【映画】キャプテンマーベルの能力は強すぎる?フォトンブラストなど技についても

2019年3月15日(金)【映画】キャプテン・マーベルが公開されます。

シリーズ別の世界興行収入では『スターウォーズ』や『ハリーポッター』

といった名だたる名作を超えてナンバーワンです!

 

マーベル・シネマティック・ユニバースで初めての女性ヒーロー作品。

その舞台は、時系列的にアベンジャーズ結成前となっており、ここがとても興味深い

ものとなっています。これまでにマーベル・シネマティック・ユニバースの作品を

観てきた方にとっても、そうではない方にとっても見逃せません。

 

ということで、キャプテン・マーベルに与えられた能力についてやフォトンブラスなど

技についてまとめてみました。

 

「キャプテン・マーベル」日本版本予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】キャプテンマーベルのあらすじ

あらすじは、コミックのオリジナルストーリーからは別の物語になると予想されて

います。コミックでは、彼女が力を得る過程が描かれていましたが、映画では

重要視していないため、既にクリー星人のスーパーパワーを持っています。

 

『アベンジャーズ』が結成される前の物語が描かれており、S.H.I.E.L.D.の

エージェントであるフィル・コールソン、S.H.I.E.L.D.長官になる人物

ニック・フューリーの若い頃の姿もあるため、ファンの方は楽しみの一つと

言えるでしょう。

 

映画キャプテンマーベルの舞台は1990年代。

エイリアンの抗争に巻き込まれていまい、地球人に変身して人を襲うなど、

地球は混乱に陥ることになります。

 

アメリカ空軍のパイロットで、クリー人によるテロリスト特殊部隊

『スターフォース』に所属しているキャロル・ダンバースがヒーローへと

成長していきます。

 

主人公のキャロルは記憶を失った状態で登場する設定になっていることも

明らかになっており、完全なオリジナルストーリーなので、漫画で結末を

知っている人も最後までワクワク楽しめる作品になっているようです。

 

失った記憶をどう取り戻すかも、この作品の見どころの一つです。

ヒーローモノの映画や漫画は男性が主人公なので、女性のヒーロー

ということで男性から人気が高いですよね。

 

 

 

【映画】キャプテンマーベルの与えられた能力とは?

スーパーヒーローといえば、みんなそれぞれ独特のパワーを持っているものですが、

映画『キャプテン・マーベル』の主人公であるキャプテン・マーベルの場合、

どんな能力を持っていたというのでしょうか。

 

キャプテン・マーベルは、本名はキャロル・ダンバースといい、普通の地球人の女性

でした。過去の記憶を失ったミステリアスなヒーロー、マーベルには、超人的な

格闘能力があり、次々と敵を撃破していきます。

 

また空を自由自在に飛べる力や、超人的なスタミナ、さらに男性に負けない

怪力を持ち、さらに予知能力もありますし、毒物に対する耐性まで兼ね備えています。

 

本来の「キャプテンマーベル」と呼ばれる人物は男性でした。

キャプテンマーベルの恋人だったのがキャロル・ダンバースでした。

 

ある日、悪役によりキャプテンマーベルは殺されてしまいます。

そして空席となったキャプテンマーベルの座をキャロルが務めることになり、

女性ヒーローが誕生することになったのです。

 

キャロルはもともと超人的な力を持っているわけではありません。

悪役にさらわれた時に恋人が救いに来て、その時に大きな爆発に

巻き込まれるのです。

 

するとキャプテンマーベルのDNAがキャロルに流れ込んでしまったことで、

彼と同等の能力を手に入れました。

 

スターフォースというクリー人の特殊部隊で活躍しますが、ある日、地球のアメリカ

のロサンゼルスに落下し、彼女の失われた記憶をめぐって、物語が進んでいくこと

になります。

 

それ以降は、キャロルもアベンジャーズに加入して、

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『X-MEN』で大活躍を遂げています。

 

 

 

キャプテンマーベルは強すぎる?

このように、前代未聞といってもいい力を保持していた、キャプテン・マーベル。

そのために、当然のことでしょうが、あまりにも強すぎると話題になっています。

 

では、キャプテン・マーベルの強さはどれくらいのものなのでしょう。

過去、マーベル・シネマティック・ユニバースの歴代作品には、数え切れないくらい

のスーパーヒーロー達が登場してきました。

 

スパイダーマン、キャプテン・アメリカ、アイアンマン、アントマン、ブラックパンサー、

などなど。しかしこれらと比較しても、キャプテン・マーベルの圧倒的な強さは

群を抜いていました。

 

どれくらい凄いかというと、ほとんどキャプテン・マーベル1人で、ほかのスーパー

ヒーローがいなくても勝負ができるほどです。

 

さらに、ただパワーがあるというだけではなく、キャプテン・マーベルの場合、

外見まで変わったりしますから、そのさまを目撃しただけでも、敵の戦闘能力は

相当、落ちてしまいそうです。

 

いくらエイリアンのDNAを取り込んだとはいえ、ここまで強いとなると、もはや反則レベル

といっても、まったく差し支えないのかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】キャプテンマーベルのフォトンブラストって何?

「キャプテン・マーベル」これがフォトンブラストよ

引用元:ディズニー・スタジオ公式サイト

 

キャプテンマーベルのフォトンブラストは、手から出る光線です。

フォトンブラストは謎に包まれているところも多いですが、予告動画では

壁を壊して「いまのがフォトンブラスト。スクラルにはこんなことできないでしょ」

とドヤ顔で披露するシーンも含まれています。

 

今回の映画では、キャプテンマーベルの必殺技になることが予想されます。

飛ぶ攻撃(飛び道具)で便利ですが、近いほど総ダメージが大きいため、

長距離の攻撃では攻撃力が落ちてしまう弱点があります。

 

また、キャプテンマーベル自信も完璧にフォトンブラストを使いこなせていない

ようです。

 

公共バスの中で変身したスクラル人をぶっ飛ばすシーンは爽快で、飛ぶ攻撃は

もはや要らないようにも感じられますが、予告動画にフォトンブラストが出てきた

ことから、ボスを倒すときなど大切な意味が隠されているのかもしれません。

 

ところがキャプテン・マーベルの技はまだまだありました。

フォトンブラストのような攻撃だけではなく、逆にエネルギーを吸収し、核爆発レベル

のパワーを獲得してしまうなど。もはやなんでもありのような^^;

 

キャプテン・マーベルの超人的な動きから、まったく目が離せなくなりそうです。

 

 

 

まとめ

映画キャプテンマーベルについてご紹介しました。

キャプテン・マーベルとなるまでの知られざる物語が描かれていて

その期待度&注目度はMAXです^^

 

ヒーローはどうやって能力を手に入れたのかが描かれる映画は

これまでありませんでした。そのため、新しいタイプの映画としても

注目されており、目が離せません。

 

キャロル自信は記憶がないことで、自分自身をクリー人だと思い込んでいます。

ヒーローとしてのアクションシーンが魅力的なのはもちろん、戦う最中に

自らのアイデンティティが大きく揺らぐシーンも見逃せません。

 

公開は、2019年3月15日

 

魅力ある多数のスーパーヒーローを輩出してきた、

マーベル・シネマティック・ユニバース。

 

しかし、映画『キャプテンマーベル』でのキャプテン・マーベルは、別次元と言えそうです。

外見は美人なのに、常識外の強さというギャップがいいですよね。

 

公開が楽しみです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ