【映画】ザファブルの砂川を演じる向井理って配役ミス? 原作漫画の画像と比較!

 

2019年6月21日(金)映画『ザ・ファブル』が公開されます。

 

人気コミックが原作で、主演は岡田准一ということですから、これだけでも期待は

高まります。しかそのも岡田准一が殺し屋を演じるということ、そしてその殺し屋が

殺すことを封じられ、一般人として生活させられるということで物語にしてもその

キャラクターにしてもその期待感は計り知れません^^

 

そんな映画『ザ・ファブル』といえば、岡田准一演じる殺し屋のファブルのみならず

様々な脇役にも注目が集まっています。

 

ということで今回は、そんな気になる脇役のひとり『砂川』ついてまとめてみました。

 

 

岡田准一主演『ザ・ファブル』予告編 6.21公開!

 

スポンサードリンク

 

【映画】ザファブルの砂川について

すご腕の殺し屋が一般人として大阪で1年間暮らすという奇妙なミッションを課される

というストーリーとなっている、映画『ザ・ファブル』。殺し屋、ヤクザ、一般人など、

様々なキャラクターが登場しますが、その中でもとくに話題になっていた1人に、

砂川という男がいました。

 

ネットでもよく調べられているようですが、どういう男なのでしょうか?

 

岡田准一演じる殺し屋のファブルは、育ててくれた佐藤浩市さん演じるボスの指令に

よって大阪へと向かいます。そして現地でファブルの後ろ盾となっていくのが、ヤクザの

真黒組です。

 

真黒組は、安田顕さん演じる海老原が若頭で、柳楽優弥さん演じる小島がその弟分。

そして、砂川は海老原とは対立関係にある男です。

 

要するに、砂川も海老原も小島もファブル同様、裏社会の人間。しかし、そんな連中

が面倒を見るなか、殺し屋であるファブルが一般人としてやっていくとは、

映画『ザ・ファブル』もきわめてシュールすぎるといえるのではないでしょうか。

 

ファブルはもちろんのこと、砂川の動きからも目が離せませんね。

 

 

【映画】ザファブルの砂川を演じる向井理って配役ミス?

映画『ザ・ファブル』は、ストーリーにしてもキャスティングにしてもその注目度&

期待度は、マックスです!

 

主人公のファブル役は岡田准一ですが、砂川役はというと。人気俳優の向井理が

キャスティングされました。向井理が映画『ザ・ファブル』に出演することが問題あり

ということではなく、配役が砂川だったことに、ネットなどで異論が噴出している

ようです。

 

向井理といえば、なんと言っても男前でクールなイメージ。裏社会の人間役でも別に

問題があるわけではないのです。公式サイトのビジュアルでもクールでかっこいい

イメージですよね。

 

しかし意外なことに、向井理さんが悪役、不愉快な役を演じること自体は、過去に

けっこう例が見られました。

 

ドラマ『そして誰もいなくなった』では、生意気な青年推理作家の五明卓役で話題に。

また、不快とまではいかないにせよ、ドラマ『神の舌を持つ男』では、舌で味わって

推理をする朝永蘭丸役で、舌をベロベロさせる姿が賛否両論ありました。

 

こういった経歴を見る以上、映画『ザ・ファブル』の砂川役についても、役柄そのものが

直ちにあり得ないとは言えないと思います。ただそれだけではなく、向井理の砂川役に

疑問が出ていた大きな要因としては、原作漫画の砂川のヴィジュアルに問題がある

ようです。

 

原作漫画に登場する砂川は、お世辞にもイケメン俳優が演じるような顔立ちでは

ありません。似ても似つかない容姿ではないでしょうか。

っていうか、全くの別人です^^;

 

スポンサードリンク

 

【映画】ファブルの砂川を演じる向井理を原作画像と比較!

原作漫画に登場する砂川とは、どのようなヴィジュアルなのでしょうか?

これは、原作漫画に関する知識が全くない方であれば、驚きを隠せないでしょう。

 

 

 

外見はひとことで言って、ヤクザそのもの。さらに信じがたいことに、その頭はなんと

ハゲ気味。イケメンとは、ほど遠い容姿で二人を比べても全くの別人、似ても

につきません。

 

なぜ向井理が映画『ザ・ファブル』でこんな役に抜擢されたのか、正直なところ、

理解できません。とは言え、ファブルと岡田准一もルックスは、まったく似ていません。

 

砂川に関しても、原作コミックに忠実ではなく、映画『ザ・ファブル』では、あくまで

向井理のイメージで押し通すということなのでしょう。逆に、向井理がオリジナルの

ヴィジュアルに挑戦したら、話題になるのは間違いないでしょうけどね^^

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

向井理が砂川を演じるのは、岡田准一がファブルを演じる以上に、興味深いこと

かもしれません。原作漫画のファンにとっては、はたしてどのような砂川が見られる

のか、楽しみなだけではなく、不安でもあるでしょうけどね。

 

向井理オリジナルの『砂川』に期待しましょう!

 

公開は、2019年6月21日(金)。

楽しみがまた増えました。

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



2 Responses to “【映画】ザファブルの砂川を演じる向井理って配役ミス? 原作漫画の画像と比較!”

  1. カツコ より:

    砂川に向井、反対!
    西村雅彦とか小日向とか50超えた薄毛の演技派であってほしかった!椎名桔平、鶴見辰吾も空いてそうなのに!

    ワル向井はなんか他の、、例えばギャングーズの武藤さんとかさあ。ねえ。
    その前に岡田もやだわ。
    背が足りん!慎吾くんのほうがいいわ。
    なんかガキ多めの安易に人気マンガに頼っただけのものになってないか?
    ファブルのよさを広めて欲しいのに。。

    • ゆうすけ より:

      カツコさん、はじめまして!
      コメントありがとうございます^^

      砂川の向井には、驚きましたねw
      カツコさんのおっしゃるり、小日向さんはいい感じですね。
      アウトレイジでは、悪徳警察官役を見事に演じていましたし、
      見た目も演技もバッチリですしね。

      まあ岡田くんの場合は、見た目は少しイマイチでしたが
      彼の動きが欲しかったのかもしれませんね^^

      安田顕さんの海老原も見た目的にはイマイチですwww

      ファブルは、やっぱりコミックが最高ですw

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ