【映画】轢き逃げ最高の最悪な日のタイトルの意味とは?作品に込められた意図についても

2019年5月10日(金)、映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』

が公開されます。

 

インパクトのあるタイトル。綿密に考えられたキャスティング。

そして誰にも起こりうる事件を通して、人は何か問題が起きた時、どう考え、

どう行動するのか?

 

監督自身が興味があることを脚本を手掛け、そしてそれを映像化した意欲作。

予告編だけで引き込まれてしまいます。

 

ということでインパクトのあるタイトルの意味や作品に込められた意図について

まとめてみました。

 

『轢き逃げ -最高の最悪な日-』 120秒予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】轢き逃げ最高の最悪な日の内容

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、ある事件を通して突然、被疑者や

加害者になってしまった人々を描いていく社会派作品。

 

またこれまでの映画と違い、優れた映像と音響技術、洗練されたシネマデザインで

魅力的な体験ができるドルビーシネマを日本で初めて導入した作品ということでも

注目されています。

 

そんな映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』で監督を務めた水谷豊さん。

自身も俳優として活躍している水谷豊さんは、監督を務める本作でも、

キャストとして出演しています。

 

ほかキャストでは、中山麻聖さん、石田法嗣さんをはじめ、岸部一徳さん、

檀ふみさんなど、すばらしい顔ぶれが揃っていました。

 

インパクトのあるタイトルでもある映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』ですが、

そのあらすじも気になるところです。

 

大手ゼネコン城島建設に勤務していたエリート社員である宗方秀一は、

自社の社長令嬢である白河早苗と婚約中の身。

 

その日も、白河早苗との結婚式の打ち合わせのため、同僚で親友でもある森田輝と

車を走らせていました。ところが、そこへ悲劇が起こってしまうことに。

 

宗方秀一は、不注意にも女性を轢いてしまったのです。

しかし宗方秀一と森田輝は、そのまま現場から走り去ってしまいました。

そして被害者女性は、帰らぬ人に。

 

そのことにより被害者女性の両親、時山光央と時山千都子は、これまでの平穏な

人生が狂ってしまいます。

 

やがてこの交通事故を受けて、ベテラン刑事の柳公三郎や新人刑事の前田俊らは、

捜査に乗り出していくことになります。不運にも起こってしまった交通事故を巡り、

被害者の遺族、加害者、そして刑事たちそれぞれの戦いが始まっていくのでした。

 

映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』は、鑑賞後もすっと考えさせられるような作風

のようですね。被害者サイドも加害者サイドもそれぞれ、いったい、どのような

顛末を迎えるというのか、最後まで目が離せませんね。

 

 

【映画】轢き逃げ最高の最悪な日のタイトルの意味とは?

このように交通事故をキッカケとして、登場人物たちの人生が大きく変わって

いくさまを描いていた、映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』。

 

なんと言っても、そのタイトルが目を惹きますよね?

いったい、この不思議なタイトルにはどのような意味があるのでしょうか?

 

タイトルの「最高の最悪な日」というのは、交通事故の加害者になってしまう

宗方秀一の心理を表しているのではないでしょうか。

 

大手ゼネコン城島建設に勤務し、社長令嬢である白河早苗と婚約という、

エリート街道まっしぐらだったはずの宗方秀一。

 

しかし結婚式の打ち合わせに行く途中、不注意にも事故を起こしてしまう。

そしてこともあろうにその場から逃げてしまい、何の罪もない女性の命を

奪ってしまうという、最悪の展開になってしまいます。

 

宗方秀一にとっては、最高の日になるはずの一日が最悪の日になってしまった、

ということで、これがタイトルの意味だと考えられます。

 

スポンサードリンク

 

【映画】轢き逃げ最高の最悪な日の作品に込められた意図について

水谷豊さんが映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』に込めた意図とは、はたして

どのようなものだったのでしょうか。

 

それは人の心の奥底にあるものを追うという趣旨だったのです。普段は決して

見られない、誰もが抱えている闇のようなものを描き出すということのようです。

 

確かに交通事故の被害者や加害者になってしまったら、誰でもそういった部分は

出てくるのかもしれません。

 

事故を起こしたにもかかわらず被害者を救助することなく、逃げた宗方秀一。

またそれを止めなかった森田輝。そして被害者遺族の時山光央と時山千都子も

人生が壊れてしまいます。

 

人は何か問題が起きた時、どう考え、どう行動するかで、その人の本質が

見えるということを作品を通して語り掛けているのではないでしょうか。

 

またそのことを考えて欲しいという意図が込められているように思います。

脚本・監督を務めた水谷豊さんの人に対する興味を観るものにも感じて欲しい

のではないでしょうか。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

水谷豊さんといえば、『相棒』の杉下右京のイメージが大きいでしょう。

それが今度は捜査をする側ではなく、犯罪被害者の父親役というのも興味深い

ところ。どんな演技を観せてくれるのか注目ですね。

 

公開は、2019年5月10日(金)

公開が待ち遠しいです^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ