【映画】いなくなれ群青の見どころやあらすじ内容まとめ!ネタバレ結末についても

映画『いなくなれ群青』が、2019年9月6日(金)に公開されます。

原作小説は、青春ミステリーと銘打った作品で大変な話題作となりました。

そういった経緯もあり、いったいどんな内容なのか?気になります。

 

ということで今回は、【映画】いなくなれ群青の見どころやあらすじ、結末について

まとめてみました。

 

映画「いなくなれ、群青」予告編90秒

 

スポンサードリンク

 

【映画】いなくなれ群青のあらすじ(内容)

映画『いなくなれ群青』は、あまりにも不思議なタイトルの作品なので

いったいどのようなストーリーなのか気になります。

 

ミステリーといえば殆どの場合、謎解きがメインになりますよね。ところがこの作品は

そうではありませんでした。青春的な要素もあったのですが、独特な世界観を持って

いました。

 

物語の舞台となっていくのは、階段島という人口2000人の謎の島。

階段島からは、誰も脱出することができません。そもそも階段島にいる人たちは、

どのようにしてやってきたのか?全員がその時の記憶を失くしていて分からない状況。

ただ1つ分かっていることは階段島にやってきた人たちは、みんな捨てられてしまった

ということでした。

 

そして主人公である七草も、そんな階段島の一員だったのです。

しかしそれでも七草は、階段島が嫌いではありませんでした。通う学校もあり暮らして

いく上で、とくに問題はなかったからです。

 

ところがそんな七草はある日、ある人物と再会することになります。

真辺由宇という少女。この出会いから物語は進んでいきます。

 

やがて七草と真辺は、この階段島からの脱出をもくろみます。

映画『いなくなれ群青』は、本当に特定のジャンルに当てはめることが難しいような

不思議なストーリーになっています。

 

七草をはじめとする階段島の人々はどうして階段島へとやってきたのでしょうか?

そして捨てられたというのは、いったいどういうことなのか?

とても興味深いですね。

 

 

【映画】いなくなれ群青の見どころ

映画『いなくなれ群青』は、河野裕さんの同名小説が原作です。

河野裕さんのデビュー作は『サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION

SUNDAY』こちらも『いなくなれ群青』同様、映画化されています。

 

なお『いなくなれ群青』は『その白さえ嘘だとしても』『汚れた赤を恋と呼ぶんだ』

『凶器は壊れた黒の叫び』『夜空の呪いに色はない』『きみの世界に、青が鳴る』と

シリーズが続いています。

 

さてそんな映画『いなくなれ群青』のキャストですが、七草役を演じるのは横浜流星さん

真辺由宇役を演じるのは飯豊まりえさんです。

 

どうやら、映画『いなくなれ群青』は、とても不思議な物語であるうえに、

原作者も魅力的、さらにキャストも、旬な面々で見どころ満載ですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】いなくなれ群青の結末について(ネタバレ)

とても斬新な作風の映画『いなくなれ群青』。

映画の結末はまだはっきりしていませんが、原作小説の結末をご紹介します。

 

階段島というのは、その人が捨てた部分が生きているという世界でした。

どういうことかと言うと、その人自身のいらない部分、嫌いな部分を捨て、

その部分が階段島に送られるとうことです。

 

七草は真辺由宇に1人で階段島から出るように言います。

現実の七草と真辺由宇は、3ヶ月前に再会していたと想像した七草。

 

そして再会によって、七草は悲観的な自分を捨て、逆に真辺由宇は理想的な自分を

捨ててしまったのだと考えていきます。しかしそうだとしたら、不本意な結果に

なってしまうことになるので、七草は悔やみます。

 

やがて七草の前に現実の七草が現れ、七草は現実の七草に向かって、真辺由宇を

傷つけたと怒っていきます。現実の七草から笑われてしまう七草。

 

一方で七草は、真辺由宇は自ら捨ててしまった理想的な自分に戻れると願って

いました。その後、七草は真辺由宇と会うことになります。

 

七草は、自分が今までずっと真辺由宇のことを想っていたのだと気づきました。

真辺由宇は、現実での2人がうまくやっていけると信じていて、それを明らかにすると

七草に語り掛けます。

 

それから真辺由宇が差し出した手を七草は握るのでした。

何とも難解な世界観のストーリーのようです。少し分かりづらい。

 

小説版の最後はこのようになっていましたが、映画版でも同じなのか?

違うものになるのか?注目ですね。

 

映画を観てみないと分からないのかも。

横浜流星さんと飯豊まりえさんの演技がどうようなものなのか必見です!

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

2019年の邦画のミステリー作品の中でも、映画『いなくなれ群青』は作品も

そうですが、今人気沸騰中の横浜流星さんが出演するということもあって

かなりの注目度です。

 

ミステリーファンでなかったとしても、青春、恋愛といった要素もあって、

見どころは多いので見どころ満載です。

 

ちなみに原作小説もとても評価が高くなっていますのでそちらも必見です。

 

公開は、2019年9月6日(金)

公開が楽しみです!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ