窮鼠はチーズの夢を見る(映画)の予告で流れる曲は?主題歌や挿入歌についても

 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』が、9月11日(金)に公開されます。

 

フィリップ・K・ディックの有名な小説を彷彿とさせる、独特なタイトルですが、

その内容も本当に独特としか言いようのないような作風となっていました。

 

ということで映画『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじや見どころ、また予告で

流れる曲、主題歌や挿入歌についてまとめました。

 

 

9月11日(金)公開/映画『窮鼠はチーズの夢を見る』90秒予告

 

スポンサードリンク

 

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)の予告で流れる曲は?

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は、2020年6月5日に公開される予定でしたが、

新型コロナウイルスの影響により延期されることになりました。

 

とはいえ予告は動画は公開されており、どのような内容なのか?触り部分だけですが

イメージを掴むことは可能です。ところで映画の予告といえば、内容もさることながら

流れる曲も興味深いところ。

 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の予告でもバックで曲は流れていたのですが、

曲名など気になったので調べてみました。

 

 

Different Worlds (Acoustic) by Jes Hudak

 

「Different Worlds」には、「違う世界」という意味。

 

 

ジェス・フダックは、アメリカのシンガーソングライター。

 

 

 

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)の主題歌や挿入歌は?

 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』の主題歌や挿入歌も見逃せません。

あいにくこちらも公開日同様、未定のままでした。

 

ただし後述しますが、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は、関ジャニ∞の大倉忠義さん

主演作。ジャニーズ事務所メンバーの主演作には、当該グループの楽曲が使われます。

 

よって今作も挿入歌は分かりませんが、主題歌は関ジャニ∞の楽曲となる可能性も否定

できないでしょう。今のところ不透明な部分も多く、はっきりした情報はありませんが

分かり次第、追記します。

 

因みに映画『窮鼠はチーズの夢を見る』で、音楽を担当するのは、半野喜弘さんと

なっていました。

 

 

 

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)のあらすじ(内容)

 

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は、ジャンル的にはラブストーリーですが、

かなり衝撃的な内容でした。

 

主人公は、広告代理店勤務の大伴恭一。

 

学生時代から自分を好きになってくれる女性ばかりと受け身の恋愛をしていた恭一は

女性から言い寄られと断りきれず、安易に不倫を繰り返すというだらしない性格。

 

そんなある日、大学で後輩だった今ヶ瀬渉と7年ぶりに再会する。

 

実は今ヶ瀬は、興信所に務めていて、恭一妻から依頼され不倫を調査していた。

恭一のことが好きだった今ヶ瀬は、調査結果を握りつぶす交換条件として、自分と

肉体関係になるということを持ち出します。

 

やがて恭一は、妻と離婚することになり、今ヶ瀬との関係を受け入れることに。

 

 

以上が、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』のあらすじですが、予告で流れている曲

「Different Worlds(違う世界)」という曲名との関係、なぜこの曲が選ばれたのかも

想像できますね。

 

 

スポンサードリンク

 

窮鼠はチーズの夢を見る(映画)の見どころ

 

今作では、大伴恭一役で大倉忠義さん、今ヶ瀬渉役で成田凌さん、岡村たまき役で

吉田志織さん、夏生役でさとうほなみさん、大伴知佳子役で咲妃みゆさん、

井手瑠璃子役で小原徳子さんなどが出演。

 

大倉忠義さんと成田凌さんがどのように演じるのか見どころと言えるでしょう。

そして脇を固める俳優陣の演技にも注目です。

 

監督を務めるのは行定勲さんです。

行定勲さんは、これまでに幅広いジャンルを手掛けてきました。

 

『GO』のような青春もの、『パレード』のようなサスペンスもの、しかし

行定勲監督作品といえばラブストーリー。

 

『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』『クローズド・ノート』『ナラタージュ』

『リバーズ・エッジ』など、代表作の大半を占めています。

 

また2020年には、又吉直樹さん原作の『劇場』も公開予定。

 

一般的な恋愛ものとは異なるものの、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』も興味深い

内容で楽しめそう。男性同士の恋愛をどのように描き魅せてくれるのか見どころ。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

映画『窮鼠はチーズの夢を見る』は、かなり衝撃的な作品でジャニーズファンには

刺激が強そうです。

 

出演には勇気がいったことでしょうが、大倉忠義さんにとっては新境地になるのは

間違いありませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ