AWAKE(映画)のタイトルの意味とは?山田篤宏の意図やメッセージについても

 

映画『AWAKE』2020年12月25日(金)に公開されます。

 

将棋を題材にした青春ムービーなのですが、これまでに見られた作品とはかなり

異なる内容で棋士を諦めた主人公がコンピュータ将棋のプログラミングに惹かれ

かつてのライバルと戦うことになるという作品。

 

ということで今回は、映画『AWAKE』のタイトルの意味やタイトルに込められた

山田篤宏監督の意図やメッセージについてまとめました。

 

 

映画『AWAKE』予告編

 

スポンサードリンク

 

AWAKE(映画)のあらすじ

 

大学生の清田英一は、棋士になるのが夢でした。日本将棋連盟の棋士養成をする組織

・奨励会で、日々棋士を目指し特訓していました。

 

しかしそんな英一を試練が襲う。浅川陸という同世代のライバルに負けてしまった

ことで、そのあまりの強さと才能に圧倒されプロの道を諦めてしまう。

 

これを受け英一は、普通の大学生に戻る。ところがこれまで将棋しかしてこなった

ため、周囲と打ち解けることが苦手で、なかなか友達もできずにいた。

 

そんなある日、英一はコンピュータ将棋と出会い、自分の理想の将棋を作っていく

プログラミングに傾倒していくことに。英一は早速、人工知能研究会というサークル

を訪れ、そこで磯野達也という変わり者の先輩・磯野から教えを請い、プログラミング

にのめり込んでいくことになる。

 

数年後、英一は目標を成し遂げます。AWAKEというプログラムを開発することに

成功したのでした。またAWAKEは、コンピュータ将棋の大会において、目覚ましい

活躍をみせることになります。

 

そんな中、英一を取り巻く環境に変化が訪れます。

それは棋士と対局する電王戦に出場しないかという依頼が来たのです。

 

英一は、この話に積極的ではありませんでしたが、対局する相手が浅川陸だと判り

揺れ動くことに。

 

 

 

AWAKE(映画)の見どころ

 

見どころはなんと言っても清田英一の苦悩がどのように描かれていくのか?

 

また英一と浅川陸の勝敗の行方はどうなるのか?そして英一の開発したAWAKEが、

どのような活躍を見せていくのかです。

 

しかし見どころは、ストーリー以外にもたくさんありました。

 

まず、映画『AWAKE』で、主人公である清田英一役を演じるのは吉沢亮さんです。

吉沢亮さんといえば、若手を代表するイケメン俳優。しかしルックスだけではなく、

たしかな演技力にも定評があります。

 

これまで映画『リバーズ・エッジ』では同性愛者の山田一郎役。映画『あのコの、

トリコ。』では嫉妬に燃える鈴木頼役。映画『一度死んでみた』では異常に存在感

がない松岡卓役。

 

映画『青くて痛くて脆い』ではコミュニケーションが苦手な田端楓役と外見と

不釣り合いな役どころが多いながらも、これらをしっかり演じ切っています。

 

英一も影のある役どころですが、どのように演じてくれるのか見どころです。

 

また、映画『AWAKE』で監督を務めるのは、山田篤宏監督。本作は長編映画初監督

だといいますから、その演出も見逃せません。

 

機械と人間との頭脳比べ、その勝敗や勝負の過程も見どころと言えるでしょう。

 

 

 

AWAKE(映画)のタイトルの意味とは?

 

では、映画『AWAKE』のタイトルの意味はどのようなものなのか?

 

「AWAKE」には「起こす」「呼び起こす」「目覚めさせる」「自覚させる」

「悟らせる」といった意味がありました。

 

このうちどの意味だったのかは不明ですが、ストーリー的には「目覚めさせる」

「呼び起こす」ではないでしょうか。

 

英一の実力が「AWAKE」を通して「目覚めさせる」「呼び起こす」という意味を

持ち使われたのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

AWAKE(映画)の山田篤宏の意図やメッセージ

 

山田篤宏監督は、このタイトルにどのような意図やメッセージを伝えたかった

のでしょうか。

 

こちらも明らかになってはいませんが、「AWAKE」というタイトル的に、清田英一

の再生を描くことを通して、誰もが彼のようになれるということを訴えたかった

のではないでしょうか。

 

プログラムを開発することは誰にでもできることではありません。したがって、

努力することの大切さ、信念の大切さとかを伝えたかったのではないでしょうか。

 

挫折を通して、誰もが諦めければ道は開けるということだと思います。

 

また何かに興味を持つことの大切さやそして興味を持ったら、すぐに行動を起こす

ことの大切さを伝えたかったのではないでしょうか。

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

映画『AWAKE』は、2015年に実際に行われた将棋の電王戦が元ネタといいますから、

リアリティーも期待できるでしょう。

 

公開は、2020年12月25日(金)

見どころ満載で公開が楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ