雪の華(映画)の見どころと内容をネタバレ考察!感想と解釈の違いも

今や冬のラブソングの定番と言えば、

中島美嘉『雪の華』ではないでしょうか。

 

そのラブソング『冬の華』がリリース15周年を迎え

ラブストーリーとして映画化されます。

 

公開は、2019年2月1日(金)

 

監督は、『orange-オレンジ-』羊と鋼の森を指揮した

橋本光二郎

 

脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、『ひよっこ』など

数々の映画やドラマを創作した岡田惠和(おかだよしかず)

 

ということで気になる見どころや内容をまとめてみました。

 

映画『雪の華』特報【HD】2019年2月1日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

映画【雪の華】の内容

ガラス工芸家を目指すぶっきらぼうだが、まっすぐな青年の綿引悠輔

幼い頃から病弱で余命宣告を受けながらも憧れの地フィンランドに行きたいと

願っている少女平井美雪の物語です。

 

平井美雪は幼いころから重い病気にかかり、幸せになることを諦めがちでした。

 

余命を宣告された彼女でしたが、

フィンランドに行きたいという夢はどうしても諦められずにいました。

 

そんな折、追い打ちをかけるかのようにひったくりに遭い、

声も出ずその場でへたり込んでしまうのでした。

 

ここで初めて綿引悠輔平井美雪が出会う事になります。

 

そんな彼女の前に現れたガラス工芸家をめざす青年綿引悠輔は、

「声出してけよ!声!」とストレートに言います。

 

綿引悠輔の自分にぶつかってくれる真っすぐな思いに、

諦めがちで凍り切った彼女の心が徐々に開かれます。

 

少しづつ仲良くなるにつれて綿引悠輔の働く店が危機になっていると

知った美雪は驚くべき行動に出ます。

 

その内容は、

「100万円、私が払うから1か月間恋人になって」というのです。

声も出せずに綿引悠輔は驚きます。

 

偶然の出会いが、やがてかけがえのない出会いに変わり、

平井美雪に夢と希望を与え、綿引悠輔の人生をも

鮮やかに彩っていくラブストーリーです。

 

東京とフィンランドを舞台に一生に一度の運命の恋を描く最高のラヴストーリー。

感動すること間違いなしです!

 

 

映画【雪の華】の見どころ

見どころはやはり、余命宣告を受けながらも憧れの地フィンランドに行きたいと

願っている少女、平井美雪の願いが叶うのか?

 

そしてガラス工芸家をめざす綿引悠輔との二人の関係がどうなるか?

人生を諦めかけた少女と夢に向かってひたむきに生きる青年が出会い

二人の心の変化、お互いの生き方がどう変わっていくのか?

 

店の窮地を救ってくれた平井美雪への思いがどう変わってくるのかも

見どころのひとつと言えるでしょう。

 

楽曲『雪の華』と物語が絡み合いきっと心にしみるはずです。

 

ガラス工芸家を目指す青年を三代目J Soul Brothersの登坂広臣。

余命宣告をされ人生を諦めかけていた少女を中条あやみが演じます。

 

今人気者の二人がどう演じるのかも見どころですね^^

 

また出演者についてもこちらでまとめてみましたので

確認してみてくださいね^^

 

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

中島美嘉 『雪の華』

 

映画『雪の華』の見どころや内容など気になるところをまとめてみましたが

今や人気者の二人の共演で話題性も抜群ですね。

 

中島美嘉(雪の華)ファンの人のみならず、誰もが楽しめる作品です。

公開は、2019年2月1日(金)。

 

見どころも満載の作品、今から楽しみですね。

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ