レイジングファイア(映画)のキャストと役どころ!あらすじや見どころについても

 

映画『レイジング・ファイア』が、2021年12月24日(金)に公開されます。

 

『イップマン』シリーズのドニー・イェン。『孫文の義士団』のニコラス・ツェー

がダブル主演するアクション映画。正義感溢れる警察官と警察組織への復讐を

誓う殺戮者の攻防を描いた作品。

 

ということで映画『レイジング・ファイア』のキャストや役どころ、またあらすじ

や見どころについてもまとめました。

 

 

ドニー・イェン×ニコラス・ツェー 香港警察アクション大作『レイジング・ファイア』本予告/12.24公開

 

スポンサードリンク

 

レイジングファイア(映画)のキャストと役どころ

チョン・ソンボン(ドニー・イェン)

役名 チョン・ソンボン
役どころ 長年最前線で働き、正義感が強い腕利きの警察官
演者 ドニー・イェン
生年月日 1963年7月27日(58歳)
出身地 香港
出演作品 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』『イップ・マン』シリーズ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ムーラン』『燃えよデブゴン』など

 

 

 

ヤウ・ンゴウ(ニコラス・ツェー)

役名 ヤウ・ンゴウ
役どころ 警察にはめられ投獄されたチョンの元同僚
演者 ニコラス・ツェー
生年月日 1980年8月29日(41歳)
出身地 香港
出演作品 『香港国際警察/NEW POLICE STORY』『風雲決ストームライダーズ』『ホット・サマー・デイズ』など

 

 

 

アンナ・ラム(チン・ラン)

役名 アンナ・ラム
役どころ チョンの妊娠中の妻
演者 チン・ラン
生年月日 1979年7月17日(42歳)
出身地 中国
出演作品 『スーパーアプリ』『毛沢東1949年』『スウィートプリンセス』など

 

 

 

ロク・チファイ(サイモン・ヤム)

役名 ロク・チファイ
役どころ チャンの内部調査のためのチャンの聴聞会を担当する警察の上級補佐官
演者 サイモン・ヤム
生年月日 1955年3月19日(66歳)
出身地 香港
出演作品 イップ・マン』シリーズ、『爆撃』『オペレーションレッドシー』など

 

 

 

セト・キット(ベン・ユエン)

役名 セト・キット
役どころ 元警察長官。チャンとンゴウの元上司で、フォクを救助するために必要な手段を使用するようにンゴウに指示、後に法廷でンゴウに対して証言した
演者 ベン・ユエン
生年月日 1964年(57歳)
出身地 香港
出演作品 『バレット・オブ・ラブ』『傷だらけの告白』など

 

 

 

ユエン・カーポ(パトリック・タム)

役名 ユエン・カーポ
役どころ チョンの上司で友人
演者 パトリック・タム
生年月日 1969年3月19日(52歳)
出身地 香港
出演作品 『イップマン3』『マスターZ:イップマンレガシー』『ブレイクアウトブラザーズ』など

 

 

 

タイ・チュクイン(ケニー・ウォン)

役名 タイ・チュクイン
役どころ チョンの最も信頼できる部下
演者 ケニー・ウォン
生年月日 1963年4月30日(58歳)
出身地 香港
出演作品 『コールド・ウォー2』『ラインウォーカー:前奏曲』『ブレイクアウトブラザーズ』など

 

 

 

レイジングファイア(映画)のあらすじ

 

正義感溢れる警察官チョンは、何年も追い続けてきた麻薬組織の壊滅作戦中に

仮面を被った集団に襲われ仲間を惨殺されてしまう。

 

この事件の黒幕は、チョンを慕っていた元エリート警察官ンゴウと彼の元部下たち

だった。

 

ンゴウはかつて警察組織にはめられ投獄されたことから復讐を誓う。

しかもンゴウは更に恐るべき計画を企てていた。

 

スポンサードリンク

 

 

レイジングファイア(映画)の見どころ

 

映画『レイジング・ファイア』は、警察官とその元同僚だった男を主軸として展開

されていくアクション映画で『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』『ジェネックス

・コップ』『ヒロイック・デュオ 英雄捜査線』『香港国際警察/NEW POLICE STORY』

『インビジブル・ターゲット』『新少林寺/SHAOLIN』『レクイエム最後の銃弾』など

のベニー・チャンが監督を務めた。

 

製作を担当したのは、チョン役のドニー・イェン。スタントコーディネートを担当した

のは『るろうに剣心』シリーズなどのアクション監督を務めた谷垣健治。

 

ベニー・チャン監督は、残念ながら2020年8月23日に亡くなっていますが

今作は遺作にして代表作になることは間違いないところ。

 

見どころは何と言ってもドニー・イェンとニコラス・ツェーのアクション。

ドニー・イェンはこれまで俳優だけではなく、映画監督、映画プロデューサー、

アクション監督などといったスタッフとしても活躍していることから今作でも

自ずとその期待は高まります。

 

ドニー・イェンが魅せる1対多勢の肉弾戦、ニコラス・ツェーのナイフバトル、バイク

を使ったカーチェイスや銃撃戦、大爆破など、様々なアクションとドラマが展開され

ていくということで見どころ満載です。

 

 

 

まとめ

映画『レイジング・ファイア』は、一般的に需要が大きい警察もののアクションと

いうことで期待値はかなり高いと言えるでしょう。

 

中国で公開された香港映画歴代1位の記録を樹立し、第34回東京国際映画祭

ではガラ・セレクション出品され、上映チケットは即完売と注目を集めている。

 

ベニー・チャン監督と長年付き合いのあるドニー・イェンは、プロデューサーと

アクション監督も務めており「ベニーと僕が長年に渡ってアクション映画で経験

したことの集大成さ。これまでのアクション映画に対する彼のビジョンが現れて

いる」と語っている。

 

ラスト15分。映画史上最も壮絶だと言われている死闘は、映画ファン必見だと

言えるのではないでしょうか。

 

公開は、2021年12月24日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ