【映画】サイバーミッションの出演者キャスト俳優一覧と役どころ!日本語吹き替え声優についても

2019年1月25日(金)必見のアクション映画が公開されます。

【映画】サイバーミッション。

 

サイバーミッションはサイバーテロを防ぐために選ばれたオタク系の

ホワイトハッカーとブラックハッカーとの戦いを描いた映画です。

 

山下智久(山P)が初の海外進出で、しかも悪役ということで注目が集まっています。

 

ということで気になる出演者や役どころ、また日本語吹き替え声優について

まとめてみました。

 

映画『サイバー・ミッション』予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】サイバーミッションのあらすじ

物語の舞台は、生活のほとんどがインターネットで管理できるようになった

未来。オタク系プログラマーでホワイトハッカーのリー・ハオミン。

 

ある日、リー・ハオミンの元に、香港警察からある情報を聞かされます。

それは、かつてリー・ハオミンにハッキング対決で敗れたコードネーム

ゼブラが裏社会で危険な仕事に手を染めているとのことでした。

 

と同時にゼブラは、次なる大仕事にハオミンを巻き込もうとパートナーの

美少女スー・イーを利用して近づいてきました。

 

スーイーは幼い頃に闇の組織に拾われて、さまざまな犯罪に手を染めてきた

過去があり、戦闘能力が高く、尋常じゃないほどの運転技術を持っていて

冷静でかつ大胆、そして頭脳も明晰という非の打ち所がない女性です。

 

リー・ハオミンはゼブラの次なる狙いを探る目的で、覆面捜査官として

潜入捜査を試みます。

 

サイバーテロ組織への加入試験は過酷であり、銃を頭に突きつけられながら

「60秒でハッキングしろ」と無茶苦茶なオーダーをされることも。

 

しかしリー・ハオミンは試験に無事合格して、ハッカー集団に潜入することに

成功します。そして潜入捜査をしていくうちに、とんでもない大物が関わっている

ことを突き止める。

 

なんとそれは、裏社会の大物として恐れられている「モリタケシ」という男。

そしてその男は、犯罪組織のボスだというのです。

 

そんな中、モリタケシからリー・ハオミン、ゼブラ、スー・イーのもとに、

Oasisというインフラ管理システムをハッキングするようにという、

かなり厳しいミッションを命令される。

 

苦戦しながらも、リー・ハオミン、ゼブラ、スー・イーは、Oasisのハッキングを

成功させます。しかし実は、Oasisのハッキング以外に真の目的がありました。

 

そしてやがてリー・ハオミンとモリタケシの壮絶な戦いの幕があけます。

世界を混乱に陥れようするブラックハッカーと、そしてそれを未然に防ごうと

するホワイトハッカーの戦いが始まります。

 

 

【映画】サイバーミッションの見どころ

サイバーミッションの見どころはハオミンとゼブラのハッキング技術や

アクションシーンです。高層ビルからジャンプしたり、過激な格闘シーンなど

見どころ満載です。

 

また、山下智久の海外デビュー作品であることも忘れてはいけません。

裏世界のボスという初めての悪役をどう演じるのか楽しみです。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】サイバーミッションの出演者一覧と役どころと日本語吹き替え声優

リー・ハオミン(ハンギョン)

公式サイトより引用

役名:リー・ハオミン

演者:ハンギョン

生年月日:1984年2月9日 (34歳)

出身地:中国

 

ハオミンは天才的なホワイトハッカーとして、世界の危機を救う役割を担っています。

ハッキング世界大会の優勝者で、高いハッキング技術があることから、

香港警察と協力する関係にあります。

 

ハオミンはビルから飛んだり、格闘シーン、車を使ったアクションなどの

過激な場面をスタントマンは使いませんでした。

 

かつてのライバルのゼブラとのハッカー対決に注目したいところですね。

ハオミンを演じるのは男性アイドルグループ『SUPERJUNIOR』の元メンバー

のハンギョン。『トランスフォーマー』にも出演している実力派の俳優で、

韓国で最も勢いがある俳優と言っても過言ではないでしょう。

 

コメント

「8Fの高さから飛び降りたりと怪我の絶えないスリリングな撮影で、何度か

危ない動きもありましたが、一人ひとりがテストしてお互いにアドバイスを

しながらやりました。夜ホテルに帰ると打撲のあざだらけになってました。

また、天才ハッカーという役どころなので、専門用語を覚えるのには

苦労しました。ハッカー独特の習慣もあるので、撮影前に彼らを理解するため

に多くのハッカーにも会って話をしました。演技に役立っているとうれしい

です。ぜひ、観てください」

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

チャオ・フェイ(リディアン・ボーン)

公式サイトより引用

役名チャオ・フェイ

演者:リディアン・ボーン

生年月日:1988年3月10日(30歳)

出身地:フランス

 

チャオ・フェイはハオミンのハッカーのライバルであり、裏社会の仕事に

関わっています。恋人のスー・イーをハオミンと接触するために利用するなど、

ハオミンに対して敵意を燃やしている。

 

ゼブラというコードネームで呼ばれていて、裏社会の大物「モリタケシ」と

世界を混乱に陥れようと企てている。

 

チャオ・フェイを演じるのはイケメン俳優のリディアン・ボーン。

父は英国のウェールズ人で母は台湾人というハーフ俳優です。

『マイ・エッグ・ボーイ』『九月に降る風』で俳優としての実力を披露して、

今ではさまざまな作品で活躍しています。

 

コメント

ビルから飛び降りたり、擦り傷ができたり、あざができたり過酷な撮影でした。

そんな撮影を経て我々4人も特別な関係になったと思います。やっと皆さんに

映画をお届けできることにとてもワクワクしています。

ぜひ映画をご覧になってください。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

スー・イー(リー・ユエン)

公式サイトより引用

役名:スー・イー

演者:リー・ユエン

生年月日:1984年07月04日(34歳)

出身地:中国

 

スー・イーはモリタケしに幼い頃拾われた孤児で、ゼブラの恋人でもある

という役柄です。物語ではゼブラとの仕事を手伝わせるため、

ハオミンに接触します。

 

美しき女スパイとしてのアクションシーンに期待がかかりますね。

 

コメント

なぜかよくわからず彼らと国際犯罪に関わってしまいました。撮影中鼻を

ぶつけて曲がってしまい、そのあとのシーンで怪我をする予定だったのですが、

怪我のメイクをしないですみました(笑)

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

モリタケシ(山下智久)

公式サイトより引用

役名:モリタケシ

演者:山下智久

生年月日:1985年4月9日(33歳)

出身地:千葉県

 

モリタケシは裏社会で名の知れた大物で犯罪のスペシャリスト。

ハオミンがゼブラの狙いを探るうち、背後にいるモリタケシに気づき、

真の目的に近づきます。

 

モリタケシ役を演じるのは日本が誇るイケメン俳優の山下智久です。

『プロポーズ大作戦』『野ブタ。をプロデュース』などの有名作品に出演するなど

日本の映画やドラマで活躍しており、今回のサイバーミッションが

海外デビュー作品になります。

 

コメント

初めての悪役という新しい挑戦をしているので、ぜひ今までの僕とのギャップを

楽しんでいただきたいと思っています。作品の中身としては、アクション大作に

なっていると思います。少し先の話にはなると思うんですが、ある意味リアリ

ティがあるというか、みなさんの身近にあるデバイスを使ったり、いつ起こって

もおかしくない話なんじゃないかとイマジネーションをかき立てられるような

作品です。良い意味でも悪い意味でもそういうことを想像しながら見てもらえ

ると非日常を体験してもらえるかなと思います。

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

※日本語吹き替え声優は、情報を入手次第、追記します。

 

まとめ

ハッカーの技術を駆使したネット上の緊迫したやり取りや、銃や素手での

アクションシーンは見もので楽しみですね^^

 

アクションシーンで怪我をしたことも話題になるほど過激なようです。

 

公開は、2019年1月25日(金)。

 

ネットが普及した現代に相応しい作品だと言えるでしょう。

公開が楽しみですね^^

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ