【映画】ねことじいちゃんの見どころあらすじネタバレまとめ!ロケ地についても

映画といえば、派手なバトルアクションも悪くありませんが、

心温まるほのぼのとした作品も観てみたいという方。

 

そういった映画ファンにオススメしたいのが、

映画『ねことじいちゃん』

 

公開は、2019年2月22日(金)。

 

タイトルからも分かる通り、ほのぼのとした人間ドラマ。しかも、キャストも実に意外な

感じになっておりました。さて『ねことじいちゃん』とはどんな映画なのか?

 

ということで気になるあらすじや見どころ、ロケ地などまとめてみました!

『ねことじいちゃん』予告編 2月22日公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】ねことじいちゃんのあらすじネタバレ

70歳という年齢になる大吉は、ずっと生まれた島で暮らしてきました。

2年前に、不幸にも連れ添ってきた妻を亡くしてしまってからというもの、

現在では、1人きりで家で暮らしています。

 

しかし、そんな大吉には、愛すべき一匹のペットがいました。

それは猫のタマです。

 

大吉はいつも朝になると、タマといっしょに散歩に出かけます。

そして、亡くなった妻が生前に遺していた料理のレシピが書かれたノートを

仕上げることが、いつしか大吉の目標となっていたのでした。

 

そのため、島でカフェをやっている美智子から料理について習ったりと、

年齢のわりには勉強をすることに余念がありません。

 

そして、そんな大吉にとって欠かせない存在となっているのが、

幼なじみである巌などの仲間たち。

 

このように、大吉は穏やかな老後を暮らしておりましたが、

そんな彼の日々の生活にも次第に変化が見られ始めることに。

 

体にガタが出てき始めたほか、年老いてきた友人が亡くなってしまったのです。

さらには、愛猫であるタマまでもがどこかへ行って、いなくなってしまうことに。

 

こういったことが積み重なったことによって、徐々に、気がめいってきてしまう、大吉。

やがて、大吉はある選択を迫られることになるのでした。

 

はたして、大吉と愛らしいタマとの平穏な共同生活は、

ふたたび戻ってくるというのでしょうか…?

 

 

【映画】ねことじいちゃんの見どころ

映画『ねことじいちゃん』は、ねこまきさんの同名コミックが原作。

原作コミックはこれまでに大ヒットしてきているため、このたびの実写映画化には、

とても期待が高まりますね。

 

そんな映画『ねことじいちゃん』の監督は、岩合光昭さん。

 

実は、本業は動物写真家なので、本作が記念すべき映画監督デビュー作

ということになります。もともと動物写真家ということもあって、岩合光昭さんが

撮る動物の映像は、とてもすばらしいものとなることでしょう。

 

ストーリーもさることながら、ヴィジュアル面にも注目ですね。

 

しかし、すばらしいといえば、監督だけではなく、キャストのほうも、

もちろん、負けてはおりません。

 

主人公の大吉役を演じるのは、なんと、俳優ではなく、落語家の立川志の輔さん。

立川志の輔さんは、落語家としては、紫綬褒章まで受賞するという一流ぶりを

発揮してきたわけですが、映画やドラマでの主演経験はありません。

 

それだけに、映画『ねことじいちゃん』での大吉役への抜擢は、

とても思い切った革新的なキャスティングだといえるでしょう。

 

ちなみに、それ以外のキャストは本業の俳優、女優たち。

まずは、NHK連続テレビ小説『おんな城主直虎』で主演した、柴咲コウ

さらに、小林薫、田中裕子、柄本佑、銀粉蝶、山中崇、葉山奨之など、

ベテランから若手に至るまで、そうとう豪華な顔ぶれとなっていたのですね。

 

あと、キャストといえば、忘れてはならない、真の主役ともいうべきタマ役なのですが、

こちらはベーコンという猫が演じていました。

 

映画『ねことじいちゃん』は、人間だけではなく、猫の演技力も必見となりそうですね。

 

キャストについては、こちらの記事をどうぞ!

 

スポンサードリンク

 

【映画】ねことじいちゃんのロケ地は?

 

島でタマといっしょに暮らす大吉を主人公とした、映画『ねことじいちゃん』。

では、そんな作品のロケ地はどこになっていたのでしょうか?

 

映画やドラマのロケ地といえば、東京近郊が多いですし、

設定とはかけ離れたところが使用されることも少なくありません。

 

映画『ねことじいちゃん』のロケ地は、設定どおり、本土ではなく島でした。

それは、愛知県西尾市にある佐久島というところだったのです。

 

佐久島は、この映画とは関係なく、もともと猫が多い鳥として有名でした。

そのため、猫好きの観光客による訪問も跡を絶たないとのこと。

https://twitter.com/shinachiku0728/status/1069589186401857537

映画『ねことじいちゃん』の監督の岩合光昭さんも、猫を撮るために

訪問したことがあったそうです。

 

これならここがロケ地に選ばれたのは当然のことでしょう。

猫が好きな映画ファンの方は、機会があれば、佐久島へ行ってみては

いかがでしょうか^^

 

 

まとめ

これまでにも猫をモチーフにした邦画は製作されてきました。

しかし、映画『ねことじいちゃん』は、あくまで人間ドラマということで、

人間も猫もそれぞれ味わうことができますので、楽しみも倍になりそうです。

 

大吉もタマも、それ以外の島の人々も、どのように描かれていくのか?

 

公開は、2019年2月22日(金)。

 

公開が待ち遠しいです^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ