【映画】いなくなれ群青は意味不明?つまらない理由と感想や評価についても

 

映画『いなくなれ群青』2019年9月6日(金)に公開されます。

河野裕さんの人気小説が原作ということで、興行的にどうなっていくのか?非常に期待

されますね。さてタイトルが独特な感じの映画『いなくなれ群青』ですが、どのような

ストーリーなのでしょうか。

 

この記事では、原作小説へのつまらない、設定や世界感が難しすぎという意見、感想、

評価をまとめてみました。

 

映画「いなくなれ、群青」予告編90秒

 

スポンサードリンク

 

【映画】いなくなれ群青の簡単なあらすじ

 

主人公である七草は、階段島という謎の島に突如としてやって来ることとなりました。

実は階段島というのは、捨てられてしまった人たちのための場所だったのです。

 

そして他の島民たちは、なぜ自分が階段島にいるのかということが、全く分かっていま

せんでした。そんな階段島から脱出するためには、自分が過去に失ったものを再び発見

しなければなりませんでした。

 

しかし七草は、階段島で暮らしていくことについて不満を抱いていたわけでもありませ

んでした。普通に生活していくうえで階段島には、とくに不自由もなかったからです。

 

ところがそんな中、七草は階段島で真辺由宇と再会をはたします。

そしてこのことによって、七草の日常は変わっていくことになるのでした。

 

七草とは違い真辺由宇は、階段島から脱出しようとして、たくさんある謎に挑んでいこう

とするのでしたが様々な事件が起こり始めて・・・。

 

 

【映画】いなくなれ群青はつまらない理由は?

 

映画『いなくなれ群青』はジャンルとしてはミステリーとなりますが、青春ものの要素

もあり読者には熱心なファンも少なくありません。しかし一方では、原作小説に対して

つまらないという声もありました。

 

いったい、その理由は何だったのでしょうか?

 

『いなくなれ群青』は、あらすじを見てもお分かりのように少々趣が異なります。

ふつうミステリーといえば、なぞ解きや犯人探しといったものが主眼になっていくもの

でしょう。これは本格であっても社会派であっても、根本的には変わりません。

 

しかしながら『いなくなれ群青』の場合は、登場人物の喪失や心理を描くことがメインに

なっています。なぞ解きも少なからずあるものの、やはり一般的なミステリーとは一線を

画しているといっていいでしょう。

 

つまり『いなくなれ群青』は、ミステリーの皮を被っているものの、本質的には純文学

とも言えそうです。こういう作品を好む読者もいますが、普通のミステリーだと思って

読んでみた人の中には、想像と違ったということで違和感を覚える人もいるでしょう。

 

内容そのものは決してつまらなくありませんので、もし、そう思われるのであれば、

単純に作品と読者の方向性が合わなかったということなのかもしれません。

 

 

【映画】いなくなれ群青の設定や世界感が難しすぎ!意味不明?

一部でつまらないとも言われていた『いなくなれ群青』には、設定や世界感が難しすぎて

意味不明ではないかという声もあるようです。

 

すでにご説明したとおり『いなくなれ群青』は、外見はミステリーであるものの、

構造自体は文学的。

 

七草が階段島にいきなりやって来ること、階段島が捨てられた人の場所だったこと、

階段島から脱出するには、失ったものを見つけなければいけないこと。

確かにこれらの設定はかなり難解だといえます。

 

しかし『いなくなれ群青』には村上春樹さんの影響も指摘されており、そう考えれば、

喪失と再生を描く村上春樹作品に接するのと同じように読めば、難解さは同じでも、

見方が変わってくるのではないでしょうか。

 

エンターテインメントとしてではなく、文学作品として読むということです。

このような作品を書く作家は、日本にも海外にも多数いますので、読者のほうも歩み寄り

が必要なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】いなくなれ群青の感想や評価

では『いなくなれ群青』への感想や評価を、肯定派、否定派、それぞれ見ていきましょう。

肯定的なものには、物語から学んだとか、作中の台詞が印象的だったというものなどが

ありました。

 

逆に否定的なものには、もう少し核心部分の描写が欲しかったとか、消化不良だという

ものなども。

 

こうして見ていくと、やはり文学として読むと好感、エンターテインメントとして読む

と残念感が出てくるのでしょうか。

 

『いなくなれ群青』は、本当に興味深い作品ですよね。

はたして、あなたはどのように感じるのでしょうか^^

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

『いなくなれ群青』は、一部では熱狂的なファンもいる作品です。それだけにアンチも

根強くいたことは意外でしたね。とはいえ誰からも支持される作品よりは、賛否が分か

れる方が盛り上がっていいのかもしれません。

 

映画では、あらすじもそうですが、横浜流星さんや飯豊まりえさんなど人気キャストの

演技にも注目です。

 

公開は、2019年9月6日(金)

人気小説の映画化です。見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ