太陽は動かない(映画)のキャスト出演者一覧と役どころ!青木優は登場するのか考察

 

映画『太陽は動かない』が、2020年5月15日(金)に公開されます。

 

これまで多数の小説が映画化されてきた吉田修一さんの同名小説が原作ということで

気になるところ満載です。世界を股にかけたスケールの大きさとスパイアクションが

重なり映像化は不可能と言われていた作品の映像化。

 

ということで注目度もMAXの映画『太陽は動かない』のキャストや役どころ、そして

原作小説に登場する青木優は登場するのか?また誰が演じるのかも考察しました。

 

 

映画『太陽は動かない』【予告1】2020年5月15日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

太陽は動かない(映画)のあらすじ(内容)

 

冷静沈着な鷹野一彦と相棒の田岡亮一は、A N通信でエージェントとして活動しています。

そんな2人は、心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとにAN通信に連絡しなければ、

爆発するようセットされていました。

 

そんな鷹野と田岡に次世代エネルギーに関する過去最大にして最悪のミッションが課せ

られます。また彼ら以外にもその機密情報をめぐり、世界各国のエージェントたちによる

壮絶な争奪戦が展開されます。

 

ところが鷹野と田岡は、爆弾が爆発するそのタイムリミットが迫る中、幾多の障害に

立ち向かっていくのでした。

 

 

 

太陽は動かない(映画)のキャスト一覧と役どころ

鷹野一彦(藤原竜也)

役名:鷹野一彦

演者:藤原竜也

 

鷹野一彦は、AN通信のエージェント。冷静沈着

 

藤原竜也さんは、1982年5月15日、埼玉県出身の37歳。

映画では『藁の楯』『億男』『Diner ダイナー』『間失格 太宰治と3人の女たち

カイジファイナルゲーム』などに出演しました。

 

 

田岡亮一(竹内涼真)

役名:田岡亮一

演者:竹内涼真

 

田岡亮一は、鷹野一彦の相棒。AN通信の諜報部員であり、鷹野の部下。

ハッカーのようにあらゆるシステムに侵入することができ、暗号なども解読すること

ができる。

 

竹内涼真さんは、1993年4月26日、東京都出身の26歳。

映画では『仮面ライダーシリーズ』『帝一の國』『センセイ君主』などに出演。

 

 

AYAKO(ハン・ヒョジュ)

役名:AYAKO

演者:ハン・ヒョジュ

 

AYAKOは、見とれてしまうほどの美女。

鷹野の敵であり、彼の行動を監視している。

 

ハン・ヒョジュさんは、1987年2月22日、韓国出身の32歳。

映画では『監視者たち』『ビューティー・インサイド』『ゴールデンスランバーなど

に出演しました。

 

 

デイビッド・キム(ピョン・ヨハン)

役名:デイビッド・キム

演者:ピョン・ヨハン

 

デイビッド・キムは、鷹野一彦の敵役のエージェント。

AYAKOと組んでいる諜報員であり、鷹野のライバル的存在。

 

ピョン・ヨハンさんは、1986年4月29日、韓国出身の33歳。

映画では『マドンナ』『ソーシャルフォビア』などに出演しました。

 

 

山下竜二(市原隼人)

役名:山下竜二

演者:市原隼人

 

山下竜二は、AN通信の同僚。

ブルガリアで監禁される。

 

市原隼人さんは、1987年2月6日、神奈川県出身の32歳。

映画では『リリイ・シュシュのすべて』『無限の住人』『空母いぶき』などに出演。

 

 

菊池詩織(南沙良)

役名:菊池詩織

演者:南沙良

 

菊池詩織は、鷹野の同級生。

 

南沙良さんは、2002年6月11日、神奈川県出身の17歳。

映画では『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『居眠り磐音』などに出演しました。

 

 

柳勇次(加藤清史郎)

役名:柳勇次

演者:加藤清史郎

 

柳勇次は、鷹野と同様にエージェントの訓練を受けた同級生。

 

加藤清史郎さんは、2001年8月4日、神奈川県出身の18歳。

映画では『座頭市 THE LAST』『忍たま乱太郎』『暗殺教室』などに出演しました。

 

 

ジミー・オハラ(横田栄司)

役名:ジミー・オハラ

演者:横田栄司

 

ジミー・オハラは、CNOX社員。アンディ・黄の配下。

 

 

横田栄司さんは、1971年10月11日、東京都出身の48歳。

映画では『シュアリー・サムデイ』『空母いぶき』などに出演しました。

 

 

アンディ・黄(翁華栄)

役名:アンディ・黄

演者:翁華栄

 

香港トラスト銀行頭取。本作のラスボス。

 

翁華栄さんは、1962年11月6日、宮崎県出身の57歳。

映画では『学校』『スロウテイル』『ヘヴンズ ストーリー』などに出演しました。

 

 

小田部奈々(八木アリサ)

役名:小田部奈々

演者:八木アリサ

 

小田部奈々は、小田部教授の一人娘。

 

八木アリサさんは、1995年7月31日、北海道出身の24歳。

映画では『好きっていいなよ。』『ゼニガタ』『午前0時、キスしに来てよ』などに出演。

 

 

小田部教授(勝野洋)

役名:小田部教授

演者:勝野洋

 

小田部教授は、エネルギー学者。

マイクロ波研究の第一人者。

 

勝野洋さんは、1949年7月27日、熊本県出身の70歳。

映画では『地震列島』『はるか、ノスタルジィ』『男たちの大和/YAMATO』などに出演。

 

 

河上麻子(宮崎美子)

役名:河上麻子

演者:宮崎美子

 

河上麻子は、河上満太郎の妻。

 

宮崎美子さんは、1958年12月11日、熊本県出身の61歳。

映画では『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『金メダル男』などに出演しました。

 

 

河上満太郎(鶴見辰吾)

役名:河上満太郎

演者:鶴見辰吾

 

河上満太郎は、大手電機メーカーMETの役員(取締役)。

 

鶴見辰吾さんは、1964年12月29日、東京都出身の55歳。

映画では『翔んだカップル』『日日是好日』『マスカレード・ホテル』『悪の華

などに出演しました。

 

 

風間武(佐藤浩市)

役名:風間武

演者:佐藤浩市

 

風間武は、鷹野と田岡の上司。鷹野の育ての親でもある。

AN通信の創始者。

 

佐藤浩市さんは、1960年12月10日、東京都出身の59歳。

映画では『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』『空母いぶき』『町田くんの世界

ザ・ファブル』『記憶にございません』『楽園』などに出演しました。

 

 

スポンサードリンク

 

太陽は動かない(映画)で青木優は登場するのか?誰が演じるのか?考察

映画『太陽は動かない』では、青木優は登場するのかと話題になっていました。

青木優は、AN通信上海支社の女性記者であくまで一般人ということですが、鷹野と接触

し、エージェントとして活動したいと懇願します。ところが・・・

 

残念ながら、2020年1月22日時点では、青木優の登場の有無は不明でした。

 

それでは、もし青木優が登場するなら、誰が演じるのでしょうか?

個人的に理想なのは、シム・ウンギョンさんでしょうか。

 

 

シム・ウンギョンさんは、1994年5月31日 、韓国出身の 25歳。

 

2019年、映画『新聞記者』で高く評価されました。

内容はタイトルのとおり、シム・ウンギョンさん扮する女性新聞記者が活躍し、

男性キャリア官僚と、政府の陰謀を暴くという内容の作品でした。

 

役どころ的に今作品も女性記者ということで、適役だと思います。

かなり安直過ぎることは否めません。また短期間で被らせるのは現実味が薄いかも

しれませんね。

 

『太陽は動かない』では、重要な役どころですので、必ず登場するはずなんですが

いったい誰がキャスティングされるのか?今しばらく発表を待ちましょう。

情報が入り次第、追記します。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『太陽は動かない』は、映像化が不可能だと言われてきましたが、満を持しての

映像化でどのように描かれているのか、その期待度はかなりなものです。

 

サスペンスあり、アクションありの超大作となる予感。

さて鷹野と田岡の運命はどうなるのか?スクリーンに釘付けです。

 

公開は、2020年5月15日(金)

公開が待ち遠しいです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ