AWAKE(映画)のあらすじや結末をネタバレ!将棋の勝敗の行方や英一の最後についても

 

映画『AWAKE』が、2020年12月25日(金)に公開されます。

 

その内容は、2015年に実際に開催された棋士 VS コンピュータの将棋電王戦を基に

山田篤宏監督が書き下ろしたオリジナルストーリー。

 

棋士になる夢を諦めた主人公がAI将棋のプログラミングに惹かれ、かつてのライバル

との再戦を果たす青春ストーリー、また山田篤宏監督は、これが長編デビューで

主人公に吉沢亮を迎えた第1回木下グループ新人監督賞グランプリ受賞作。

 

ということで今回は、映画『AWAKE』のあらすじや結末、また勝敗の行方や主人公

英一の最後はどうなるのか?ネタバレしました。

 

 

映画『AWAKE』予告編

 

スポンサードリンク

 

目次

AWAKE(映画)のあらすじ

 

主人公・清田英一は大学生。かつて日本将棋連盟の奨励会(棋士養成のための組織)

にて修業していた。ところが英一よりもはるかに才能がある浅川陸に完敗し棋士に

なることを断念し学業に専念することとなる。

 

ところが英一は、大学生活がうまくいきません。なぜならこれまで将棋一筋で、

それ以外のことは何もしてこなかったから。急に社交的にもなれず、心を開く

ことができず、友人も出来ずにいた。

 

そんな矢先、英一にある出会いが訪れることになります。それは人間ではなく、

コンピュータ将棋でした。

 

英一は、理想的な将棋を編み出していくプログラミングに夢中になっていく。

 

そして人工知能研究会というサークルを訪れ、磯野達也という変わり者の先輩から

教えを請うことに。

 

こうして英一は、コンピュータ将棋のプログラムを開発していくことに傾倒していく

ことになるのでした。それから数年の歳月を経て英一は、AWAKEというプログラム

を開発。AWAKEは、コンピュータ将棋の大会で活躍することとなったのです。

 

やがて棋士と対局する電王戦への出場を依頼されるが、乗り気ではなかった英一。

 

ところが対局する相手があの陸だということを知り、英一の心に変化が生じ始める

のです。

 

 

 

AWAKE(映画)の結末をネタバレ!

 

さて気になる結末はどうなっていくのでしょうか?

 

映画『AWAKE』は、山田篤宏監督によるオリジナルストーリーということで、原作と

なる小説や漫画などが存在していないため、どのような結末になるのか?はっきり

していませんでした。

 

しかし山田篤宏監督によるオリジナルストーリーといっても、予想不能なストーリー

ではありませんでした。

 

ところが映画『AWAKE』は、山田篤宏監督によるオリジナルストーリーではある

ものの、2015年実際に開催された将棋電王戦FINAL第5局阿久津主税さん

とAWAKEの対決をモチーフにしたものだったからです。

 

つまり映画『AWAKE』は、将棋電王戦FINAL第5局の、阿久津主税さんとAWAKE

の対決をなぞっていく可能性があると言えるからです。

 

そこでこれを前提にしたうえで、映画『AWAKE』における勝敗の行方、そして清田英一

の最後を予想していきたいと思います。

 

 

 

AWAKE(映画)の将棋の勝敗の行方は?

 

将棋電王戦FINAL第5局の、阿久津主税さんとAWAKEの対決では、結論から言うと、

阿久津主税さんが、AWAKEに見事勝利するという結果になりました。

 

因みに、この快挙により阿久津主税さんは、電王戦に勝利した初めてのプロ棋士と

なったのです。これはプロ棋士として偉業であると言えるでしょう。

 

映画『AWAKE』もこのようになるのかは不明ですが、可能性は否定できないと

思います。またこのことは世間で様々な議論が行われる原因にもなりました。

 

その理由については、次でご説明していきますので、ご覧ください。

 

 

スポンサードリンク

 

AWAKE(映画)英一の最後は?

 

将棋電王戦FINAL第5局の阿久津主税さんとAWAKEの対決で、阿久津主税さんが、

AWAKEに勝利したことが、世間で議論される原因になった理由。

 

それはAWAKEの開発者、自らの判断によって投了し、阿久津主税さんの勝利に

繋がったからでした。

 

確かに人間対人間の勝負とは異なり、独特というか、観るものからは納得できない

展開なのかもしれません。

 

このあたりも、映画『AWAKE』で再現されることになるのか否か、非常に興味深い

ところではないでしょうか。

 

 

 

まとめ

映画『AWAKE』は、将棋の世界ではあるものの、人間とコンピュータとの戦いを

描いていくという独特な世界観が見どころと言える。

 

またこれまでに多様な役を演じてきた吉沢亮さんや脇を固める俳優陣がどんな演技

を魅せてくれるのか、興味深い。

 

公開は、2020年12月25日(金)

公開が楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ