【映画】惡の華のタイトルの意味とは?原作者の意図やアニメとの違いについても

映画『惡の華』2019年9月27日(金)に公開されます。

意味深なタイトルだけに、どのよう内容なのかとても気になるところです。

 

ということで映画『惡の華』のタイトルの意味やタイトルに込めた原作者の意図、

また本作には、アニメ版もあるということでそちらとの違いについてもまとめて

みました。

 

映画『惡の華』9.27公開|本予告90秒

 

スポンサードリンク

 

【映画】惡の華の簡単あらすじ

山の中の田舎で暮らしている中学生の春日高男は、自らの環境に満足していま

せんでした。しかし詩集を読みふけることで、なんとか毎日をやり過ごすことが

できました。

 

そんなある日、クラスメイトで好意を寄せていた佐伯奈々子の体育服を盗んで

しまいます。ところが、そんな春日の行動をクラスメイトの仲村佐和に見られて

いました。

 

そして仲村は、自分が見たことを黙っている見返りとして春日にある契約を結ぶよう

持ちかけます。こうして春日と仲村は、異常な主従関係へと発展していきます。

 

仲村は変態的で次々、春日に無理難題を要求します。そんなことが続くうちに、

とうとうボロボロになってしまう春日。やがて春日と仲村は、事件を起こして

しまいます。

 

タイトル的に不穏そうなイメージの映画『惡の華』ですが、かなり不気味な雰囲気が

漂いますね。元はと言えば春日の行動がいけなかったにせよ、仲村の行動に異常さを

感じます。

 

さてこの2人の関係がどうなっていくのか?また事件とは何なのか?

気になるところ満載ですね^^

 

 

【映画】惡の華のタイトルの意味とは?

春日と仲村による異常な関係を描いていく映画『惡の華』。さてその独特なタイトルも

注目です。いったい、タイトルにはどのような意味があったのでしょうか?

 

実は「惡の華」というのは、元々はある詩人の詩集のタイトルでした。

それは、今作品で春日も愛読しているボードレールの『惡の華』というもの。

 

映画『惡の華』のタイトルの由来が詩人の作品にあったとは、驚きです。

それだけに結末に至るまでの流れが、ますます楽しみになっていきそうですね。

 

 

【映画】惡の華のタイトルに込めた原作者の意図とは?

映画『惡の華』は、押見修造さんによる同名コミックが原作となっています。

原作コミックは『このマンガがすごい! 2011』オトコ編第10位に輝くなど高評価に

なりました。2013年にはアニメ化、そして2019年に映画化とメディアミックスも派手に

なっていくことに。

 

ではそんな映画『惡の華』の原作コミックのタイトルに押見修造さんが込めた意図とは、

何だったのでしょうか?こちらは詳しくは分かっていませんでしたが、ただ単に春日が

ボードレール好きという理由ではないでしょう。

 

ボードレールの「悪の華」は、官能的でデカダンな作品ですので、原作コミックの

タイトルに採用した以上、原作コミックの作風を考慮してのことであるのは間違いない

と思います。

 

デカダンとは?

〈デカダンスdécadence〉は一般に衰退,凋落,退廃を意味するフランス語である。本来はローマ帝国末期の文化が爛熟の極に衰退して技巧的になり,不自然,不健康,腐敗の様相をあらわしてくることを指したが,ここではパリを中心とした19世紀末の一群の芸術家たちの傾向を指す。1880年から85年にかけて,マラルメの〈火曜会〉に列席する青年たちがしだいに数を増してき,他方ではカフェを中心として,数多くのクラブが設立されたり小雑誌が刊行されたりして,デカダンスの美学を公然と口にする者が増えてきた。

※コトバンクより引用

スポンサードリンク

 

 

【映画】惡の華でアニメとの違い

さて映画『悪の華』にはアニメ版もあったわけですが、これらに違いはあったので

しょうか?調べてみたところ、両者には根本的な違いは見られませんでした。

 

春日が佐伯に好意を寄せていること、体育服を盗んでしまうこと、それを目撃していた

仲村に変態的に支配されていくことなど。しかしアニメ版と違って、映画化となれば、

尺は短くなりますから、エピソードが割愛されたり、重要ではない登場人物が出てこない

といったことはあり得るでしょう。

 

気になるのは、実写映画となるだけにコミックやアニメで表現できたことをどこまで

やれるのか?ということではないでしょうか?

 

漫画の評価は高かったのですが、アニメ版の評価が少々低めで、今回の実写化に期待を

されている方がい多いようです。

 

 

 

まとめ

2019年も上半期が過ぎましたが、毎月1作は公開される話題作のなかでも映画『悪の華』

は格別なものとなっていきそうです。春日高男、仲村佐和、佐伯奈々子のいびつな三角

関係が気になるところです。

 

春日高男役の伊藤健太郎さん、仲村佐和役の玉城ティナさん、佐伯奈々子役の秋田汐梨

さんなど、キャストたちの演技にも期待です。

 

公開は、2019年9月27日(金)

公開が楽しみですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ