羊と鋼の森のテーマソングは?挿入歌やピアノ作曲は誰?

第13回本屋大賞に輝いた宮下奈都の小説を映画化した『羊と鋼の森』。

ネタバレあらすじは?キャストは?公開日は?

などなど気になるところをまとめていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

『羊と鋼の森』ネタバレ!あらすじ

将来の夢を持っていなかった外村直樹は高校生の時、

ピアノ調律師である板鳥宗一郎に出会う。

 

板鳥が調律したピアノの音を聞いた外村は、

そこに自分が生まれた故郷にある森の匂いを感じる。

 

そこからピアノ調律の世界に魅せられていき、

どこまでも深く続く遠い森のようなその世界に足を踏み入れていく。

ひたむきに、時には迷いながらも、時には悩みながらも

1台でも多くのピアノと向き合い外村は人として調律師として大きく成長していく。

 

そしてピアニストの姉妹である和音と由仁に出会ったことで、

才能に悩んでいる外村の人生は大きく変わることになる。

 

映画の原作は2016年第13回本屋大賞を『火花』や『君の膵臓が食べたい』

など数多くある話題作を抑えて受賞した宮下奈都の『羊と鋼の森』だ。

 

ピアノ調律師の世界を繊細な文体でつづり、

日本中の読者の心をつかんだ小説の映画化だ。

 

映画だからこそできる、観る者の五感を刺激する美しい映像、

そして心を打つ美しい言葉、繊細で優しさに満ちた音、支え合う絆、

そして北海道で描かれる雄大な自然が盛り込まれた映画です。

 

若手実力派俳優の山﨑賢人、日本の映画界を支えるベテラン俳優の三浦友和、

さらに鈴木亮平、城田優ら豪華な俳優たちが脇を固める。

 

 

『羊と鋼の森』キャストは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画『羊と鋼の森』で主演を務めるのは若手実力派俳優と呼ばれる山﨑賢人さん。

彼がこの映画で演じているのは新米の調律師・外村直樹です。

 

主人公の外村は将来の夢を持っていなかったが、

高校でピアノ調律師に出会ったことで調律の世界に魅せられていき、

果てしなくどこまでも続く深くて遠い森のような世界に足を踏み入れていく。

 

やがて先輩調律師の柳伸二やピアノに関わる多くの人たちと関わっていく中で

成長していく。山﨑賢人は実に幅広い役を演じる俳優ですね。

 

2016年の映画『オオカミ少女と黒王子』では茶髪の腹黒ドS男子を演じている。

そして2013年の映画『ジンクス!!!』ではロマンティックセンスゼロの男子大学生を

演じている。さらに2016年の映画『四月は君の嘘』では天才ピアニストを

そして今回はピアノ調律の世界に足を踏み入れる青年の役を演じています。

 

『羊と鋼の森』では、時に迷いながら、そして時に悩みながらも、

ひたむきにピアノ調律に取り組み、成長していく青年の役を演じきった。

今後の活躍に期待したいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の主人公外村直樹が出会うピアノ調律師の板鳥宗一郎役を演じているのは

三浦友和さん。数多くの映画やドラマで活躍をしているベテラン俳優で

本作の出演依頼を受けた時に既に原作を読んでいたそうです。

 

板鳥はもっと繊細で華奢な人物をイメージしていたそうで、

自分にはほど遠い」と語っている。

「調律師の仕事も俳優の仕事も、上を見れば果てしない。好きであることが

才能の始まりであり、その限界のようなものと戦っていかなければならないと思う」と。

 

主人公外村が調律師の世界へ入るきっかけとなる人物が板鳥宗一郎です。

今や日本映画界を支える俳優と言われる三浦友和が

どのように演じているのか注目です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

羊と鋼の森 (文春文庫) [ 宮下 奈都 ]
価格:702円(税込、送料無料) (2018/6/8時点)

 

成長するためには、アウトプットと再確認が重要

第13回本屋大賞、第4回ブランチブックアワード大賞2015、

第13回キノベス!2016 第1位……伝説の三冠を達成!

日本中の読者の心を震わせた小説、いよいよ文庫化!

 

 

『羊と鋼の森』公開日はいつ?

映画『羊と鋼の森』の公開日は2018年6月8日です!

 

将来の夢を持っていなかった男子高校生の外村直樹が

ピアノ調律師である板鳥宗一郎と出会う。

 

板鳥がピアノを調律していくその音に、

外村は自分の生まれ故郷と同じ森の匂いを感じる。

 

ピアノ調律というどこまでも深く、どこまでも遠く続く森のような世界に

外村は足を踏み入れていく。

予告には森の映像があり、その中を歩く主人公の姿がある。

 

予告を見ただけで深くどこまでも続く森に見る者が吸い込まれていく感じがします。

森の映像から外村が迷いながらも、ひたむきにピアノ調律に取り組む姿を

感じることができる。

 

「どうすればもっと調律がうまくなるんですか?」と言う外村の言葉が

成長したい気持ちを感じさせる。

また、ピアニストの姉妹である和音と由仁の姿も印象的だ。

 

「どんなに練習しても、拍手をもらうのは由仁の方なんです」と和音が言う。

 

音楽に取り組む者だからこそ、自分の才能に思い悩むことを感じさせる。

自分よりも上手にピアノが弾ける人がいる。その人に比べて自分はどうなのか。

 

それは調律師としての才能に悩む外村の姿とも重なるようだ。

悩みながらも外村がそれをどのように乗り越えていくのかが楽しみである。

 

映画『羊と鋼の森』の公開日は2018年6月8日

 

ピアノ調律に向き合う青年のひたむきな姿が背中をそっと押してくれることに期待したい。

 

 

 

映画 羊と鋼の森 オリジナル・サウンドトラック SPECIAL
久石譲×辻井伸行/世武裕子/辻井伸行
 

音楽については、ピアノ調律師が主人公という内容にふさわしく、

日本を代表する作曲家、久石 譲がエンディング・テーマを作曲し、

ピアノ・ソロには辻井伸行を迎えるという超豪華な初共演が実現しました。

この2枚組のCDは、DISC1には映画の中で主役の一部を務めるピアノ作品を、

辻井伸行の演奏で収録、DISC2には久石 譲×辻井伸行によるエンディング・テーマ

「The Dream of the Lambs」はもちろん、

今、ドラマや映画の世界で高い注目を集める世武裕子による劇伴音楽

(サウンドトラック)を完全収録した超豪華なアルバムです。(メーカー資料より)

 

 

 

挿入歌やピアノ作曲者、演奏者は?

「羊と鋼の森」のエンディングテーマが、

作曲・編曲を久石譲、演奏をピアニストの辻井伸行氏が担当する

「The Dream of the Lambs」です。

 

久石譲&辻井伸行 映画「羊と鋼の森」EDテーマ

 

日本を代表する作曲家の久石譲は、作曲家、ピアニスト、指揮者と

多方面で活躍している。スタジオジブリ作品や北野武作品音楽を

担当したことで有名になり、国内外問わず多くの賞を受賞している。

 

そして今回、演奏を担当した辻井伸行も盲目ながら、

世界トップクラスのピアニストです。

アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで

日本人として初めて優勝しその後も数多くの賞を獲得している。

 

また作曲家として『神様のカルテ』『美の巨人たち』などの映画や

テレビ番組の音楽も担当し、コンサートも日本のみならず世界中で開催している。

 

 

こんな最強の二人がタッグを組んで今回の『羊と鋼の森』のエンディングテーマを

担当した。

 

心に沁みる素晴らしい曲ですね^^

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

原作は『君の膵臓が食べたい』や『火花』などの話題作を抑えて、

2016年第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都による小説『羊と鋼の森』です。

 

将来の夢を持っていなかった高校生の外村直樹がある日、

ピアノ調律師の板鳥宗一郎と出会う。

彼が調律したピアノの音に外村は自分の生まれ故郷の森と同じ匂いを感じた

ことで調律の世界に魅せられ、その深い世界へ足を踏み入れていく。

 

先輩調律師やピアノに関わる多くの人たちに支えられながら、

人として、そして調律師として大きく成長していく姿が描かれる。

 

時に悩みながら、時に迷いながらもひたむきにピアノに向き合う外村が

それらをどうのように乗り越えていくのかが見どころだ。

 

繊細で優しい音、心を打つ美しい言葉、支え合う絆、

そして北海道の雄大な自然が見事に融合して、観る者の心を優しく包み込み、

暖かい余韻を残す映画が『羊と鋼の森』です。

 

主人公の外村直樹を若手実力派俳優の山﨑賢人が演じ

ロマンティックセンスゼロの大学生、天才ピアニスト、茶髪で腹黒のドS男子を

演じてきた彼の新しい顔を見ることができる。

 

主人公の外村をピアノ調律の世界へ導くきっかけとなる板鳥宗一郎を

演じるのは今やベテラン俳優となった三浦友和だ。

 

他にも鈴木亮平、城田優といった俳優陣が脇を固めている。

ピアノ調律に取り組む青年の成長を描いた映画『羊と鋼の森』は

2018年6月8日の公開。優しさと温かい余韻に包まれるに違いない。

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ