!劇場版』など。

 

笑わせたいなら、この人なくしては、って感じで、見た目もバッチリ。

 

 

清水岬(山本美月)

 

 

役名 清水岬(ミサキ)
役どころ オクトパスで働く明の先輩。年齢22歳。明たちが住んでいる家の近くのアパートで一人暮らし。グラドルやセクシービデオのモデルをしていたことがある。
特徴 父親の借金を払うため、オクトパス以外にもバイトを掛け持ちしている。借金返済後は、自分の店を持つことが夢。今作では、貝沼からストーカーを受け、最後には貝沼から殺されそうになるが、既のところで明に救われる。
演者 山本美月 1991年7月18日、福岡県出身の29歳。
出演作品 『桐島、部活やめるってよ』『黒執事』『貞子vs伽椰子』『友罪』『』など。

 

こちらも洋子同様、微妙ですね。

この後の展開で、明と・・・。

 

 

貝沼悦司(好井まさお)

 

 

 

役名 貝沼悦司
役どころ 年齢23歳。オクトパスで働いている。過保護に育てられ、自分に都合の悪いことは全て他人のせいにする陰湿な性格。
特徴 その性格からミサキにストーカーをするが、アキラに気づかれてしまい、アキラのことを恨んでる。今作では、ミサキへのストーカーがだんだんエスカレートしてきて、スタンガンを使うなど良からぬことを企む。その事が宇津帆たちにバレてしまい『ニワトリ作戦』のターゲットにされてしまう。
演者 好井まさお 1984年4月27日、大阪府出身の36歳。
出演作品 『赤い雪 Red Snow』『凜-りん-』など

 

今作では、残念なことになりますが、見た目もなかなかいい感じですね。

 

 

真黒組

海老原剛士(安田顕)

 

役名 海老原剛士
役どころ 真黒組若頭。前科5犯の武闘派。組長の浜田の死後、5代目組長に就任する。
特徴 組長以外で唯一、ファブルについて知る人物。今作では、愛車のハコスカが・・・。クロを殴る。
演者 安田顕 1973年12月8日、北海道出身の46歳。
出演作品 『劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇』『劇場版 SPEC〜結〜 爻ノ篇』『黒執事』『新宿スワン』『追憶』『銀魂』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』『影裏』など

 

こちらは当初から、あまりの違いにびっくりした一人です。

 

 

黒塩(井之脇海)

 

役名 黒塩(クロ)
役どころ 真黒組の組員。明のことを尊敬し、明のようになりたいと弟子入りを志願。
特徴 明のいうことなら何でも聞く。今作では、2年ぶりに太平市に戻ってきた井崎と会う。今回は明を車で迎えにいったり、ハコスカのことなど、諸々全て手配するなど、大活躍?だった。
演者 井之脇海 1995年11月24日、神奈川県出身の24歳。
出演作品 『告白』『学校の階段 呪いの言霊』『帝一の國』など

 

こちらもかなりの違いがありますね。イケメンすぎ。

 

 

太平興信所

宇津帆(堤真一)

 

役名 宇津帆(本名:川平浩一)
役どころ 太平興信所の経営者。
特徴 表向きは善人のふりをして、裏では人を脅し金を騙し取り、人殺しもなんとも思っていない悪党。何事も準備が大切だと、備えを怠らない性格。
演者 堤真一 1964年7月7日、兵庫県出身の56歳。
出演作品 『犬死せしもの』『着信アリ』『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ、『舞妓Haaaan!!!』『容疑者Xの献身』『SP THE MOTION PICTURE』シリーズ、『宇宙兄弟』『海街diary』『海賊とよばれた男』『銀魂2 掟は破るためにこそある』『泣くな赤鬼』『決算! 忠臣蔵』『一度死んでみた』など。

 

イケメン過ぎますが、その演技力でカバーか。

堤真一さんのこの画像では、 宇津帆のいやらしさみたいなものが見えて良いかも。

 

 

鈴木ヒロシ(安藤政信)

 

役名 鈴木ヒロシ
役どころ 宇津帆の相棒で殺し屋。ハッシュパピーを持つ。
特徴 今作では、フード、コード共に殺す。かなりの腕だが、洋子に6秒でやられる。最後はヒナコを助けるために明と協力する。
演者 安藤政信 1975年5月19日、神奈川県出身の45歳。
出演作品 『キッズ・リターン』『鉄道員(ほっほや)』『バトル・ロワイアル』『亡国のイージス』『さくらん』『GONINサーガ』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』『デイアンドナイト』など

 

こちらは、バッチリで納得です。

 

 

佐羽ヒナコ(平手友梨奈)

 

役名 佐羽ヒナコ
役どころ 宇津帆の部下で性処理が仕事。両親を殺した相手に復讐するため、宇津帆が危険な人間と分かっていながら付いている。
特徴 4年前のファブルの仕事で重症を負う。足を悪くしたようで車椅子状態になる。
演者 平手友梨奈 2001年6月25日、愛知県出身の19歳。
出演作品 響-HIBIKI

 

役柄が役柄なだけに、微妙ですが、どのように演じるのか?期待です。

 

 

井崎ツトム(黒瀬純)

 

役名 井崎ツトム
役どころ 元真黒組組員。黒塩の元兄弟分。宇津帆の部下になり、情報収集を担当する。
特徴 3年前のサメケン組との抗争が始まるやいなや関係ない喧嘩で別件逮捕される。抗争が終わると同時に保釈とあるが、都合が悪くなると逃げる癖がある。口が軽く、信用されない。今作では、貝沼の始末などに失敗する。最後はクロに逃走用の車の用意するよう頼むが、鈴木に始末される。
演者 黒瀬純(パンクブーブー)

 

誰が演じるのか?楽しみです。

 

 

 

ザ・ファブル第二章(映画)の井崎とは?

 

井崎は、先のキャスト一覧で紹介したとおり。

 

3年ぶりに戻ってきた太平市で宇津帆の部下になり、情報収集を担当し、

貝沼を追い込むために、情報収集や詐欺に下端する。

 

口が軽いと、鈴木からは信用はされていなかった。宇津帆も使えなければ、始末すれば

良いと考えていた。

 

要は、コマの一つにすぎない。使えない人物。

 

 

スポンサードリンク

 

ザ・ファブル第二章(映画)で井崎は誰が演じるのか?

さてこのような井崎ですが、映画『ザ・ファブル第二章』では、誰が演じる

のでしょうか?

 

現状、発表はありませんので、予想してみました。

あくまで個人的見解ですので、悪しからず。

 

 

シソンヌ・じろう

 

『今日から俺は‼』では、軟高の坂本先生役でした。

劇場版『今日から俺は‼』も公開されたことですし、スケジュール的にも大丈夫なの

かなと。

 

 

鈴木浩介

 

メガネと雰囲気がぴったりだと感じる。

また映画『仮面病棟』や「劇場版 奥様は、取り扱い注意』も公開されたことで

スケジュール的なことも考慮しました。

 

 

お笑いコンビ:パンクブーブーの黒瀬純に決定しました。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

前作同様、楽しみでしがない映画『ザ・ファブル第二章』。

 

今作では、佐羽ヒナコを平手友梨奈さんが演じるということで、この繊細な

役どころをどのように演じるのか?期待です。

 

公開は。2021年。

公開が待ち遠しいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ