アナザーラウンド(映画)のあらすじや結末をネタバレ!マーティン(マッツ・ミケルセン)の最後についても

 

映画『アナザーラウンド』が、2021年9月3日(金)に公開されます。

 

デンマーク、オランダ、スウェーデンの合作ということで、規模の大きなコメディドラマ

映画となっています。それだけにどのような作品なのか?興味深いところ。

 

ということでこの記事では、映画『アナザーラウンド』のあらすじや結末のネタバレ

またマッツ・ミケルセン演じる主人公マーティンの最後についてもまとめました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

アナザーラウンド(映画)のあらすじ

 

冴えない高校教師マーティンは、同僚であるトミー、ピーター、ニコラの3人と食事を

していると突然、虚無感に襲われてしまう。

 

泣き出したマーティンは最近、妻と会話がほとんどなくなり、授業にも身が入らなく

なったと言い、満ちあふれていた希望やエネルギーは全くない。トミー、ピーター、

ニコラもマーティンと同じように人生に物足りなさを感じていた。

 

そんなある日、4人のうちの1人がある理論を持ち出し、実験してみようと提案する。

 

それはノルウェー人の哲学者が提唱した「血中アルコール濃度を一定に保っていると

仕事の効率が良くなり、想像力がみなぎってくる」という理論だった。

 

その理論を証明するために、朝から酒を飲み続け、常に酔った状態を保つと授業が

楽しくなり、マーティン達は生き生きしていく。

 

いつもより上機嫌で自信を持って教えることができ、生徒達との関係も良くなり、

他の3人も同じように手応えを感じていた。

 

当初は血中アルコール濃度を一定に保とうと約束していたのだが、酒の量を少しずつ

増やしていくことにした。しかし気が付くと、アルコール中毒になったマーティン達4人

は酒がなくては過ごせなくなっていくのだった。

 

 

 

アナザーラウンド(映画)の見どころ

 

映画『アナザーラウンド』は、このように、4人の高校教師たちをメインキャラクター

としたコメディ。実験がキッカケとなり、あろうことか、道を踏み外していく様子が

描かれていく。

 

見どころは「血中アルコール濃度を一定に保てば仕事の効率が上がり、想像力がみなぎる」

という理論を証明するために高校教師4人が実験をすること。

 

冴えない高校教師マーティンと同僚3人が朝から酒を飲み続けていくと授業で自信を持って

教えることができ、生徒達との関係も良くなっていくという展開は興味深い。

 

また良い面だけではなく悪い面も描いていることも見どころと言える。

 

酒の力で人生が良くなっていくばかりではなく、次第に飲む量も増え、自分の力では

制御できなくなっていく。酒の持つ良い面と悪い面を交互に描いていき、酒が人にも

たらす作用を目にすることができる。

 

酒との付き合い方を間違えてしまうと後で苦しむことになるという警告的な意味と

人生を良くしていくという二面性をうまく描写しているところが見どころ。

 

そんな映画『アナザーラウンド』は、トマス・ヴィンターベア監督作品。デンマーク、

オランダ、スウェーデンによる合作でアカデミー賞の国際長編映画賞、監督賞、英国

アカデミー賞の非英語作品賞、主演男優賞、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞に

ノミネートされるという、大変高い評価を受けています。

 

また「北欧の至高」と称され『プッシャー』シリーズ、『007 カジノ・ロワイヤル』

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』『偽りなき者』『ドクター・ストレンジ』

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのマッツ・ミケルセンも出演する

ということでその演技に注目です。

 

 

 

アナザーラウンド(映画)結末ネタバレ!

 

映画の結末について調べてみたが、情報が見つかりませんでした。

とういうことで結末がどうなるのかを想像してみます。

 

血液中のアルコール濃度を一定に保つことで仕事の効率が上がり、想像力がみなぎる、

という理論を証明するために冴えない高校教師マーティンと同僚の3人が自ら実験台

になる。

 

朝から酒を飲み始め、授業は大胆かつ自身を持って行えるようになり、生徒達の反応も

良くなっていく。

 

酒の力で毎日が良い方向へと進んでいくマーティン達だったが、次第に飲む量も増え、

自分達では制御できなくなっていく。

 

そんなある日、酒のマイナス面に気付いたマーティン達は、むなしさを感じ、実験を

中止することに決める。そしてマーティンの姿を見た同僚のトミー、ニコラ、ピーター

も実験の中止を決め、お酒を飲まなくなる。

 

冴えない毎日にしてしまったのは自分たちの責任であることに気づき、

酒がなくてもより良い生活ができるよう努力していくことに。

 

またより良く過ごすためには気持ちも持ちようであるということにも気づくのだった。

 

スポンサードリンク

 

 

アナザーラウンド(映画)マーティン(マッツ・ミケルセン)の最後

 

映画『アナザーラウンド』で、マッツ・ミケルセン演じている主人公のマーティンの

最後はどうなるというのでしょうか?

 

こちらも、現段階でははっきりしていません。上述のとおり、重苦しいオチは想像が

できません。したがって3人の教師たちは、実験は失敗するものの、その代わりに何か

大切なことを学ぶとか、教訓めいたオチになると想像できます。

 

ここからは想像です。

 

冴えない高校教師マーティンは妻との会話もほとんどなく、虚無感に襲われていた。

そこで血中アルコール濃度を一定に保つことで仕事の効率が上がり、想像力がみなぎる

という理論を証明するために自ら実験台になる。

 

大胆で自身に満ちた授業をお酒の力でできるようになり、その成功体験によって次第に

飲む量が増えていくがその過程で酒の力を借り、妻とも会話をし、マーティンが何を

考えているのか理解し、また妻も自分の考えを述べ、その結果、お互い理解しあえ

良い関係に戻ることができた。

 

ところがあまりの酒の量に妻が心配し、そして止めるよう説得。

それに従いマーティンは酒を飲まないことにする。

 

飲酒がもたらす良い面と悪い面を知ることで、酒に頼らない生き方をすることに

決めるのだった。

 

 

 

まとめ

さて、ここまで映画『アナザーラウンド』を見てまいりましたが、いかがでしたか?

どういう流れになっていくのかが未知数なゆえ、よりその関心度は高まります。

 

公開は、2021年9月3日(金)

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ