十二人の死にたいこどもたち(映画)はつまらない?面白くない理由や感想や評価についても

 

映画『十二人の死にたいこどもたち』2020年1月31日『金曜ロードショー』で放送

されます。廃病院に集まり、集団安楽死を望む子供たちが繰り広げるミステリーです。

2019年1月に全国公開されました。

 

冲方丁(うぶかたとう)さんの同名小説が原作で、杉咲花さん、橋本環奈さん、新田

真剣佑さん、高杉真宙さん、黒島結菜さん、北村匠海さんなど、俳優陣の豪華さでも

注目されました。

 

とううことで映画『十二人の死にたいこどもたち』を運悪く観ていないという方の

ためにあらすじや今作品がつまらないという声、面白くないとされる理由など、

感想や評価についてまとめてみました。

 

なおつまらないという声以降は、ネタバレを含みますのでくれぐれもご注意ください。

 

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』予告【HD】2019年1月25日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

十二人の死にたいこどもたち(映画)のあらすじ

 

サトシの主宰する自殺サイトに導かれ、彼を含む12人の自殺志願の子供たちが廃墟と

化した病院に集まりました。

 

鋭い思考力を発揮していくアンリ、顔を隠したリョウコ、おしゃべりなシンジロウ、

吃音のタカヒロ、ゴスロリのミツエ、ギャルのマイなど多彩な面々で、彼らには

集団自殺するために集まったのですが、それぞれに死にたい事情がありました。

ところがそんな彼らに恐るべき事実が。

 

それは彼ら以外に、すでに死体が存在したことです。

はたして彼らは集団自殺を図ったのか?それとも第三者に殺害されたのか?

 

誰もが不審に思い、やがて真相が明らかにされるまで集団自殺することに消極的なムード

が高まっていきます。こうして12人の子供たちは、13人目の子供の死の真相をめぐり、

推理を展開していくことになるのでしたが・・・。

 

 

 

十二人の死にたいこどもたち(映画)はつまらない?

 

映画『十二人の死にたいこどもたち』には、つまらないという声もありました。

あらすじだけを見れば、面白そうに思えますが、何がまずかったのでしょう。

 

実は本作は、ホラー映画のように感じますが、内容はそれほどホラー色は強くなく、

結局12人の子供たちは自殺を選ばず、死体だと思われていた子供も死んでいなかった

からです。

 

個人的には、むしろ命の大切さを学ばされる作品だと思いますが、12人による殺し合い

を期待していたような人からすれば、これでは拍子抜けでしょう。

 

 

 

十二人の死にたいこどもたち(映画)の面白くない理由

 

しかし映画『十二人の死にたいこどもたち』が面白くないとされる理由は、まだあり

ました。ストーリーをめぐっては、内容が浅い、中途半端、描き方にリアリティが

足りないといった、辛辣なものも。また登場人物をめぐっても、造形が浅いとか、

子供たちの人数が多すぎるといった声が見られました。

 

原作小説は直木賞にノミネートされているくらいですし、映画の出来も決して駄作だ

とは思いませんが、人の数だけ見方はそれぞれあるということですね。

 

 

スポンサードリンク

 

十二人の死にたいこどもたち(映画)の良い感想や評価

このような映画『十二人の死にたいこどもたち』ですが、視聴者からの感想や評価は

どうなっていたのでしょうか。まずは、良い感想や評価を確認していきましょう。

 

結局、まさかのハッピーエンドになったものの、緊張感が張り詰めた会話劇は圧巻で

したし、じゅうぶん満足できる出来かと思われます。

 

 

出演者が豪華で観ていて楽しいし、橋本環奈が何より可愛かった、、♡

引用元:Filmarks映画

橋本環奈さんは、ルックスの良さもあり、劇中でも美少女芸能人役で登場したくらい

ですから、当然というべきかも。

 

 

死ぬ死ぬ詐欺でした(笑)でも、良かった!十二人の生きたい子供たちに変貌して

引用元:Filmarks映画

これも一種のどんでん返しですから、ポジティブに評価されてしかるべきでしょう。

 

 

 

十二人の死にたいこどもたち(映画)の悪い感想や評価

映画『十二人の死にたいこどもたち』の悪い感想や評価も見ていきましょう。

 

やはりこの作品にホラーを求めていた視聴者には、なかなか受け入れることはできな

かったようですが、あらためて観る人を選ぶ作品だといえるでしょう。

 

 

このあたりは指摘が散見されたものの、もともとゲーム的な要素を含んだ作品として

理解するしかないのかもしれません。

 

 

バッドエンドがよかった。。橋本環奈が可愛かったから2.5だけど、橋本環奈出てなかったら1.3くらい(笑)

引用元:Filmarks映画

たしかに橋本環奈さんのルックスの寄与は少なくありませんでしたが、他の女優さんも

素敵でしたよ^^

 

 

 

ゆうすけの感想や評価

娘が観たいというので付き合いました。出演者が豪華だったので、かなりの期待感では

ありました。その点では満足いくもので、娘も嬉しそうでした。

 

しかし内容ですが、もう少しホラー感というかそういうものを期待していただけに、

少しガッカリ。またそれぞれ死にたい理由があるのですが、あまりにもあっさりで

びっくり、終始謎解きばかりでミステリー好きには良いかも。

 

誰もがそれぞれ悩みや問題を抱えていて、それは他人からすれば小さいや大きいなど

あるのですが、生きることについて考えさせられる内容。娘には、ちょうど良い作品

だったかもです。

 

ゆうすけの評価は、星3つというとこでしょうか。

観る前に少しハードルを上げすぎたかも^^;

 

 

 

まとめ

映画『十二人の死にたいこどもたち』について評価や感想などまとめました。

観る方によって、評価が分かれるのは当然ですが、ここまでとは思いませんでした。

 

キャストの顔ぶれはさておき、ストーリーだけで評価するなら、予想させるよりは、

あまり派手な内容とは言えないかもしれません。ゆうすけ自身、最初から予備知識

を入れすぎた感は否めません。

 

放送は、2020年1月31日『金曜ロードショー』で。

さてあなたは、どのように評価されますか?

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ