ブラックウィドウ(映画)名前の意味や由来とは?経歴や能力についても

 

映画『ブラックウィドウ』2020年5月1日(金)に公開されます。

本作は、マーベル・シネマティック・ユニバースとしては8作目となるブラック・

ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の過去と秘密が明かされる作品となっています。

 

さて映画『ブラックウィドウ』は主人公のブラックウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)

の秘密に包まれた彼女の過去について描かれているということですが、はたして彼女の

名前の意味や由来は何なのか?経歴はどうなっているのか?どういう能力を持っている

のかが気になるということでまとめてみました。

 

新型コロナウイルスの影響で延期になっていましたが、2020年11月6日(金)

公開されます。

 

 

映画『ブラック・ウィドウ』最新予告 スカーレット・ヨハンソン主演

 

スポンサードリンク

 

ブラックウィドウ(映画)のあらすじ

 

映画『ブラックウィドウ』のあらすじなのですが、詳細は判明していません。

 

現状分かっていることは、2019年公開の前作『アベンジャーズ/エンドゲーム』

ではなく、2016年『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』後の時代を背景に

彼女の過去や秘密のベールに包まれた部分を描かれているからです。

 

そんな映画『ブラックウィドウ』のストーリーなのですが、その舞台はブダペスト。

ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)の妹分とされるスパイのイェレナ・

べロワ、元夫のレッド・ガーディアン(アレクセイ・ショスタコフ)、スパイ仲間の

メリーナ・ヴォスタコフなどといった面々が登場します。

 

前作で下した彼女の決断(死)の描写がどれだけあるのかがポイントとなることで

しょう。詳しいあらすじなど情報が入り次第、追記します。

 

 

 

【ブラックウィドウ】名前の意味や由来は?

それでは、この「ブラック・ウィドウ」とは、どういった意味で、どのような由来が

あったのかが興味深いものです。

 

名前の意味は、調べてみて驚きましたが、とあるクモの名前でした。

 

 

 

クロゴケグモという、北アメリカのゴケグモ属の毒グモです。ツヤのある黒色の体に

砂時計型の赤い模様が入っています。セアカゴケグモやタランチュラも同じ属種だ

そうです。

 

 

 

赤い砂時計型の模様。『ブラックウィドウ』のマークはこの毒蜘蛛からきているの

ですね。

 

 

由来は、この属種の蜘蛛は交尾後にメスがオスを食べることがあり、 要は妻が夫を

殺してしまうことから、widow(後家)と呼ばれるようです。

 

また映画の中では、旧ソ連の「ブラック・ウィドウ・オプス計画」というスパイを養成

するプログラムに孤児たちと共に洗脳され「レッドルーム」に参加していたことやソ連

の有名なテストパイロットだったアレクセイ・ショスタコフと結婚しますが、ソ連政府

はショスタコフの死を偽装しナターシャと引き離したことで彼女はWidow(未亡人)

と名乗っている理由のようです。

 

 

 

ブラックウィドウの経歴は?

 

ナターシャ・ロマノフは、ロシアのスターリングラードで生まれ育ち、『レッド・

ルーム』というところで、先述の「ブラック・ウィドウ・オプス計画」というスパイ

養成プログラムで鍛えられKGBのスパイとなります。そして「ブラック・ウィドウ」

のコードネームで活躍する。

 

ソ連のスパイとしてスタークインダストリーに潜入。その後アメリカ政府の防衛を

請け負うスタークから情報を奪おうとし、アイアンマンと戦うことになります。

 

戦いの末、ホークアイと出会うことに。そして共にアイアンマンを倒すために

戦う。やがて二人は恋に落ち、ブラックウィドウはソ連への忠誠心が揺ぎ始める。

 

しかしKGBに捕まり、マインドコントロールをされ、アベンジャーズと戦うことに。

しかしその時すでにアベンジャーズのメンバーだった、ホークアイへの愛情から、

洗脳が解け、やがてヒーローとなり、ホークアイの誘いからアメリカに亡命します。

 

そしてアベンジャーズに協力し共に活動するように。やがて国際諜報組織S.H.I.E.L.D.

のエージェントとして働くようになり、アベンジャーズのメンバーとして活躍します。

 

映画では『アイアンマン2』で初登場。その後『アベンジャーズ』『キャプテン・

アメリカ/ウィンター・ソルジャー』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

と登場してきました。

 

ところが『アベンジャーズ/エンドゲーム』においてトニー・スターク(アイアンマン)

共ども死んでしまい、他のアベンジャーズのメンバーたちを悲嘆にくれさせたのです。

 

 

スポンサードリンク

 

ブラックウィドウの能力について

 

それでは、ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)は、どういった能力を保持

していたのでしょうか。

 

ナターシャは、バイオテクノロジーによって長寿となり、若い姿を保てるように改造

されています。また「レッドルーム」卒業時にバレリーナとしての記憶を植え付けられ

不妊手術を受けている。

 

彼女は非常に多才で、まさに文武両道。

まず語学に優れ、ロシア語はもちろん、英語、フランス語、イタリア語、ラテン語と

いった複数の言語に長けています。さらに身体能力も圧倒的。

 

 

 

ウィドウズ・バイトという電撃をくり出せるリストバンドで敵と戦っていきます。

またコンピュータからあらゆる乗り物に至るまで、各種機器の取り扱いにも

長けています。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

ブラック・ウィドウ(ナターシャ・ロマノフ)について見てきました。

 

ファンならご存知でしょうが、予想を上回る活躍をしてきた上に、かなり優秀なスパイ

で超一流の暗殺者。

 

前作『アベンジャーズ/エンドゲーム』での死が悔やまれる中、映画『ブラックウィドウ』

ではどのような秘密や過去が明かされるのか楽しみです。

 

公開は、2020年5月1日(金)

見逃せませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ