今夜世界からこの恋が消えても(映画)のあらすじや結末ネタバレ!道枝駿佑(神谷透)の最後も

 

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』が、2022年7月29日(金)

公開されます。

 

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』などで知られる三木孝浩監督作品。

映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』などのなにわ男子・道枝駿佑と

映画『君が落とした青空』などの福本莉子のダブル主演。

 

この記事では、映画『今夜、世界からこの恋が消えても』のあらすじや

結末ネタバレ、また道枝駿佑演じる神谷透の最後についてもまとめました。

 

 

画像

『今夜、世界からこの恋が消えても』予告①【7/29公開】

 

スポンサードリンク

 

今夜世界からこの恋が消えても(映画)のあらすじ

 

高校生の神谷透は家族の中で太陽のような存在であった母親を亡くした。

それ以来、バラバラになってしまった家族のことを気に掛けながらも無気力に

生きている。

 

そんなある日、透はクラスメイトのいじめを止めるために自分が標的になり人気者

の日野真織に嘘の告白をする。

 

それはクラスメイトに流されるままに仕掛けた嘘の告白であったが、放課後まで

話をしない。連絡のやりとりはシンプルにする。お互いに絶対に好きにならない

ことを条件に透の告白を受け入れた。

 

しかし真織は、前向性健忘症という病気を患っていた。

 

高校1年生の時に真織は交通事故に遭ったことが原因で、眠りに就くと記憶を

失ってしまう。

 

彼女は毎日の日記や部屋中に貼ったメモを頼りに毎日を過ごしていた。

 

そんな真織のために透は彼女の日記が楽しい出来事で溢れていくように1日限り

の恋を積み重ねていくが、透には真織にまだ伝えていないことがあった。

 

 

 

今夜世界からこの恋が消えても(映画)の結末ネタバレ

 

透には姉の神谷早苗がいて、西川景子という名前で作家活動をしていて、作家

活動に励むために家を出た。

 

透が高校1年生の夏に文学界新人賞に選ばれ、1年半経った時には別の作品で

芥河賞候補となった。

 

8月になり神谷早苗は、ノミネートされていた芥河賞の発表の日を迎えます。

 

透は真織と彼女の親友の泉と図書館で待ち合わせる。真織が芥河賞を受賞するか

どうかわかるには時間がかかるので透、真織、泉の3人は真織の実家に行くことに。

 

真織の部屋に忍び込むように言われた透は改めて真織が直面する前向性健忘症

のことを思い知らされる。

 

一方、透の姉である早苗は見事、芥河賞を受賞した。そして芥河賞受賞から10日

経った時、早苗は実家を訪れた。父親と透の3人が揃い、今までのわだかまりが

吹き飛んだようだ。

 

8月が終わりに近付いた頃、透は真織と隣町の花火大会に行く。笑って話して、

楽しい時間を過ごすのだが、真織は明日になればその時の感情も記憶も失って

しまうことに不安を覚えた。

 

どんな記憶も残っていると信じている、と透は真織に言う。そして真織は透に

どこにも行かないでと言って、透は真織のすぐそばにいることを約束した。

 

やがて高校3年生となり、卒業後の進路に向けて準備を始めた春休み。

透は泉に、自分は心臓が良くないかもしれない、と告げる。

 

そしてもしも自分が死んだら、真織の日記の中から消し去って欲しいと言う。

その日の夜、透は突然亡くなってしまう。

 

日記やメモがないので何もわからない真織は混乱する。透と過ごした日々を

綴った日記帳から透の名前は消され泉の名前に置き換えられた。

 

そして新しい記憶を紡ぐようになった真織は予備校に通い出す。

 

徐々に記憶障害は快方に向かっているようで、クロッキー帳に書かれた

透の絵を見て、泉に尋ねる。彼は誰なのか、と。

 

真織の恋人だった人で、もう亡くなっている、と泉は真織に伝える。放心状態と

なってしまった真織のもとに泉は真織がつけていた日記と手帳を持参する。

月日が流れ、真織は24歳になった。

 

その後も記憶障害は快方に向かうが、透との日々の記憶は戻らない。

だが、自分で大切なものを思い出そうと努力している。

 

真織はクロッキー帳に透を描き続ける。それは真織が思い出すままに描かれた

優しい笑顔で真織を見守る笑顔のままの透だ。

 

スポンサードリンク

 

 

今夜世界からこの恋が消えても(映画)道枝駿佑(神谷透)の最後

 

実は心臓が良くないかもしれない、と透は真織の友人の綿矢泉に告げる。

 

そして自分が亡くなった時には、真織の日記から自分のことを消し去るように

伝えた。自分が真織の日記に登場しなければ、彼女の中に自分がいなかった

ことになるからと。遺言とも思える透の言葉を泉は黙って聞いた。

 

泉に遺言のような言葉を伝えた夜、神谷透は亡くなってしまう。

 

泉は透の姉の早苗の協力を得て、透の写真が入ったスマートフォンを取り替え、

透との日々を綴った日記からは早苗の手によって透を泉に書き換えた。

 

しかし新しい記憶を紡ぐようになった真織はどこから持ち出してきたクロッキー帳

に描かれた透の絵を泉に見せる。

 

そして透は真織の恋人であり、既に亡くなっていることを告げる。

 

月日が流れ、真織は順調に記憶障害から回復していく。クロッキー帳に描かれる

透は優しい笑顔のままでいるのだった。

 

 

 

まとめ

とても切ない内容で号泣必至。

映画化ではどのように描かれているのか楽しみ。

 

また実績多数の三木孝浩監督作品であり、ジャニーズの人気グループなにわ男子

の道枝駿佑、福本莉子のダブル主演ということもあり、その演技に期待。

 

公開は、2022年7月29日(金)

公開が待ち遠しい。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ