【映画】ザファブルの砂川を演じる向井理って配役ミス? 原作漫画の画像と比較!

2019年6月21日(金)映画『ザ・ファブル』が公開されます。

 

人気コミックが原作で、主演は岡田准一ということですから、

これだけでも期待は高まります。

 

しかそのも岡田准一が殺し屋を演じるということ、そしてその殺し屋が

殺すことを封じられ、一般人として生活させられるということで

物語にしてもそのキャラクターにしてもその期待感は計り知れません^^

 

そんな映画『ザ・ファブル』といえば、岡田准一演じる殺し屋のファブル

のみならず、さまざまな脇役にも注目が集まっています。

 

ということで今回は、そんな気になる脇役のひとり『砂川』ついて

まとめてみました。

 

岡田准一主演『ザ・ファブル』特報

 

スポンサードリンク

 

【映画】ザファブルの砂川について

すご腕の殺し屋が一般人として大阪で1年間暮らすという奇妙なミッションを

課されるというストーリーとなっている、映画『ザ・ファブル』。

 

殺し屋、ヤクザ、一般人など、さまざまなキャラクターが登場しますが、

その中でもとくに話題になっていた1人に、砂川という男がいました。

 

ネットでもよく調べられているようですが、どういう男なのでしょうか?

 

岡田准一演じる殺し屋のファブルは、育ててくれた佐藤浩市さん演じるボスの

指令によって大阪へと向かいます。そして現地でファブルの後ろ盾となっていくのが、

ヤクザの真黒組です。

 

真黒組は、安田顕さん演じる海老原が若頭で、柳楽優弥さん演じる小島がその弟分。

そして、砂川は海老原とは対立関係にある男です。

 

要するに、砂川も海老原も小島もファブル同様、裏社会の人間。

しかし、そんな連中が面倒を見るなか、殺し屋であるファブルが一般人として

やっていくとは、映画『ザ・ファブル』もきわめてシュールすぎるといえる

のではないでしょうか。

 

ファブルはもちろんのこと、砂川の動きからも目が離せませんね。

 

 

【映画】ザファブルの砂川を演じる向井理って配役ミス?

映画『ザ・ファブル』は、ストーリーにしてもキャスティングにしても

その注目度&期待度は、マックスです!

 

主人公のファブル役は岡田准一ですが、砂川役はというと。

人気俳優の向井理がキャスティングされました。

 

向井理が映画『ザ・ファブル』に出演することが問題ありということではなく

配役が砂川だったことに、ネットなどで異論が噴出しているようです。

 

向井理といえば、なんと言っても男前でクールなイメージ。

裏社会の人間役でも別に問題があるわけではないのです。公式サイトのビジュアルでも

クールでかっこいいイメージですよね。

 

しかし意外なことに、向井理さんが悪役、不愉快な役を演じること自体は、

過去にけっこう例が見られました。

 

ドラマ『そして誰もいなくなった』では、生意気な青年推理作家の五明卓役で、

話題に。また、不快とまではいかないにせよ、ドラマ『神の舌を持つ男』では、

舌で味わって推理をする朝永蘭丸役で、舌をベロベロさせる姿が賛否両論

ありました。

 

こういった経歴を見る以上、映画『ザ・ファブル』の砂川役についても、

役柄そのものがただちにあり得ないとは言えないと思います。

 

ただそれだけではなく、向井理の砂川役に疑問が出ていた大きな要因としては、

原作漫画の砂川のヴィジュアルに問題があるようです。

 

原作漫画に登場する砂川は、お世辞にもイケメン俳優が演じるような

顔立ちではありません。似ても似つかない容姿ではないでしょうか。

っていうか、全くの別人です^^;

 

スポンサードリンク

 

【映画】ファブルの砂川を演じる向井理を原作画像と比較!

原作漫画に登場する砂川とは、どのようなヴィジュアルなのでしょうか?

これは、原作漫画に関する知識が全くない方であれば、驚きを隠せないでしょう。

 

 

 

外見はひとことで言って、ヤクザそのもの。

さらに信じがたいことに、その頭はなんと、ハゲ気味。

イケメンとは、ほど遠い容姿で二人を比べても全くの別人、

似てもにつきません。

 

なぜ向井理が映画『ザ・ファブル』でこんな役に抜擢されたのか、

正直なところ、理解できません。

 

とは言え、ファブルと岡田准一もルックスは、まったく似ていません。

砂川に関しても、原作コミックに忠実ではなく、映画『ザ・ファブル』では

あくまで向井理のイメージで押し通すということなのでしょう。

 

逆に、向井理がオリジナルのヴィジュアルに挑戦したら、話題になるのは

間違いないでしょうけどね^^

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

向井理が砂川を演じるのは、岡田准一がファブルを演じる以上に、

興味深いことかもしれません。

 

原作漫画のファンにとっては、はたしてどのような砂川が見られるのか、

楽しみなだけではなく、不安でもあるでしょうけどね。

 

向井理オリジナルの『砂川』に期待しましょう!

 

公開は、2019年6月21日(金)。

楽しみがまた増えました。

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ