ミッドナイトスワン(映画)のネタバレ!トランスジェンダーや都市伝説についても

 

映画『ミッドナイトスワン』が、2020年9月25日(金)に公開されます。

草彅剛さんがトランスジェンダー役を演じたことで話題です。

 

ということで今回はトランスジェンダーとは何?ニューハーフやその都市伝説、

また今作で出てくるホルボケとは、いったいどのような意味なのか?まとめました。

 

 

9月25日公開『ミッドナイトスワン』60秒予告   

 

スポンサードリンク

 

ミッドナイトスワン(映画)のあらすじ(ネタバレあり)

 

トランスジェンダーと虐待されてきた少女

トランスジェンダーの凪沙は、新宿のニューハーフショークラブのスイートピーで

働いていました。

 

そんな凪沙の親戚・桜田早織は、アルコールに溺れ、娘の桜田一果に辛くあたって

いました。それを心配した親戚で凪沙の母・和子は凪沙に一果を数ヶ月という期間

限定預かって欲しいと持ちかける。

 

元来、子供が嫌いだった凪沙だったが、養育費も用意するという言葉に釣られ、

渋々、要求を受けることにした。こうして凪沙と一果の同居生活が始まる。

 

転校初日、凪沙と一果は二人で学校に行った。凪沙は手続きなどするため、

仕方なく付いていく羽目に。しかし早々に用事を済ませさっさと帰っていまった。

 

一人残された一果は、早速授業を受けることに。そして休み時間に事件が起きる。

当然、目立つ凪沙を見た他の生徒たちは興味津津。

 

これに一人の生徒が「ねえ、ねえあれってお父さんなの、それともお母さん?」

この一言で他の生徒たちを煽る形になり、バカにされることに。

 

立ち上がると男子生徒より背の高い一果は、無言で立ち上がり、そして無表情で

自分が座っていた椅子を持ち上げると男子たちに向かって投げつけた。

 

それが一人の男子に直撃してしまう。

 

一果は担任から事情を聞かれるが、何も答えなかった。

学校側は、なんとか凪沙に連絡を取ろうとするが、一向につながらない。

 

仕方なく一果は手紙を持たされ開放される。それでも時間はもう放課後だった。

 

 

少女とバレエとの出会い

なんとなく真っすぐ帰ることが出来なかった一果は、宛もなくぶらぶらしていたが

前を横切る少女たちに目がいった。

 

その少女たちの髪型が長い髪をお団子にしていたことから気になったのだ。

なぜならそれはバレエの髪型だったから。

 

気がつくとその少女たちの会話や跡をつけていた。

やがて少女たちはバレエ教室の中へ、一果は、窓越しにそっと教室を覗き込んだ。

 

どことなく古びたその教室では、レッスンが始まっていて、じっと見ていると

先生の片平実花と目が合った。慌てて一果は逃げ出すが、呼び止められ、

バレエ教室のチラシを渡された。

 

帰宅した一果は、凪沙から学校から連絡があったこと、手紙のこと、学校から

呼び出されたことを聞かされる。

 

このことで凪沙は増々苛立ち、二度と自分を困らせないよう一果に言い放ち二人の

溝は深まるばかりだった。

 

その後一果は、体験レッスンを受けるため、再びバレエ教室に訪れる。

 

レッスンに通いたかったが月謝も払えないと分っていたし、それを凪沙に頼むこと

など考えもしなかった一果は、諦めることも出来ず、どうしたらバレエが出来るか

そのことばかりを考えていた。

 

 

りんと怪しいバイト

そんな時、学校でいきなり声をかけられる。

 

そこにはバレエ教室で一果にレオタードとバレエシューズをくれたりんだった。

りんは一果よりひとつ上で、バレエ教室でもダントツに上手く将来バレリーナを

目指している少女だった。

 

そして放課後りんの家に連れて行かれる。そこで月謝を払えないことで教室へは

行けないことをりんに話した。するとりんが良い方法があると後日一果を秋葉原

に連れて行った。

 

そこでバレエ教室のレッスンの費用を払うために、怪しいアルバイトをしてしまう

ことになる。こうしてなんとか凪沙にバレず、バレエを続けることが出来た一果

だった。

 

その怪しいバイトとは?

『愛らんど』という店で、一眼レフを持った男たちから『撮影会』と称し、水着姿や制服姿下着姿などで撮影されるというもの。一人につき40秒間、撮影出来るというシステム。

 

部屋の中は、五つほどの簡易的なブースに分かれていてそのには、ソファーやベットが

置かれていて、一つのブースに1名のモデルがいてポーズをとる。

アルバイト料は、りんが25,000円、一果が10,000円。

 

このバイトのおかげで一果は凪沙に知られることなく、バレエを続けることが出来た。

 

 

凪沙のところへ来て数ヶ月が過ぎ、バレエもめきめきと上達したそんなある日、

コンクールに出るためには費用も掛かるということで、以前より高額のバイト代を

稼げる怪しいバイトをすることに。

 

高額バイトとは?

『個撮』と言って、『愛らんど』で行われている個別撮影のこと。

 

個室スタジオで1対1の撮影を行う代わりに何倍もの撮影料がかかりその分、アルバイト代も高いというシステム

 

 

しかしここで事件が起きてしまい、一果は警察に保護され、凪沙は警察に呼び

出されてしまいます。そこでこれまでの経緯や一果が凪沙に黙ってバレエをして

していたことを知らされる。

 

またバレエ教室の片平実花とも対面し一果には、バレエの才能ががあること、

このまま続けることを薦めれれる。

 

しかしこのことがきっかけで二人の距離は縮まることになりますが、

りんとは疎遠になってしまう。

 

やがて凪沙は、一果の夢を叶えたい、この子を守りたい、母親になりたいと

考え始めるのだった・・・。

 

 

 

トランスジェンダーとは?

 

主人公の凪沙や瑞貴たちは、トランスジェンダーという設定ですが、そもそもこの

トランスジェンダーとは、どのようなものなのか?ニューハーフとは違うのか?

など、耳にもしたことがなく、意味も判らず気になります。

 

ゲイ、レズビアン、バイセクシャル、ホモ、オカマ、オネエなどはよく耳にしますが、

トランスジェンダーは、今回初めて耳にしました。

 

おそらく私のような方もいらっしゃると思い、映画を交え、今回このような記事に

してみました。

 

そして今回それらを調べていくうちに、Lesbian(レズビアン、女性同性愛者)、

Gay(ゲイ、男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシュアル、両性愛者)、Transgender

(トランスジェンダー、性別越境者)の頭文字をとってLGBTという単語があることも

知りました。

 

そして単にLGBTというひとくくりにできない、個々のセクシャリティがあること。

性には、身体の性、心の性、好きになる性があることを知りました。

 

 

因みに。

身体の性 性器、性腺、染色体などの身体的特徴で分けられる性のこと。
心の性(性自認)

性の対象が、男性なのか、女性なのか、それとも中性なのか、また性別は決めたくないという人。様々で要は、自分がどんな性だと思うかということ。

好きになる性

(性的指向)

異性を好きになる人、同性を好きになる人、どちらの性も好きになる人、性別で好きになる人を決めたくないという人、特定の誰かを好きにならないという人、など、様々で要は、どんな性の人を好きになるかということ。

 

今まで、ここまで深く性について考えたことがなかったというか、気にもしていな

かったというのが事実です。

 

ではトランスジェンダーとはどのようなことなのか?

身体の性と心の性が一致しない人のこと。

 

以前はその中でも外科手術を望まない人たちのことだったそうですが、現在では

外科手術云々は関係ないそうです。

 

 

凪沙は、生物学的な性別は男性であるものの、性同一性においては女性ですので、

身体の性と心の性が一致しないということでトランスジェンダーというわけです。

 

 

 

ニューハーフとは?

 

トランスジェンダーについては解りましたが、さてここで疑問が。

 

それではニューハーフって何?トランスジェンダーとどう違う?

よく聞く言葉であるものの、確認しておきましょう。

 

 

ニューハーフとは、

生物学的な性別は男性でニューハーフのお店で働いている人のこと。

 

一般的には、女装してる人の中でもきれいな人たちのことをニューハーフだと

思いがちですが、要は見た目に関係なくニューハーフのお店で働いている人達

のことをニューハーフと呼ぶそうです。

 

となると凪沙が働いているのは、ニューハーフショークラブのスイートピーです。

だったら凪沙はトランスジェンダーではなく、ニューハーフではないのか?

 

上記の説明からすると凪沙は、本当はニューハーフということになりますね。

 

 

 

ミッドナイトスワン(映画)の都市伝説とは?

 

映画『ミッドナイトスワン』には、都市伝説についても話されています。

 

そもそもニューハーフという言葉は、サザンオールスターズの桑田佳祐さんが付けた

造語らしいという都市伝説がありました。

 

男と女のハーフニューハーフだそうです。

 

真実かどうかは、はっきりしていません。あくまで都市伝説ということです。

なかなか興味深い話しでもしもこれが本当であれば、上手くつけたなって思いま

せんか。今では、しっかり世の中に定着していますね。

 

 

 

ミッドナイトスワン(映画)のホルボケとは?

 

最後に、映画『ミッドナイトスワン』には、ホルボケという言葉も出てきました。

これはいったいどういうことなのか、調べました。

 

ホルボケとは、本ルモン注射摂取後の副作用のこと。

 

凪沙は、ホルモン注射をうち始めて3年になりますが、未だにこの副作用に悩まされて

いました。

 

ホルボケは人によってその症状は違うみたいですが、凪沙の場合は集中力がなくなり、

普段、心にしまっている不安や怒りなどがまとめて襲ってくる感覚に陥るようです。

 

しかもその時に何か辛いことなどがあると、その副作用は一層きつくなるようで、

凪沙が元カレと再会し辛いことを話されるシーンで、酷く感情的になり、ふらふら

と歩くのもやっとで今にも吐きそうになり、倒れてしまった。

 

それほど身体に及ぼす影響が大きいことを知り、見た目の美しさや華やかさなど

上辺だけしか見ていなかったんだなと感慨深いものを感じた。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『ミッドナイトスワン』では、草彅剛さんがトランスジェンダー役を演じる

ということで話題沸騰中ですが、この繊細な役どころをどのように魅せてくれる

のか楽しみです。

 

公開は、2020年9月25日(金)

 

 

草彅剛の『台風家族』を無料で視聴するなら

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ