【映画】凪待ち見どころとあらすじ内容まとめ!タイトル・題名の意味や意図についても

【映画】凪待ち2019年6月28日(金)に公開されます。

とてもシンプルなタイトルですが、どういう意図でこのタイトルになったのか?

気になります。

 

ジャンルはサスペンスのようですが、さてそのあらすじや見どころ

はどうなっているのかまとめてみました。

 

映画『凪待ち』予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】凪待ちのあらすじ(内容)

これまで本当にどうしようもない生活を送ってきた木野本郁男は、

それまではまっていたギャンブルもスッパリやめて、彼女の亜弓そしてその娘

である美波と共に亜弓の地元である宮城県石巻市に移住し再出発を誓います。

 

しかし亜弓の父親である勝美は末期がんと闘病していました。

そんな勝美の面倒を見ていたのが人情味のある小野寺でした。

 

やがて木野本郁男は、小野寺と飲みに行ったところ、亜弓の元旦那である村上と

鉢合わせ。木野本郁男は就職し、亜弓も美容院を始めて、ようやくみんなの人生が

開けてきたかに思えた矢先。美波が家出するという事件が発生。

 

おまけに木野本郁男は、亜弓とケンカしてしまい溝が生じることに。

ところがその後、信じられないことにその亜弓は変わり果てた姿となって見つかって

しまうのでした。なんと亜弓は殺人事件に巻き込まれてしまったのです。

 

しかし不幸は続いていき、木野本郁男は仕事をクビにされてしまい、

せっかく立ち直ったというのに、またしても不安定になっていくのでした。

 

冒頭でもお伝えしたとおり、映画『凪待ち』は、シンプルなタイトルとは逆に

暗く深い闇のような物語のようです。しかしそれだけに、結末がどうなるのか

興味深いところでもあります。

 

 

【映画】凪待ちの見どころ

【映画】凪待ちは、白石和彌監督作品。原作となる小説、コミックはなく、

オリジナル脚本です。

 

白石和彌監督といえば、これまでに多々、サスペンス系の作品を手掛けてきたことで

知られています。『凶悪』『彼女がその名を知らない鳥たち』『孤狼の血』などと

いった作品で活躍。2019年4月5日公開、斎藤工さん主演の『麻雀放浪記2020』でも

注目されました。

 

そんな映画『凪待ち』は、キャストも豪華。

主人公の木野本郁男役は香取慎吾さんが演じます。SMAPのメンバーだった

イメージが大きい香取慎吾さんではありますが、俳優としても30年のキャリアを

誇っています。

 

これまでに映画では、『西遊記』『座頭市 THE LAST』『ギャラクシー街道』など

ドラマでは、NHK大河ドラマ『新選組!』『幽かな彼女』『家族ノカタチ』などに

出演しています。

 

香取慎吾さんといえば、直近の映画出演作である『クソ野郎と美しき世界』も

話題ですから、楽しみですね。映画『凪待ち』での演技にも注目です!

 

ほかにも亜弓役は西田尚美さん、美波役は恒松祐里さん、勝美役は吉澤健さん、

小野寺役はリリー・フランキーさん、村上役は音尾琢真さんが脇を固めます。

 

このあらすじと監督、キャストであれば、平成から令和に替わって早々、

相当な問題作となりそうな予感がします。

 

スポンサードリンク

 

【映画】凪待ちのタイトルに込められた意図とは?

映画『凪待ち』のタイトルについても調べてみました。

果たしてタイトルに込められた意図とは、どのようなものだったのでしょう?

 

とても気になるところですが、これについては香取慎吾さんが語っていました。

凪待ち」とは、「心の動揺が落ち着くのを待つ」ということのようです。

 

すでにあらすじで述べましたように、木野本郁男は、亜弓や美波と共に人生を

やり直そうとするものの、亜弓を殺され、仕事も失い、どん底に陥ってしまいます。

つまり「凪」というのは、自然のほうではなく、人間心理の比喩でした。

 

映画『凪待ち』は、喪失と再生がテーマだといいますから、ただのサスペンスと

いうわけではなく、木野本郁男の心の動揺が落ち着き、成長していく姿を

描いていくと思われます。

 

 

まとめ

映画『凪待ち』は、奥深いストーリーのようです。

それにしても、このような物語で「凪待ち」というタイトルを選んだのも

興味深いところです。

 

香取慎吾さんをはじめとする俳優陣たちの演技が気になります。

 

公開は、2019年6月28日(金)

どのような結末を迎えることになるのか、見逃せませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ