【映画】ロケットマンの見どころやあらすじ内容まとめ!ネタバレ結末についても

映画『ロケットマン』2019年8月23日(金)に公開されます。

あの超ヒット作に続く^^と早くも期待は高まっているということで要チェックです。

 

しかし『ロケットマン』とは、どのようなストーリーなのか気になります。

ということで映画『ロケットマン』のあらすじや見どころ、また結末についても

まとめてみました。

 

『ロケットマン』予告映像

 

スポンサードリンク

 

【映画】ロケットマンのあらすじ(内容)

【映画】ロケットマンでは、世界的なスターであるエルトン・ジョンの半生を描く

という内容です。ちなみにタイトルは、エルトン・ジョンさんの楽曲から取って

います。

 

エルトン・ジョンは、幼少期からピアノを弾いていて、周囲からもその才能が注目

されていきます。そしてイギリスの王立音楽アカデミーへの入学をはたし、

ますます音楽への才能を発揮していくのでした。

 

ところがミュージシャンとして活動していくなか、エルトン・ジョンの仕事上の悩みは

絶えません。もっと観客から脚光を浴びたいと思ったエルトン・ジョンは、音楽の

パートナーであるバーニー・トーピンと力を合わせ派手な演出を取り入れることに。

 

もともと、音楽面での才能は凄かったため、エルトン・ジョンはこの演出がウケた

ことによって、一躍人気ミュージシャンとなっていくのでした。

 

このあらすじを見るだけでは、エルトン・ジョンの半生は、おおむね順調なものだと

言えるでしょう。しかしながら、エルトン・ジョンには、ここから大変な苦難の道が

待ち受けていたのでした・・・。

 

 

【映画】ロケットマンの見どころ

エルトン・ジョンさんの半生を描くということで、その注目度は大きなものになる

こと間違いなしの映画『ロケットマン』。

 

さて、2018年に大ヒットした映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、クイーンの

フレディ・マーキュリーの人生が描かれ、好評を博しました。

 

あのエルトン・ジョンの半生を描くわけですからファンのみならず

その期待度&注目度もマックスでもちろん見逃せない作品の一つと言えるでしょう。

 

さて、そんな映画『ロケットマン』の監督は、『ボヘミアン・ラプソディ』と同じ

デクスター・フレッチャーです。彼は、これまでに『ワイルド・ビル』『サンシャイン

/歌声が響く街』『イーグル・ジャンプ』などといった映画の監督を務めました。

 

さらに俳優としても『エレファント・マン』『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの

飛行船』『ワイルド・ビル』などに出演しています。

 

キャストは、主人公のエルトン・ジョン役を演じるのがタロン・エガートン。

1989年11月10日生まれの29歳。これまで映画では『戦場からのラブレター』

『キングスマン』『ロビン・フッド』など。

 

ドラマでは『オックスフォードミステリールイス警部』などに出演してきました。

その他のキャストは、バーニー・トーピン役がジェイミー・ベル、シーラ・アイリーン役

がブライス・ダラス・ハワード、ジョン・リード役がリチャード・マッデンなど。

 

あらすじの興味深さに、このスタッフとキャストとあって、ますます見逃せなく

なりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】ロケットマンの結末について(ネタバレ)

それでは、映画『ロケットマン』のネタバレも見ていきたいと思います。

知りたくないという方はご注意下さい。

 

イギリスのミュージックシーンにおいて不可欠な存在となったエルトン・ジョン。

ところがスターになったにもかかわらず、エルトン・ジョンを待ち受けていたのは、

うつ病とアルコール依存症だったのです。そして仲間たちと不健康な生活に陥って

しまいます。

 

どれだけ成功を収めてもエルトン・ジョンは真の幸福を掴むことができず、

苦悩は深まっていくばかり。しかしそれでも、観客の前ではちゃんとした姿を

見せなければいけません。

 

そんなエルトン・ジョンには、さらに悩みのタネがありました。

それは同性愛者だったということ。

 

このことは好奇の目で見られ、エルトン・ジョンは、ますます葛藤していくのでした。

エルトン・ジョンの人生は、あまりにも波乱に満ちたものだったようです。

 

映画『ロケットマン』では、それがどう描かれていくのか、気になるところです。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『ロケットマン』は『ボヘミアン・ラプソディ』と同じく、セクシャルマイノリティ

のスターが主人公ということで、センセーショナルですね。監督も同じということで、

通じるところはあるのではないでしょうか。

 

公開は、2019年8月23日(金)

『ボヘミアン・ラプソディ』に続き、また大ヒットしそうな予感がします。

本作も観る価値ありではないでしょうか。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ