ブラック・ウィドウ(映画)のキャスト一覧と役どころ!デアデビルは登場するのか?

 

映画『ブラック・ウィドウ』2020年5月1日(金)に公開されます。

スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)が

主演のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新作です。

 

ということで映画『ブラック・ウィドウ』のキャストや役どころ、またデアデビル

は登場するのか?どうなのかについてもまとめてみました。

 

新型コロナウイルスの影響で延期になっていましたが、2020年11月6日(金)

公開されます。

 

 

映画『ブラック・ウィドウ』最新予告 スカーレット・ヨハンソン主演

 

スポンサードリンク

 

ブラック・ウィドウ(映画)のあらすじ

 

映画『ブラックウィドウ』のあらすじがどうなっているのか調べてみました。

しかしながら、2020年1月17日現在、詳細は明らかになっていません。

そこで分かっている範囲内で見ていきましょう。

 

ブタペストを舞台に物語は始まります。これまで明かされてこなかったナターシャ・

ロマノフ(ブラック・ウィドウ)の過去。本作では、これを描いていくことになると

いいます。

 

登場するキャラクターは、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)の元夫のアレクセイ・

ショスターコフ(レッド・ガーディアン)、妹分のエレーナ・ベロワ、友人のメリーナ

などなど。

 

気を付けたいポイントとしては、本作の時系列が2019年公開の前作『アベンジャーズ/

エンドゲーム』の続編ではなく、2016年公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・

アメリカ』の続編となっています。

 

ナターシャ(ブラック・ウィドウ)は、前作『アベンジャーズ/エンドゲーム』で

死んでいるので、存命中のエピソード、つまり前作より前ということになります。

気になるところ満載ですが、情報が入り次第、追記します。

 

 

 

ブラック・ウィドウ(映画)のキャスト一覧と役どころ

ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)

役名:ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)

演者:スカーレット・ヨハンソン

日本語吹き替え声優:米倉涼子

 

ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)は、もともとは凄腕のスパイとして

KGBで働いていたスーパーヒーロー。

 

スカーレット・ヨハンソンさんは、1984年11月22日、アメリカ出身の35歳。

映画では『ホーム・アローン3』『LUCY/ルーシー』『ブーリン家の姉妹』などに出演。

 

 

アレクセイ・ショスターコフ(デヴィッド・ハーバー)

役名:アレクセイ・ショスターコフ(レッド・ガーディアン)

演者:デヴィッド・ハーバー

日本語吹き替え声優:大塚明夫

 

アレクセイ・ショスターコフ(レッド・ガーディアン)は、ナターシャ(ブラック・

ウィドウ)の元夫。

 

デヴィッド・ハーバーさんは、1975年4月10日、アメリカ出身の44歳。

映画では『007 慰めの報酬』『グリーン・ホーネット』『イコライザー』などに出演。

 

 

エレーナ・ベロワ(フローレンス・ピュー)

役名:エレーナ・ベロワ

演者:フローレンス・ピュー

日本語吹き替え声優:田村睦心

 

エレーナ・ベロワは、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)の妹分?

 

フローレンス・ピューさんは、1996年1月3日、イギリス出身の24歳。

映画では『トレイン・ミッション』『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語

などに出演。

 

 

メリーナ・ヴォストコフ(レイチェル・ワイズ)

役名:メリーナ

演者:レイチェル・ワイズ

日本語吹き替え声優:田中敦子

 

メリーナは、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)の母親?

暗殺者「ブラックウィドウ」を育成するプロジェクト(レッドルームプログラム)

のリーダー。

 

レイチェル・ワイズさんは、1970年3月7日、イギリス出身の39歳。

映画では『ハムナプトラ』シリーズ、『女王陛下のお気に入り』などに出演。

 

 

不明(レイ・ウィンストン)

役名:不明

演者:レイ・ウィンストン

 

 

レイ・ウィンストンは、1957年2月19日、イギリス出身の 62歳

映画では『スノーホワイト』『ザ・ガンマン』『キャッツ』などに出演。

 

 

不明(オリヴィエ・リヒタース)

役名:不明

演者:オリヴィエ・リヒタース

 

リヒタースは身長約2.19mで「世界で最も背の高いボディビルダー」の称号を獲得して

いて、映画「ザ・キングスマン」にも出演している。今のところ役名等は明らかに

されていないが、筋肉質な敵役として登場するようです。

 

 

リック・メイソン(O・T・ファグベンル)

役名:リック・メイソン

演者:O・T・ファグベンル

日本語吹き替え声優:関智一

 

ブラックウィドウの過去を知るかつての恋人で調達屋。

タスクマスターは、彼かも?

 

O・T・ファグベンルは、1981年1月22日 、イギリス出身の39歳

映画では『ポピー』『葦』『ノンストップ』などに出演している。

 

 

 

スポンサードリンク

 

ブラック・ウィドウ(映画)にデアデビルは登場するのか?

映画『ブラック・ウィドウ』のキャストを見てきましたが、少々気になるキャラクター

がいます。

 

それはデアデビルです!

 

 

本名:マシュー(マット)マードック

出身:ニューヨーク(スラム街ヘルズ・キッチン)

 

真紅のコスチュームに身を包んだ盲目のクライムファイター。

昼は弁護士、夜はデアデビルとして活躍。

 

子供の頃の事故で放射性廃棄物を浴びて両目を失明。そのことにより超人的な聴覚・

嗅覚・触覚・味覚、そして内耳に与えられた影響で驚異的な反射神経と平衡感覚、音の

反響を三次元のイメージとして捉えるレーダーセンスを身につけた。またボクシング・

忍術・器械体操・柔道・マーシャルアーツ等を体得している。

 

「The Man without Fear」(恐れを知らぬ男)として知られるが、色彩が分からない

騒音があると感覚が麻痺してしまい、行動不能になる、感覚は超人的ではあるが

あくまでも普通の人間など弱点もある。

 

デアデビルは、ナターシャ(ブラック・ウィドウ)が、S.H.I.E.L.D.という諜報機関で

エージェントをしていたころ、マット・マードックと交際していたのですが、その

マット・マードックが変身したスーパーヒーローです。後に二人は破局してしまい

ます。

 

ナターシャ(ブラック・ウィドウ)の過去を描いていくということで、元彼の存在も

気になるところ。デアデビルも登場するのかどうかが注目されていますが、現段階では

その情報がありませんでした。

 

デアデビルが登場すれば、盛り上がること間違いなしですね。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

これまで語られることがなかったブラック・ウィドウの過去が明らかになるということで

ナターシャ(ブラック・ウィドウ)自身のファンのみならず、アベンジャーズファンなら

映画『ブラック・ウィドウ』は必見。

 

登場人物もナターシャ(ブラック・ウィドウ)の元夫、妹分、友人と様々。

もしかしたら元彼まで登場するかもしれません。

 

公開は、2020年5月1日(金)

亡くなったのは惜しくて仕方がないですが、彼女の姿を目に焼きつけておきたいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ