【映画】マイ・インターンはつまらない?面白くない理由と評価や感想まとめ

 

映画『マイ・インターン』2019年10月5日フジテレビ系の土曜プレミアム

地上波初放送。女性経営者とインターンにやって来る男性との交流を描くコメディ

作品です。しかし一般的な男女のコメディとはある点で微妙に異なっているのが注目

すべきところ。

 

いったい、どのような内容なのか?またその一方で映画『マイ・インターン』は

面白くないとも言われているみたいなので、その理由、そして良い評価や感想、

悪い評価や感想もまとめてみました。

 

映画『マイ・インターン』予告編(120秒)【HD】2015年10月10日公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】マイ・インターンのあらすじ

 

ジュールズ・オースティンは、ニューヨークで活躍する女性実業家。

ファッション通販サイトを運営するというビジネスで大成功を収めていました。

 

ジュールズは、シニア・インターン制度という老人向けのインターン制度を導入し

その結果、ベン・ウィテカーという老人が採用されることに。しかし社内では、若手

が多かったため、どうしても存在が目立ってしまうベン。

 

しかしベンは、その人柄が良かったため、すぐに周囲と打ち解け合うことができ、

かえって人望を得ていくことになります。このようにベンが順風満帆だったのに対し

ジュールズは、ビジネスでもプライベートでも苦境に立たされてしまいます。

 

そんな中、ベンが何かと励ましてくれることにより、やがてジュールズはたくましく

対応していけるようになるのでした。

 

 

【映画】マイ・インターンが面白くない・つまらない理由

 

女性経営者が老人と交流していくという、異色のコメディ映画『マイ・インターン』。

なかなかユニークな話だと言えるのではないでしょうか。

 

なおキャスティングも豪華で、ベン・ウィテカー役がロバート・デ・ニーロ、

ジュールズ・オースティン役がアン・ハサウェイです。

 

ところが映画『マイ・インターン』への評価には様々なものがあり、なかには面白く

ないというものも。さて面白くないと言われている理由とは、何だったのでしょうか?

 

しかしその多くは、予定調和すぎるということでした。ストーリーでは、ポジティブな

ことしか起こらない、登場人物もポジティブな人ばかりだというのです。ストーリーや

人物造形に起伏が足りないということのようです。

 

本作はコメディですから、ある程度、先が分かっている感じなのは仕方がないと思い

ますけど。あまり先が見えすぎても面白くないということでしょうか。いずれにせよ

複雑なストーリーが好きだという方にとっては、少し不向きなタイプの映画なのかも

しれません。

 

スポンサードリンク

 

【映画】マイ・インターン良い評価や感想

映画『マイ・インターン』への評価や感想はどうなっていたのでしょうか。

まずは、良い評価や感想を見ていきます。因みに評価や感想のほとんどが好意的なもの

となっていました。

 

 

つまらないという人もいたポジティブな展開が、逆に評価されていました。

人によって、解釈もさまざまなものですよね。

 

 

やや予定調和なのが気になりつつ、結果的に評価できたという意見です。

終わり良ければすべて良しという感じでしょうか。

 

 

こちらは、他意のない全面的な評価のようですね。映画『マイ・インターン』の場合は、

一番最後のタイプの評価がとても多いです。これからご覧になるという方にとっては

楽しみではないでしょうか。

 

 

【映画】マイ・インターン悪い評価や感想

それでは映画『マイ・インターン』に対する悪い評価や感想もご覧ください。

どちらかといえば、こっちの方が気になりますが、はたして^^

 

 

この映画は決して悪くありません。現代映画のスタンダードをほぼクリアしたオシャレな映画です。…が、毒にも薬にもならない、ストーリー展開や俳優的にも決して駄作にはならない…本当に個人的ですが逆に0点の映画です。明日には忘れてるかも笑。

引用元:Filmarks映画 

あまりにも模範的すぎて、逆に足りないものがあったということでしょうか。

やはり、こういうタイプの視聴者には不向きなのかもしれませんね。

 

 

夢中になって楽しく観ていたのに、観終わった後に嘘くささ?を感じてちょっと虚しくなった。

引用元:Filmarks映画 

こちらも、展開がポジティブすぎるため、逆に違和感を覚えたというものですね。

映画は観賞する前に、あらすじで相性を確認しておいた方がよさそうです。

 

 

ほんっとにつまらなかった。ロバートデニーロがうざすぎて俳優として嫌いになりそうな退屈さ。

引用元:Filmarks映画 

こちらはきわめて例外的な評価です。ロバート・デニーロは、もちろんマーティン

・スコセッシ監督作品でのような演技ばかりする俳優ではありません。

 

当然なことではありますが、いろんな見方があるようです。全体的にそのほとんどが

ハッピーエンドタイプは受け付けないという視聴者が拒否反応を示す傾向になっていま

した。こういうタイプの映画が苦手な方は、注意が必要かも。

 

 

マイ・インターンを実質無料で視聴するなら

 

 

まとめ

以上、映画『マイ・インターン』についてチェックしてきましたが、いかがだったで

しょうか?この作品は傑作という評価が多いものの『水戸黄門』タイプが好きな視聴者

にオススメと言えそうです^^

 

映画にもいろんなジャンルがありますので、あらかじめ、自分に向いているかどうか

確認して置くべきでしょう。

 

それでは、2019年10月5日『土曜プレミアム』をお楽しみに。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ