【映画】タロウのバカのキャストと役どころ!YOSHIを配役した理由を考察

 

映画『タロウのバカ』が、2019年9月6日(金)に公開されます。

タイトルからして印象的なこの作品は、内容も興味深くて見逃せない作品です。

 

ということで今回は、そんな映画『タロウのバカ』のキャストや役どころ

また主人公のタロウ役にYOSHIさんが配役された理由について考察しました。

 

映画『タロウのバカ』特報

 

スポンサードリンク

 

【映画】タロウのバカの出演者キャスト一覧と役どころ

タロウ(YOSHI)

役名:タロウ

演者:YOSHI

 

タロウは、これまで戸籍なしで、学校にも通わないで生きてきたという少年。

エージやスギオと出会って、毎日に変化が訪れます。

 

YOSHIさんは、2003年2月26日、広島県出身の16歳。本業はモデル。

これまでにオフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)

やヘルムート ラング(HELMUT LANG)といったブランドのモデルに起用される。

俳優経験は、今回が初めて。

 

 

エージ(菅田将暉)

役名:エージ

演者:菅田将暉

エージは、タロウの友人である高校生。

 

菅田将暉さんは、1993年2月21日、大阪府出身の26歳。

映画では『暗殺教室』『銀魂』『生きているだけで、愛』『アルキメデスの大戦』など。

ドラマでは『民王』『3年A組-今から皆さんは、人質です-』などに出演。

 

 

スギオ(太賀)

役名:スギオ

演者:太賀

タロウの友人である高校生。

 

太賀さんは、1993年2月7日、東京都出身の26歳。

映画では『50回目のファーストキス』『町田くんの世界』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』、

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』などに出演してきました。

 

 

吉岡(奥野瑛太)

役名:吉岡

演者:奥野瑛太

 

タロウたちと対峙する半グレ集団のリーダー。

 

奥野瑛太さんは、1986年2月10日、北海道出身の33歳。

映画では『友罪』『凪待ち』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『おんな城主直虎』『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』

などに出演してきました。

 

 

洋子(植田紗々)

役名:洋子

演者:植田紗々

 

エージ、スギオと同じ高校に通う。

援助交際を繰り返している。

 

植田紗々さんは、1996年9月12日、東京都出身の22歳。

本業はタレントでYOSHIさん同様、これが初の演技となります。

 

 

恵子(豊田エリー)

役名:恵子

演者:豊田エリー

 

恵子は、タロウの母親で育児放棄している。

 

豊田エリーさんは、1989年1月14日、東京都出身の30歳。

映画では『銀色のシーズン』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』など。

ドラマでは、『アオイホノオ』『貴族探偵』などに出演してきました。

 

劇中では、YOSHIさん演じるタロウと親子ですが、実際の年齢差は14歳。

どの演じてくれるのか、楽しみですね。

 

 

小田(國村隼)

役名:小田

演者:國村隼

 

元ヤクザ。吉岡と裏ビジネスをしている。

 

國村隼さんは、1955年11月16日、熊本県出身の63歳。

映画では、『アウトレイジ』『ちはやふる』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『平清盛』『SUITS/スーツ』などに出演してきました。

 

 

ベテランから若手までこれだけ豪華な俳優陣でバランスが取れていて、期待度&注目度

は自然と高まります。しかも映画『タロウのバカ』は、『セトウツミ』や『日日是好日

といった映画で知られている大森立嗣監督作品ですから、期待せずにはいられません。

 

スポンサードリンク

 

【映画】タロウのバカのタロウ役にYOSHIを配役した理由について考察

 

キャスティングを見るだけでも、映画『タロウのバカ』への関心はさらに増してきます。

 

さてそんな中、主人公のタロウ役にYOSHIさんが配役されたことが話題となっています。

菅田将暉さん、太賀さんなどが脇を固める中、演技未経験のYOSHIさんがなぜ主役に?

ということみたいです。当然と言えば当然ですね。菅田将暉さんや太賀さんなら分かります

が、人気俳優が脇役で映画初出演のモデルが主演ですからね。

もちろん、これは適当な人選ではありません。

 

大森立嗣監督のオーディションを見事、潜り抜けたのがYOSHIさんだったのです。

とはいえ、それでも奇抜な感はぬぐえませんが、実はこういった斬新な人選は、

これまでにも見られました。

 

映画『町田くんの世界』で、ダブル主人公の町田一役に細田佳央太さん、猪原奈々役に

関水渚さんがそれぞれ選ばれたのもそうでした。

 

確かに映画『タロウのバカ』も『町田くんの世界』も、いずれもあっと言わせる配役

でしたが、こうすることにより新人俳優がブレイクすることもあり得ますから、

おかしなことでもありません。

 

タロウの場合、その特殊なキャラを考えても、経験ゼロの人物にしたことで

かえってプラスに働くのかもしれません。

 

大森立嗣監督が考える主人公タロウの人物像とYOSHIさんがピッタリだったのでしょうし

その初々しさが今作品には必要だったのかもしれません。またそこが大森立嗣監督の狙い

なのかもしれません。そしてこの配役が見どころとなりましたね。

 

こちらも合わせてご覧ください。

MEDIA CITY
MEDIA CITY
https://hmayshop.com/archives/6569
気になるニュースと独断と偏見で選んだ素敵な一曲を・・・。

 

 

 

まとめ

ふつうの少年とは異なった生き方をしてきたタロウと、彼と親しくなるエージとスギオ。

それぞれ、どのような運命を辿って行くというのか?気になります!

やはり異例の抜擢といえるYOSHIさんの演技にも注目です。

 

公開は、2019年9月6日(金)

見どころ満載で公開が楽しみですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ