【映画】海獣の子供の見どころやあらすじ内容まとめ!ネタバレ結末についても

アニメ映画『海獣の子供』が、2019年6月7日(金)に公開されます。

海をテーマに生命の誕生を題材にした物語。原作漫画では、神秘的な絵と描写で

海の怖さ、生命の神秘を表現した作品です。

 

ということでそんな映画『海獣の子供』の見どころやあらすじ、また映画の結末について

原作コミックの結末から考察してみました。

 

【6.7公開】 『海獣の子供』 予告2(『Children of the Sea』 Official trailer 2 )

 

スポンサードリンク

 

【映画】海獣の子供のあらすじ(内容)

主人公の安海琉花は中学校2年生、思っていることを相手に伝えることが苦手。

ハンドボール部に所属しているが、部活の仲間に怪我をさせてしまう。

そのことで夏休み期間中、練習は来なくていいと言われる。

 

琉花の両親は別居しており、もともと母親との関係も思わしくなかったが

これをきっかけに、家庭でも学校でも人間関係でギクシャクしてしまうのでした。

 

やることも自分のいる場所もなくした琉花は、知り合いのいない海に行くことにします。

そこで謎の少年「海」と出会います。

 

ちょうどその頃、各地の水族館で魚がいなくなるという不思議な現象が起きているという

ことを耳にします。部活に行けず、母親と過ごすのも億劫な琉花は、部活に行くと嘘を

つき父親が勤務している水族館に行きます。ここで思わぬ出会いが待っていました。

 

父親を待っている間、なんとなく大水槽を眺めていると、なんとそこには「海」の姿が。

そしてもうひとり「空」の姿も。不思議に思っていると「海」の保護者だというジム

出会い「海」と「空」について知らされます。

 

そしてこれ以降、いろんなことが起こっていくことに。海に彗星が落下したり、

海洋生物たちが日本に向かって動き始め、祭りの本番が迫っているということが

明らかになるのでした。一連の騒動には「海」と「空」が関わっているようでした。

 

ジムとその相棒アングラードは、「海」と「空」に近づこうとする者たちから、彼らを

守っていきますが・・・。

 

さて物語はこの後、どのように展開していくのか?

劇場で確かめるしかないですね^^

 

 

【映画】海獣の子供の見どころ

映画『海獣の子供』は、五十嵐大介さんのコミックが原作。

原作コミックは、日本漫画家協会賞優秀賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を

受賞するなど高い評価を受けています。

 

そんな映画『海獣の子供』で監督を務めるのは渡辺歩さん。

『ドラえもん』シリーズを始め『Pa-Pa-Pa ザ☆ムービー パーマン』『宇宙兄弟#0』など

のアニメ映画を手掛けてきました。テレビアニメでも『宇宙兄弟』『逆転裁判〜その

「真実」、異議あり!〜』『恋は雨上がりのように』などを担当しています。

 

一方、声優キャストも素晴らしい顔ぶれで、主人公の安海琉花役を演じるのは、

芦田愛菜さん。2004年6月23日、兵庫県出身の14歳。天才子役として名を馳せ

様々な映画やドラマで活躍しています。

 

映画では『告白』『LIAR GAME -再生-』『のぼうの城』『パシフィック・リム』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』『Mother』『マルモのおきて』

『明日、ママがいない』『OUR HOUSE』など。

 

ほかの声優キャストは、海役が石橋陽彩さん、空役が浦上晟周さん、アングラード役が

森崎ウィンさん、ジム役が田中泯さん、安海正明役が稲垣吾郎さん、安海加奈子役が

蒼井優さん、先生役が渡辺徹さん、デデ役が富司純子さん、なつみ役が誠子さん、

あき役が渚さんなど豪華俳優陣など多数でその期待感は高まる一方です。

 

映画『海獣の子供』は、琉花の成長を描きつつも、とても壮大な物語のようです。

謎が多いストーリーのなか、主人公とそれを取り巻く人達の関係性やエピソードなど

見どころ満載の作品と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

【映画】海獣の子供の結末についてネタバレ

さて映画『海獣の子供』の結末はどうなるのか?原作コミックの最終巻の結末から

探ってみましょう。

 

安海琉花は、海といっしょに海中に身を投じました。気が付くと安海琉花の目の前から

海の姿はなくなっていたのです。そして地球と宇宙、あらゆる生き物が待ち望んでいた

本番がはじまります。琉花は、海中がまるで宇宙のようになっていることを知ります。

 

その後、琉花は加奈子(母親)によって無事救出されることに。身体が弱っていた琉花は

大事をとって入院となりました。そして琉花が新たに出会ったみんなは、全員姿を消して

いたのです。

 

以上が原作コミックの結末ですが、悲しいような、怖いような独特な世界観で何か余韻が

残ります。後は自分で感じろ。考えろ。って言われているようです。

 

原作漫画では、海の壮大な描写のみで「命の誕生祭」で終わります。

おそらく映画版でも同じような結末を迎えると思います。

 

隕石とは?本番とは?誕生祭とは?一体何か?

劇場でぜひ確かめてみてください^^

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

タイトルだけを見ると怖そうなアニメ映画『海獣の子供』ですが、あらすじや内容を

見てみると想像でますね。怪獣とは?解りますよね^^

 

公開は、2019年6月7日(金)

きっと誰からも受け入れられる作品ではないでしょうか。

ぜひ劇場で、たくさんの疑問について確かめてみてください!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ