ヴァイオレットエヴァ―ガーデン(特別編集版)のあらすじネタバレまとめ!

 

アニメ『ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン特別編集版』が、2021年10月29日

21:00~22:54、『金曜ロードショー』で放送されます。

 

こちらは2018年放送のアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』を構成し直した

という斬新な作品。まだ電話がなく、コミュニケーションには手紙が主流だった時代

を舞台に少女が代筆によって愛を知るというストーリー。

 

また今作はテレビシリーズを、石立太一監督の監修の基、新たに再構成された。

物語の序章にあたる第1話から第3話までと、名作と言われる第7話、第9話、そして、

神回と絶賛された第10話を中心に作品の魅力を濃縮した特別版ということです。

 

ということでこの記事では、第1話、第2話、第3話、第7話、第9話、第10話

あらすじネタバレについてまとめました。

 

 

5分で分かるアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第1回

 

スポンサードリンク

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第1話のあらすじ

 

少女ヴァイオレットは市場でふと立ち止まった。先を行く男・少佐はそれに気づき

足を止める。少女はエメラルドグリーンのブローチに惹きつけられた。

 

「これは少佐の瞳と同じ色。これを見た時、こういうのを何というのでしょう」

と胸を抑えながら言った。少佐はそれを切ない眼差しで見ていた。

 

 

戦争の終戦後、少女ヴァイオレットは、ベッドで目を覚ますと両方の腕は義手に

なっていた。

 

そんなヴァイオレットは、慕っていたギルベルト・ブーゲンビリア少佐をどこにいる

のかと探すが、少佐の親友のクラウディア・ホッジンズは、一向にはぐらかすだけ

で教えてくれない。

 

しかしライデンという港町に移動するようギルベルト少佐は「命令」としてクラウ

ディアに同行するようにとことづけていた。ヴァイオレットは「少佐からもらった

ブローチを失くした」と動揺するが、クラウディアは後で探しておくと告げる。

 

そして二人は、ライデンという港町に移動する。

 

戦後、兵士は必要がなくなり、クラウディアは、C.H郵便社という郵便会社を設立

することになる。

 

そしてヴァイオレットは、ギルベルト少佐からの命令だと聞かされ、エヴァーガー

デン家の養子となることに。ティファニー・ヴァイオレット夫人は優しく迎えてくれた

がヴァイオレットは夫人に「私は息子さんの代わりにはなれません」と告げた。

 

クラウディアは「これがギルベルトの命令だと言うが、どうして少佐はここに私を

置くのですか」と納得いかなかった。

 

少佐の命令に従いエヴァーガーデン家でおとなしくしている様子がなかったので、

クラウディアはヴァイオレットを自身の職場に連れ出した。そしてヴァイオレット

を雇うことにするのだった。ヴァイオレットは配達人として働くことになった。

 

その職場では、依頼者からの思いを文章にする代筆を行う仕事「自動手記人形」

という役職が存在した。そしてそれを行っているのはカトレア・ボードレールと

エリカ・ブラウン、アイリス・カナリーだった。

 

そんなある日、「代筆をしてくれ」と言う男性がやってきた。

カトレアが自動手記人形としての仕事をしているのを見ていたヴァイオレットは、

その中に出てきた「愛してる」という言葉に強く惹かれた。それはギルベルト少佐

がヴァイオレットに遺した言葉でもあった。

 

ヴァイオレット自動手記人形として働けば、その意味が分かるかもしれないと考えた。

そしてクラウディアは彼女の希望通り、働かすことにした。

 

 

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第2話のあらすじ

 

ヴァイオレットは、代筆の仕事で働き始めます。代筆の仕事はタイプライターを使い

行われ、熟練のカトレアにやり方を教わり、義手の設定を変更し打ち始めると物凄い

スピードでのタイピングだった。しかしもう少し静かにとカトレアに言われてしまう。

 

自動手記人形というこの役職は「ドール」とも呼ばれた。そしてカトレアは人気の

ドールだった。

 

ヴァイオレットは、タイプライターを自宅に持ち帰り、ギルベルトに手紙を書き

ましたが、クラウディアはあまり乗り気ではない様子で、出しておくと言うだけ

だった。

 

そんななか、ブリジットという女性客が訪れ、代筆の仕事を依頼した。

「男性に迫られたが、尻軽に思われたくないので気品のあるロマンチックな手紙を」

という希望だった。

 

ヴァイオレットが代筆したが、間もなくブリジットが怒鳴り込んできた。

 

ヴァイオレットが代筆したものは、戦時の報告書のようなものでロマンチックとは

程遠いもので、ブリジットは破局してしまったと泣いてしまう。

 

何が悪いのか分からないヴァイオレットにカトレアは、「言葉には表と裏がある。

人間の弱いところ」と教える。

 

「ドールには向いていないから他の仕事にすればいいんじゃ?」と言うベネディクト

に「愛してるを知るにはドールでないとダメ」とヴァイオレットは答えた。

 

またある日、ヴァイオレットはエリカに「私はドールに向いていませんか」と聞いた。

エリカは「向いていない」と答えた。しかし「愛してる」の言葉を知りたいと、素直

に答えるヴァイオレットにエリカは驚いた。

 

エリカは帰り道にショーウインドウの先の人形と本を見つめていた。タイプライター

の基になったものを開発したオーランド博士の妻モリーが書いた本に心動かされ、

ドールになったのだった。

 

自分もいつか人の心を動かす手紙を書きたいと思っていたがいつの間にか忘れて

いた。しかしヴァイオレットと出会い、それを思い出すことができたと独りつぶやく。

 

ある日クラウディアはヴァイオレットにブローチを渡した。それはヴァイオレットが

戦場で失くしたもので闇市に流れていた。それを買い戻すために今月の給料は

なかった。

 

カトレアはヴァイオレットが自動手記人形の学校に行くことを提案した。

そしてヴァイオレットは学校に通うことになった。

 

 

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第3話のあらすじ

養成学校に通い代筆の腕を磨くことに決めたヴァイオレット。

 

ヴァイオレット同様に若い女性たちが集う教室にやってきた。そして遅れてルクリア

という少女もやってくる。

 

養成学校には、ローダンセという厳しい先生がいました。この学校では「一流の

ドールを作ることが目的だが、私が認めない限り一流とは認めない」と厳しく言った。

 

その後、ヴァイオレットは、タイピングの正確さや速さでは、他の学生たちを圧倒

していった。こうしてヴァイオレットは、評価されるようになり、学校で代筆に

励むこととなった。

 

そしてヴァイオレットは、自身のクラウディア宛の手紙をルクリアに、ルクリアは

逆に両親あての手紙をヴァイオレットに代筆してもらうことになるのでした。

 

ヴァイオレットが書いた手紙をローダンセが見て顔をしかめる。完全に報告書の

ような文体だった。ローダンセは「それで手紙のつもりですか」と言う。

 

ヴァイオレットの手紙には決定的に人間らしさが欠落していた。

 

ルクリアはそんなヴァイオレットを励まし「いい景色を見せてあげる」と言って

ライデンの町の鐘楼へ案内する。そこからはライデンの町が一望できた。

ヴァイオレットは以前、ギルベルトに「ライデンの美しい景色を見てほしい」と

言われたことを思い出していた。

 

そしてルクリアと共に帰宅する途中、ルクリアの兄のスペンサーが飲んで酔っ

払っているところをヴァイオレットは目撃するのだった。

 

おる日、ルクリアがヴァイオレットが学校に来るのを待っていた。

ルクリアはヴァイオレットがい常に「少佐からの手紙はまだですか」と加えていた

のが気になっていて、本当に手紙を出したい相手は少佐ではないのか?と

推測し、「その少佐に手紙を書いたら」と勧めたが、言葉が出てこなかった。

 

そしてルクリアも自分の両親が死んだことや兄だけが残った家族だったが、何を

話して良いのか分からないことを話した。

 

兄スペンサーは兵士だったが安全な場所に配属された。しかしヘルネという町に

戦線が拡大。そして両親だけが死んでしまう。スペンサーは自分のせいで両親が

死んだと今も責め続けている。ルクリアは兄が生きていてくれただけでも嬉しいと

泣き始めた。

 

ヴァイオレットはスペンサーに手紙を出そうと提案するが、ルクリアもまた言葉が

出てこないと告げるのだった。

 

ルクリアを見送ったヴァイオレットは早速スペンサーに手紙を書いてみた。そして

酒を飲のみ喧嘩をし、鐘楼の下で寝転がっていたスペンサーの元にヴァイオレット

が現れ、自分が代筆した手紙を渡した。

「お兄ちゃん。生きていてくれて嬉しいの。ありがとう」という簡潔な内容だったが

それを読んだスペンサーは涙を流すのだった。

 

 

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第7話のあらすじ

 

ヴァイオレットは職場でエリカから自身が感激した劇の鑑賞を勧められた。

ヴァイオレットはその作品の台詞「私はこの罪を背負っていかねばならない。

この先一生」という台詞を呟いていた。

 

一方、代筆の仕事は、ヴァイオレットへの指名が増えていた。しかしカトレアは、

「最近ヴァイオレットは何か考え込んでいる」とヴァイオレットのことを案じ、

クラウディアに話していた。

 

さてヴァイオレットは、新たな仕事のため、作家のオスカー・ウェブスターに会う

ことになります。ところがオスカーは大酒飲みで、掃除や買い出し、料理など他の

仕事までさせるのだった。

 

ヴァイオレットがオスカーの代筆を行い執筆作業は行われた。オスカーが執筆して

いるのは子供向けの劇の脚本でヴァイオレットは代筆しながら作品の主人公

オリビアに感情移入し楽しんでいた。

 

そんなある日、ヴァイオレットは青い笠を見つける。それは亡くなったオスカーの娘

のものだった。オスカーは娘のオリビアの話をし始める。妻を亡くした後、オスカー

はオリビアと共に今の家へと越した。しかしオリビアは病気に罹り、死んでしまった。

 

それを聞いたヴァイオレットは涙を流した。

 

 

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第9話のあらすじ

 

重傷を負ったギルベルト少佐は敵の攻撃を受け、そしてヴァイオレットも銃弾を

受け、さらに爆発でヴァイオレットの腕も吹き飛んでしまう。爆撃に巻き込まれ

そうな二人だったがギルベルトはヴァイオレットを突き飛ばした。

 

その現場に来て瓦礫を片付けてギルベルトを探しているヴァイオレット。

それを迎えに来たクラウディアが説得してヴァイオレットを連れ戻そうとする。

 

戻る道中で道が封鎖されていた。和平反対派の制圧がありクラウディアは車が

通るルートを変更することに。

 

郵便局では同僚たちがヴァイオレットを心配していた。カトレアが部屋に閉じこも

っているヴァイオレットを心配し話をすると「燃えている」のだとヴァイオレットが

言った。

 

その言葉を教えたのがクラウディアだと知るとカトレアはクラウディアを責めた。

しかしクラウディアは「過去は消せない」と告げた。

 

エリカとアイリスもヴァイオレットがドールをやめるのではないかと心配していたが、

そこへ仕事の依頼が。それはルクリアの兄のスペンサーからだった。

 

そんなある日、ヴァイオレットにアイリスとエリカからの手紙が配達される。それは

ヴァイオレットを労い、心配する内容だった。そしてスペンサーがヴァイオレットを

指名したものだった。

 

これを読んでまた依頼を受けるためヴァイオレットはドールの仕事に戻った。

職場に向かう道でヴァイオレットの花を見つけ、以前ギルベルトの言葉の

「その名にふさわしい人間になるんだ」という言葉を思い出していた。

 

スポンサードリンク

 

 

アニメ『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』の第10話のあらすじ

 

ヴァイオレットは、アンという少女の病気の母親のクラーラの代筆を務めることに

なった。ところがヴァイオレットが仕事を始めようとするとクラーラの体調が悪化

してしまう。

 

翌日、ヴァイオレットは代筆を再開し、クラーラはヴァイオレットの文章を見て

泣いてしまい、その様子を見たアンは関心を抱き始めるのでした。

 

アンは、ヴァイオレットに手紙の内容を訊きますが、ヴァイオレットから、内容は

言えないと言い返されてしまう。

 

クラーラの具合は日に日に悪くなり、母親が死んでしまうことに気付いていたアン

は「手紙など書かないで一緒に居て」と言い家を飛び出してしまう。

 

ヴァイオレットはアンを追っていき慰めた。「どうしようもないことだ」と言うが

アンは泣きじゃくっていた。

 

やがて時が経ち、クラーラは亡くなった。

 

8才の誕生日になった時にクラーラからの手紙が家に届いた。それからアンの誕生日

が来るたびにクラーラからの手紙が届いた。ヴァイオレットに代筆してもらっていたのは

未来のアンに向けてのものだった。アンが20才になった時、アンにも子供が出来たが

クラーラからの手紙は届いていた。

 

 

 

まとめ

今回は『ヴァイオレットエヴァ―ガーデン』特別編集版が放送されるということで

第1話、第3話、第7話、第9話、第10話のあらすじネタバレについてまとめました。

 

独特な世界観と美しい映像美で描かれるラブストーリーが興味深い。

 

放送は、2021年10月29日、21:00~22:54『金曜ロードショー』で。

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ