【映画】ビールストリートの恋人たちの出演者俳優一覧!見どころやあらすじネタバレも

2019年2月22日(金)に公開予定となっている映画

『ビール・ストリートの恋人たち』

 

この映画は、ラブストーリーでなおかつ、社会的なテーマも含ませた意欲作と

なっています。一般的な娯楽作品とは違って、かなり見ごたえのある内容

のようです。

 

ということで気になるあらすじ、見どころ、ネタバレ、出演者、役どころなど

まとめてみました。

映画『ビール・ストリートの恋人たち』日本語字幕付き海外版予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】ビールストリートの恋人たちのあらすじ(ネタバレ)

映画『ビール・ストリートの恋人たち』のあらすじですが、詳細が分かっていないため、

原作である小説『ビール・ストリートに口あらば』のあらすじから追ってみます。

 

フォニーティッシュは、婚約中。

 

ティッシュのおなかには、実は、フォニーの子供の命が宿っていました。

しかし、フォニーにそのことはまだ話していません。そんななか、信じられないような

事件が起こってしまいます。

 

フォニーが逮捕されてしまったのです。

 

容疑はこともあろうにレイプというものでした。

しかしながら、フォニーは冤罪で、まったく身に覚えのないことでした。

 

フォニーに面会したティッシュは、彼の子供を妊娠しているという事実を話すことに。

 

このとんでもない事態を受け、なんとかフォニーを救い出そうと、彼の周囲の人々は

奔走していきます。弁護士からアドバイスされたティシュの母親は、

フォニーにレイプされたという女性に会うためにプエルトリコへ向かうことに。

 

しかし、結局、相手方を納得させることはできなかったのです・・・。

フォニーが逮捕されてしまったのは、女性のある偏見が原因でした。

 

女性がレイプ被害に遭ったのは本当でした。

しかし女性は容疑者にされたフォニーの顔を見たとき、

黒人だということを理由に犯人に違いないと錯覚してしまったのです。

 

 

【映画】ビールストリートの恋人たちの見どころ

これは、黒人差別問題をテーマとしたラブストーリーです。

ただ黒人だというだけで、勝手にレイプ犯にされてしまうフォニー

 

一方、そんなフォニーを救おうと尽力していく、ティシュと周囲の人々。

そして、なかなか自身の誤りを認めようとしない、レイプ被害者の女性。

 

結末がどうなるのかを期待するよりも、プロセスをじっくり味わうタイプの映画だと

言えるでしょう。

 

そんな映画『ビール・ストリートの恋人たち』の監督は、バリー・ジェンキンスさん。

なかなか芽が出ず、苦労が続いたものの2016年の映画『ムーンライト』が大ヒット。

アカデミー作品賞、全米映画批評家協会賞監督賞など、数々の受賞を達成し、

名声を手にしました。

 

続く映画『ビール・ストリートの恋人たち』は、2018年11月30日に

アメリカで公開されましたが、すでに評判は上々で受賞ラッシュが

想定されているといいます。

 

日本での公開においても、とても期待度は高まりますね^^

 

 

【映画】ビールストリートの恋人たちの出演者一覧と役どころ

これだけ大ヒットの予感が漂うだけに、映画『ビール・ストリートの恋人たち』

のキャストもどれだけ大スターなのか?気になりますよね^^

 

が、意外なことに・・・。

バリー・ジェンキンス監督は、あえてフォニー役とティッシュ役には

無名の役者を抜擢していたのです。

 

 

フォニー(ステファン・ジェームズ)

 

役名:フォニー

演者:ステファン・ジェームズ

生年月日:1993年12月16日 (24歳)

出身地:カナダ・トロント

 

ニューヨークのハーレムに暮らしている黒人男性。

黒人としての誇りを持って生きてきた男性でした。

しかし、そういったフォニーの態度を快く思わない人々も

ごく一部ではあるものの、存在していたのです。

 

 

ティッシュ(キキ・レイン)

役名:ティッシュ

演者:キキ・レイン

 

ニューヨークのハーレムに暮らしている黒人女性。

フォニーの婚約者で彼の子供を身ごもっています。

しかしフォニーがレイプの冤罪被害に遭って、翻ろうさせられることになります。

 

それぞれ、まだじゅうぶんな情報もありません。

しかし本作品によって注目を浴びることは間違いないので、

有名になるのは時間の問題です!

 

現時点では無名の2人ですが、どんな演技が堪能できるのか、

公開が待ち遠しいですね。

 

 

アーネスティン・リヴァーズ(テヨナ・パリス)

役名:アーネスティン・リヴァーズ

演者:セヨナ・パリス

生年月日:1987年9月22日 (31歳)

出身地:アメリカ・ワシントン州、リッチランド

 

 

シャロン・リヴァーズ(レジーナ・キング)

役名:シャロン・リヴァーズ

演者:レジーナ・キング

生年月日:1971年1月15日 (47歳)

出身地:アメリカ・ロサンゼルス

 

 

ジョセフ・リヴァーズ(コールマン・ドミンゴ)

役名:ジョセフ・リヴァーズ

演者:コールマン・ドミンゴ

生年月日:1969年11月28日 (49歳)

出身地:アメリカ・フィラデルフィア

 

 

ダニエル・カーティ(ブライアン・タイリー・ヘンリー)

役名:ダニエル・カーティ

演者:ブライアン・タイリー・ヘンリー

生年月日:1982年3月31日 (36歳)

出身地:アメリカ・ファイエットビル

 

 

レヴィ(デイヴ・フランコ)

役名:レヴィ

演者:デイヴ・フランコ

生年月日:1985年6月12日 (33歳)

出身地:アメリカ・パロアルト

 

 

ベル(エド・スクレイン)

役名:ベル

演者:エド・スクレイン

生年月日:1983年3月29日 (35歳)

出身地:イギリス・ロンドン

 

 

フランク・ハント(マイケル・ビーチ)

役名:フランク・ハント

演者:マイケル・ビーチ

生年月日:1963年10月30日 (55歳)

出身地:アメリカ・ロックスベリー

 

 

ヘイワード(フィン・ウィットロック)

役名:ヘイワード

演者:フィン・ウィットロック

生年月日:1984年10月28日 (34歳)

出身地:アメリカ・マサチューセッツ州

 

 

ミセス・ハント(アーンジャニュー・エリス)

役名:ミセス・ハント

演者:アーンジャニュー・エリス

生年月日:1969年2月21日 (49歳)

出身地:アメリカ・サンフランシスコ

 

 

ペドロシート(ディエゴ・ルナ)

役名:ペドロシート

演者:ディエゴ・ルナ

生年月日:1979年12月29日 (38歳)

出身地:メキシコ・トルーカ

 

 

ピエトロ・アルバレス(ペドロ・パスカル)

役名:ピエトロ・アルバレス

演者:ペドロ・パスカル

生年月日:1975年4月2日 (43歳)

出身地:アメリカ・サンティアゴ

 

 

ヴィクトリア・ロジャース(エミリー・リオス)

役名:ヴィクトリア・ロジャース

演者:エミリー・リオス

生年月日:1989年4月27日 (29歳)

出身地:アメリカ・ロサンゼルス

 

 

※現在のところ役どころ等、情報が少ない状況です。

分かり次第、追記します。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

映画『ビール・ストリートの恋人たち』は、人種差別が題材ということで

重い作品ともいえるでしょう。

 

しかし「シリアスな映画を味わいたい」という方にはうってつけです。

たとえ重い作品が苦手な方でも、主人公たちに共感を覚えることが出来るでしょう。

 

公開は、2019年2月22日(金)。

 

ハリウッドでもトップレベルの名作を、ぜひ、見届けたいですね^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ