【映画】アドアストラのタイトルの意味とは?ジェームズ・グレイの意図とメッセージについても

映画『アド・アストラ』が、2019年9月20日(金)に公開されます。

はたして、どのような内容なのか?気になります。しかしなんといっても、

惹きつけられるのは、この変わったタイトルではないでしょうか。

 

ということで今回は、映画『アド・アストラ』のタイトルの意味やジェームズ・グレイ

監督がタイトルに込めた意図とメッセージは何だったのか?まとめてみました。

 

映画『アド・アストラ』予告編 9月20日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】アドアストラのあらすじ

映画『アド・アストラ』は、ジェームズ・グレイ監督作品。

ジャンルは、SFであると同時にサスペンスという、かなり面白そうな内容。

 

しかも、主人公が宇宙を舞台に活躍していくという、壮大なストーリーになっています。

主人公であるロイ・マクブライドは、宇宙飛行士であり、宇宙工学のエンジニアと

しても働いています。ところがロイは、自閉症でした。

 

そしてロイの父親も宇宙飛行士をしていたのですが20年前に知的生命体を調べようと

冥王星に行った後、行方が分からなくなっていました。

 

ところが父親はまだ生きているということを知らされます。そして父親はすべての生命

が滅びるようなとても危険な物質にかかわる実験に参加していたということも知らされ

ます。父親が関わっていた実験とは?またそこで何が起こったのか?

上官から調査するよう命じられます。

 

さて父親が行方不明になってから20年もの歳月を経て、今度は自身が宇宙空間に旅立つ

ロイ。そこで彼を待ち受けているものは何か?

 

あらすじを見る限りでは映画『アド・アストラ』は、SFやサスペンスというだけではなく

父親と息子の人間ドラマという側面もありそうですね。

 

ロイが無事に父親と再会することができるのか?

父親はどんなことに関わっていたというのか?

 

気になるところ満載で、ますます関心は高まっていきますね。

 

 

【映画】アドアストラのタイトルの意味とは?

とても魅力的で興味を惹かれる内容の映画『アド・アストラ』。

しかしまず気になるのが「アド・アストラ」というタイトルではないでしょうか?

 

いったいこのタイトルにどのような意味があるのか?

「アド」は前置詞で、「~へ」という意味があります。一方「アストラ」には「天」

という意味がありました。つまり「アド・アストラ」には「天へ」という意味が

あります。またラテン語では、「星へ向かって」という意味です。

 

先にお話しましたが、映画『アド・アストラ』は宇宙飛行士であるロイ・マクブライドが

父親を捜し出すために宇宙へ飛び立つというストーリーです。

 

それだけに「星へ向かって」という意味なので、自然なタイトルだといえるのでは

ないでしょうか?日本語で「宇宙へ」とかだったら、あまりにも普通すぎて、

タイトルとしては、インパクトに欠けると思います。

 

この「アド・アストラ」という、タイトルだからこそ興味を唆られるのですね。

 

スポンサードリンク

 

【映画】アドアストラのタイトルに込められたジェームズ・グレイの意図とメッセージとは?

映画『アド・アストラ』でメガホンをとるのは、ジェームズ・グレイ監督。

ジェームズ・グレイ監督はこれまでに『リトル・オデッサ』『裏切り者』『アンダー

カヴァー』『トゥー・ラバーズ』といった作品で活躍しています。ヴェネツィア国際

映画祭銀獅子賞を受賞するなど国際的に評価されていました。

 

映画『アド・アストラ』のタイトルに、ジェームズ・グレイ監督が込めた意図や

メッセージとは、どのようなものだったのでしょうか?

 

はっきりしたことは分かりませんが、おそらくジェームズ・グレイ監督は

「星へ向かって」という意味のタイトルをつけるにあたって、ロイ・マクブライドの

父親捜しをかなり意識したのではないでしょうか。

 

またラテン語の格言で「Per aspera ad astra.(ペル・アスペラ・アド・アストラ)」

というのがあり、

per(ペル)は対格を支配する前置詞で、「を通って」「貫いて」「を通じて」を

意味します。aspera は、「困難な」を意味する第1・第2変化形容詞 asper,-era,

-erumの中性・複数・対格です。ここでは中性名詞としての意味を持ち、「困難」

を意味します。perとあわせて「困難を通じて」と訳します。ad は対格を支配す

る前置詞で「<対格>の方へ」の意味を持ちます。astra は「天、星座」を意味

する第2変化名詞 astrum,-i n. の複数・対格です。ad とあわせて「天へ」とな

ります。全体をまとめると、「困難を通じて天へ」と訳せます。「困難を克服し

て栄光を獲得する」という意味、あるいは「困難を乗り越えて星のように輝く」

と意味で解釈可能です。音の響きが美しいです。

引用元:山下太郎のラテン語入門

 

この格言から「困難を克服して栄光を獲得する」「困難を乗り越えて星のように輝く」

この作品を通してこのようなメッセージを伝えたかったのではないかと推測されます。

 

映画『アド・アストラ』においては、単なる宇宙飛行だけではなくロイ・マクブライド

と父親とのドラマもたくさん描かれていくことでしょう。

 

ジェームズ・グレイ監督は脚本も兼ねていますので、そのストーリー展開における手腕

に期待していきたいですね。

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

宇宙を舞台にした映画は、これまで毎年たくさん公開されてきました。

しかし、映画『アド・アストラ』は、ふつうのSF映画とは少し趣が違う感じがしますので

見逃すわけにはいきません。

 

公開は、2019年9月20日(金)

さてどのような結末を迎えるのか公開が楽しみですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ