【アニメ映画】ぼくらの7日間戦争と原作との違いは?実写版との比較についても

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』2019年12月に公開されます。

かつて公開され大ヒットした実写映画の『僕らの七日間戦争』が有名ですがアニメ版は

どうなるのか楽しみですね。

 

ということでこの記事では、アニメ映画『僕らの7日間戦争』のあらすじや見どころそして

原作の小説や実写版との違いをまとめてみました。

 

アニメ『ぼくらの7日間戦争』特報

 

スポンサードリンク

 

【アニメ映画】ぼくらの7日間戦争のあらすじ(内容)

あらすじがどうなっているのか気になる、アニメ映画『僕らの7日間戦争』。

しかし、まだ詳しいことは明らかになっていませんでした。

 

現在分かっていることは、親や教師からの管理教育に反抗し廃工場(解放区)に立て

こもり、大人たちをやっつけた少年少女たちの“七日間戦争”から30年ほどの時が流れた

2020年が舞台だということ。そして原作を元に現代にマッチしたストーリーとなること

だけでした。

 

そのため、ここでは原作小説の『ぼくらの七日間戦争』の簡単なあらすじをご覧

ください。

 

一学期の終業式を終えた中学生たちの保護者は、自分たちの子供たちがなぜか帰宅

しないため、不安になっていました。

 

やがて帰宅しない中学生たちの自宅に対してラジオを聴くように求める謎の電話が

かかってきて、聴いてみると中学生の相原徹の声が聞こえてきます。

 

中学生たちは、親や教師からの管理教育に反抗するために廃工場(解放区)という

大人のいない場所を求めていて、まさに今日が解放区移住計画を実行に移す日

だったのでした。廃工場を占拠した菊地英治ら中学生たちは、当面、ここで暮らす

ことに決めていたのです。

 

そんな中、中学生の柿沼直樹が誘拐されていたということが分かり、みんなに動揺が

走ることに。翌日になって廃工場のなかに中学生たちが初めて見る瀬川卓蔵という

老人が見つかります。

 

必要な存在だと結論付けられた瀬川卓蔵は、中学生たちに迎えられ、彼らにいろんな

ことを教えていくのでした。その後保護者たちや中学校の先生は、解放区にやってきて

みんなに廃工場の占拠をやめるよう訴えかけていくのでしたが・・・。

 

どうやら原作小説『ぼくらの七日間戦争』は、子供たちが大人たちへの反逆を描くと

いう壮大で且つ斬新な青春ストーリーでした。

 

そんな原作小説『ぼくらの七日間戦争』とアニメ映画『僕らの7日間戦争』の違いに

ついては、後ほどご紹介していきます。

 

 

スポンサードリンク

 

【アニメ映画】ぼくらの7日間戦争で原作との違い

アニメ映画『僕らの7日間戦争』は、原作小説や実写映画とはどこが違うのでしょうか?

実をいうと、全て違うということになりそうです。今回の作品は、かつての作品が原作

といっても、オリジナルストーリーのようです。

 

子供たちは中学生から高校生になっています。また主人公も、菊地英治から鈴原守へ、

ヒロインも宮沢りえさんが演じた中山ひとみから千代野綾へと変わっています。

 

詳細は不明ですが、子供たちが大人に反抗する姿を描くという点では同じのようです。

とはいえ大幅に内容が変わるということで、アニメ映画『僕らの7日間戦争』は、

すでに原作小説や実写映画に親しんだ世代も楽しめるはずです。

 

 

【アニメ映画】ぼくらの7日間戦争で実写版との違いは?

ぼくらの7日間戦争は人気作品として数多くのファンに愛されています。

少年少女たちの「七日間戦争」から30年ほどの時が流れた2020年になっています。

 

1988年には宮沢りえさん主演で実写映画化されました。実写版のぼくらの7日間戦争は

大ヒットし、感動を与えてくれました。実写映画化の『ぼくらの7日間戦争』では、子供の

管理教育が厳しかった時代が舞台になっていて、主人公は中学生です。

 

一方で、アニメーション映画化となった『ぼくらの7日間戦争』では、30年のときが経って

いる2020年が舞台というところが違います。また、実写版では主人公が中学生で、

アニメ版では主人公が高校生と、比較すると主人公も違います。

 

「コードギアス」シリーズの大河内一楼が脚本を担当し、「忍たま乱太郎」の亜細亜堂が

アニメーション制作を担当します。原作や実写化を見た人はアニメ化した『ぼくらの7日間

戦争』の世界観も楽しみたいはずです。また、原作や実写化にないオリジナルストーリー

であり、どんな展開になるか予想不可能です!

 

公開されたアニメ映画の『ぼくらの7日間戦争』では、雄大な山々に向かい7日間に期待に

胸をふくませる少年少女6人が描かれていました。若手のクリエイターを多く起用されて

いる作品なので『ぼくらの7日間戦争』を全く知らない世代の人にも受け入れられる作

に仕上がるでしょう。

 

『ぼくらの7日間戦争』と実写版との比較すると登場人物の名前も変わっていました。

また、恋愛要素があるところも原作や実写版との違いといえるでしょう。

 

「大人への挑戦」と「ユーモラスな戦い」がアニメ版のテーマになっており、原作の

ように教育方針に反対して大人をやっつける展開ではないのかもしれません。

 

DAOKO×米津玄師「打上花火」のミュージックビデオを手掛けた10GAUGEが映像の編集

をすることが決まっています。YouTubeでの累計再生回数が2.7億回を越えたことで知ら

れており、若い世代の人はDAOKO×米津玄師「打上花火」のミュージックビデオを聞いて

楽しんだことがあるのではないでしょうか。

 

大人の都合で引っ越しを迫られる少女・綾と、そんな綾に恋心をよせる少年・守!

守の「逃げよう」の一言で物語が動き出します。

 

アニメ映画『ぼくらの7日間戦争』で青春の日々を思い出してみても良いかも。

 

 

まとめ

アニメ映画『僕らの7日間戦争』は、原作や実写映画から30年ほどたった2020年を舞台

にしたオリジナルストーリーということで、またそれも楽しみですね。

 

原作者の宗田理さんからも「アニメ映画には小説とは違う感動と面白さがあります。

あの物語がどんなふうに表現され、みなさんをとりこにするのだろう。それを想像

すると、原作者としてもわくわくしてきます」と期待を寄せられていますので、

どのように描かれているのか、見逃せませんね^^

 

公開は、2019年12月

まだまだ気になるところ満載ですが情報が入り次第、追記します。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ