仮面病棟(映画)の結末をネタバレ!ピエロの正体やあらすじ内容見どころについても

 

映画『仮面病棟』が、2020年3月6日(金)に公開されます。

知念実希人さんの累計発行部数85万部超えのベストセラー小説『病棟』シリーズの

『仮面病棟』が映画化されます。元精神病院を舞台に次々と不可解な出来事が起こる

ミステリー作品。

 

ということで映画『仮面病棟』のあらすじ内容や見どころ、結末やピエロの正体を

原作小説からネタバレ、またキャストと役どころについてもまとめてみました。

 

 

映画『仮面病棟』本予告 2020年3月6日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

仮面病棟(映画)のあらすじ(内容)

 

外科医の速水秀悟は、先輩医師の小堺からいきなり夜勤を代わって欲しいと頼まれる

ところから物語は始まります。

 

当直先は田所病院。そこは元精神病院で大学病院のような急性期病院とは違い、療養

型病院で脳卒中や老衰など恒常的治療が必要な患者や身元不明患者も受け入れる病院

で治療費の大半が公費で賄われている。

 

そんな田所病院で仕方なく当直していたところ、不運が襲い掛かります。

ピエロの仮面を被った凶悪犯が病院の職員と患者たちを人質に立てこもります。

 

さらに犯人は、女子大生の川崎愛美を撃っており、自分が撃った彼女を治療するよう

速水に要求します。なんとか無事に治療を終えます。

 

※映画では、川崎愛美からに変更されいています。

なぜなら・・・「川崎13」    答えは映画を観て確認してください。

 

しかし逃げ出さないように1階に移動する内階段が閉鎖され、誰も病院から脱出できない

状態になりますが・・・。

 

 

 

 

仮面病棟(映画)の見どころ

 

冒頭でもご紹介したとおり、映画『仮面病棟』は、知念実希人さんの同名小説が原作。

原作者の知念実希人さんは、これまでに『天久鷹央の推理カルテ』などのミステリー

小説を発表しています。

 

そんな知念実希人さんの特色は、海堂尊さんと同じようにミステリー作家でありながら

医師でもあるという経歴。医療関係のミステリーについて分かりやすいと高評価され、

ファンも多く持っているとか。今回の映画化についても、リアリティーのある描写が

見どころの一つと言えるでしょう。

 

ピエロの仮面を被った犯人が病院に立てこもるという設定もさることながら、医師なら

ではの病院、医師、看護師の描写も見どころ。また映画『仮面病棟』は、後で改めて

ご紹介しますが、キャストも若手からベテランまでと超豪華で見どころ満載です。

 

 

 

仮面病棟(映画)のキャストと役どころ

速水秀悟(坂口健太郎)

役名:速水秀悟

演者:坂口健太郎

 

事件当時、当直をしていた外科医。

 

坂口健太郎さんは、1991年7月11日、東京都出身の28歳。

映画では『俺物語!!』『今夜、ロマンス劇場で』『劇場版 ファイナルファンタジーXIV

光のお父さん』などに出演しました。

 

 

川崎瞳(永野芽郁)

役名:川崎瞳

演者:永野芽郁

 

ピエロの仮面を被った凶悪犯に撃たれた女子大生。

 

永野芽郁さんは、1999年9月24日、東京都出身の20歳。

映画では『ひるなかの流星』『帝一の國』などに出演しました。

 

 

佐々木香(内田理央)

役名:佐々木香

演者:内田理央

 

看護師。

 

内田理央さんは、1991年9月27日、東京都出身の28歳。

映画では『血まみれスケバンチェーンソー』『劇場版おっさんずラブ〜LOVE or

DEAD〜』などに出演しました。

 

 

東野良子(江口のりこ)

役名:東野良子

演者:江口のりこ

 

看護師。

 

江口のりこさんは、1980年4月28日、兵庫県出身の39歳。

映画では『ソロモンの偽証』『愛がなんだ』などに出演しました。

 

 

小堺司(大谷亮平)

役名:小堺司

演者:大谷亮平

 

小堺司は、速水に当直を頼んだ先輩医師。泌尿器科医。

 

大谷亮平さんは、1980年10月1日、大阪府出身の39歳。

映画では『ゼニガタ』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』などに出演。

 

 

田所三郎(高嶋政伸)

役名:田所三郎

演者:髙嶋政伸

 

田所病院の院長。

髙嶋政伸さんは、1966年10月27日、東京都出身の53歳。

映画では『暗殺教室』『ラプラスの魔女』『響 -HIBIKI-』などに出演しました。

 

 

スポンサードリンク

 

仮面病棟(映画)の結末ネタバレ、ピエロの正体は?

 

ピエロの仮面を被った犯人に女子大生が撃たれ、病院が占拠され、そこで露わにされる

病院の内情や次々と不可解なことが起きる医療ミステリー『仮面病棟』。

 

その結末やピエロの正体は?について原作小説から少しだけネタバレします。

ご注意ください。

 

速水は警察に通報しようとするものの、なぜか院長の田所三郎は消極的。やがて看護師

の佐々木香が亡くなり、速水は通報しようと思いますが、病院では天涯孤独な患者から

臓器が取られていたという驚愕の事実を知ることに。

 

そんな病院を襲ったピエロの正体は、かつて病院で働いていた理学療法士の宮田勝仁

という男。宮田は、彼女を病院の臓器移植で失い、復讐に燃えていたのです。

 

速水が当直する夜、病院に入る際、すれ違った男、それが宮田勝仁でした。

 

しかし、宮田は瞳に操られていた駒にすぎませんでした。

瞳は、自身も臓器移植で病院から被害を受けていて、宮田を利用して病院に復讐して

から、口封じで彼を殺し、姿をくらましたのです。

 

 

 

まとめ

映画『仮面病棟』のあらすじ、原作小説のネタバレはいかがでしたか?

映画が原作小説と全く同じかどうかは分かりません。しかしもしも同じだったとする

ならば、どうしてこういうタイトルだったのかがよく分かりますね。

 

ただのサスペンスではなく、病院の医療倫理も含ませた社会派の作品でもあったわけ

ですが、関心がある方は、この原作小説もお読みになってはいかがかと思います。

 

公開は、2020年3月6日(金)

公開が楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ