【映画】運び屋の出演者俳優キャスト一覧と役どころ!見どころや内容あらすじまとめ

どうやら、2019年も前半から、映画は話題が絶えない感じになりそうです。

今回は、3月8日(金)公開される映画『運び屋』を取り上げますが、

これがとんでもない話題作だったのです。

 

あの巨匠が主演&監督という、大注目の作品でした!

肝心のストーリーもサスペンス色が強く、早くも要チェックと言えそうです。

 

ということで気になるあらすじ、見どころ、キャスト、役どころをまとめました!

映画『運び屋』特報2【HD】2019年3月8日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】運び屋の内容(あらすじ)

映画『運び屋』のあらすじは、まだ概要しか分かっておりませんので、

その範囲内でお伝えします。

 

孤独な老人のアール・ストーンは、ビジネスで挫折してしまって、

自宅を失ってしまうという、絶体絶命のピンチに陥りました。

 

そんななか、アール・ストーンに、あるビジネスの話が舞い込んで来ました。

 

それは、車を運転するだけという、一見、誰であっても手軽にできそうな

内容の話だったのです。そこで、どうしてもお金が欲しかったため、

この話に飛びついてしまった、アール・ストーン。

 

が、実は、それにはとんでもないような裏がありました。

 

アール・ストーンが運転する車の中には、あってはならないものがあったのです。

 

それは・・・なんと!麻薬。

しかも、よりによって、メキシコの麻薬密売組織の麻薬でした。

こうして、アール・ストーンは、いきなり麻薬の運び屋になってしまう!

 

はたして、アール・ストーンの運命は、どうなってしまうのでしょうか…?

 

 

【映画】運び屋の見どころ

映画『運び屋』には、原作となる小説やコミックのようなものはありません。

しかし、その代りに原案として、ある記事が存在していました。

 

その記事はニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載されたもので

実際にレオ・シャープという90歳間近にもなる老人が麻薬の運び屋を

10年もやったあげくに逮捕された、というものだったのです。

 

なかなかなインパクトのある記事ではありますが、これだけで映画化とは、

なんともスケールが大きいというか、目のつけどころが凄いですね^^

 

しかし、スケールがすごいのは、この元ネタだけというわけではなく、

キャストやスタッフに関しても同じでした!

 

なんと!主演兼監督は、あの俳優としても映画監督としても世界的に有名な、

クリント・イーストウッドだったのでした。

 

クリント・イーストウッドさんは、長年にわたって多数の映画を監督してきましたが、

自身が主演と監督を兼ねるのは、なんと、2008年の映画『グラン・トリノ』以来、

11年ぶり。それだけに、クリント・イーストウッドさんのファンにとっては、

待ちに待った大作といえるでしょう。

 

 

【映画】運び屋の出演者俳優一覧と役どころ

アール・ストーン(クリント・イーストウッド)

役名:アール・ストーン

演者:クリント・イーストウッド

生年月日:1930年5月31日 (88歳)

出身地:サンフランシスコ

 

『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』といった西部劇映画で

人気俳優としての地位を確立。その後、『ダーティハリー』シリーズなど、

俳優として数々の名作に出演していきます。

 

一方、映画監督としても、『マディソン郡の橋』、『ミリオンダラー・ベイビー』

『父親たちの星条旗』、『硫黄島からの手紙』など、傑作を輩出することに。

 

受賞歴も、アカデミー賞監督賞、ゴールデングローブ賞監督賞、

カンヌ国際映画祭パルム・ドール名誉賞など、すばらしいものとなっていました。

 

そんなクリント・イーストウッドさん演じるアール・ストーンは、90歳を迎えている

先の短い老人です。とても孤独な男で財産もまったくありません。

 

そんな男が、車を運転する仕事だといわれて、これを引き受けたところ、

麻薬の運び屋になってしまうことに。

 

高齢者であるにもかかわらず、人生が一転することになってしまった

彼の行方に注目です。

 

 

アリソン・イーストウッド

役名:

演者:アリソン・イーストウッド

生年月日:1972年5月22日 (46歳)

出身地:アメリカ/カーメル・バイ・ザ・シー

 

アール・ストーンの娘。

 

 

コリン・ベイツ(ブラッドリー・クーパー)

役名:コリン・ベイツ

演者:ブラッドリー・クーパー

生年月日:1975年1月5日 (43歳)

出身地:アメリカ・フィラデルフィア

 

 

ローレンス・フィッシュバーン

役名:

演者:ローレンス・フィッシュバーン

生年月日:1961年7月30日 (57歳)

出身地:アメリカ・オーガスタ

 

 

マイケル・ペーニャ

役名:

演者:マイケル・ペーニャ

生年月日:1976年1月13日 (42歳)

出身地:アメリカ・シカゴ

 

 

ダイアン・ウィースト

役名:

演者:ダイアン・ウィースト

生年月日:1948年3月28日 (70歳)

出身地:アメリカ・カンザスシティ

 

 

アンディ・ガルシア

役名:

演者:アンディ・ガルシア

生年月日:1956年4月12日 (62歳)

出身地:キューバ・ハバナ

 

 

タイッサ・ファーミガ

役名:

演者:タイッサ・ファーミガ

生年月日:1994年8月17日 (24歳)

出身地:アメリカ・ニュージャージー

 

 

※現在のところ情報が少ない状況です。

詳細等、分かり次第、追記します。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

興味深い話であるとともに、とても怖い話でもある、映画『運び屋』。

しかし、作り話などではなくて、実話が元ネタであるというところが、

衝撃的ですね。

 

そしてキャリアを重ねてきたクリント・イーストウッドが、主人公をどう演じ、

映画をどう演出していくのか、ラストまで目が離せません。

 

公開は、2019年3月8日(金)。

 

公開が待ち遠しいです^^

 

 

最後までありがとうございました!

ゆうすけ

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ