ジェントルメン(映画)のあらすじや結末ネタバレ!ミッキー(マシュー・マコノヒー)の最後も

 

映画『ジェントルメン』が、2021年5月7日(金)に公開されます。

 

アメリカ・イギリス合作映画で2019年に公開されたアクション作品。この度、満を

持して本邦初公開となる。

 

タイトルとは打って変わりマフィアもので、ロンドンを舞台に裏社会で大麻王として

君臨したミッキー・ピアソンを描いた内容となっている。

 

ということで映画『ジェントルメン』のあらすじや結末、またマシュー・マコノヒー

演じるミッキー・ピアソンの最後についてもまとめました。

 

 

映画『ジェントルメン』予告編|5.7[Fri] 全国公開

 

スポンサードリンク

 

ジェントルメン(映画)のあらすじ

 

物語の舞台はロンドンの暗黒街。

その暗黒街に激震が走る。

 

一代で麻薬ビジネスで巨万の富を手にしていたアメリカ人の「マリファナ・キング」

ことミッキー・ピアソンが裏社会に嫌気がさし、妻や家族と平穏に暮らしたいと、

500億円相当する大麻ビジネスをアメリカの富豪マシュー・バーガー売却し引退する

ことを決意。そしてその噂が流れた。

 

ミッキーはアメリカの貧しい家庭で生まれ育った。頭脳明晰だったミッキーは奨学金を

得てオックスフォード大学に進んだ。

 

在学中ミッキーは、裕福な家庭の学生達にマリファナを売るビジネスを始めるが、

ビジネスにのめり込んだミッキーは、大学を中退し、彼は裏社会でのし上がり、

わずか一代で巨大な大麻王国を築き上げる。

 

そんな中、タブロイドの編集者ビッグ・デイヴは、とあるパーティーでミッキーと

出会う。しかしパーティーでのミッキーの態度に腹を立てたビッグ・デイヴは、彼と

プレスフィールド卿(イギリス公爵)との関係とその娘のヘロイン中毒について

調べることに。

 

そして探偵のフレッチャーから得た情報を元にミッキーの右腕レイモンド・スミス

(チャーリー・ハナム)にその情報を高額で売りつけようとした。

 

またその後、ミッキーは、トドラーズという集団に大麻を栽培していた施設を襲われて

しまう。その結果、マリファナは彼らによって奪われてしまいますが、彼らはミッキー

からの報復に怯えることに。

 

と莫大な利権を手にするべく、ゲスな私立探偵、チャイニーズマフィアにロシアン

マフィアなど、ミッキーの麻薬ビジネスをめぐり、スリリングな駆け引きが展開していく。

 

 

 

ジェントルメン(映画)の見どころ

 

映画『ジェントルメン』は、このように、イギリスのロンドンの裏社会で大麻王

として君臨したミッキー・ピアソンを描いたマフィア系のクライムものでした。

 

見どころはなんと言っても大麻王国を一代で築き上げた男ミッキーを演じる俳優

マシュー・マコノヒーの演技。

 

作家ジョン・グリシャムのベストセラー小説を原作にした1996年の映画『評決のとき』

では娘を強姦した白人青年を射殺した黒人の父親の弁護士を演じ「第2のポール・

ニューマン」と絶賛された。

 

スティーブン・スピルバーグ監督による1997年の映画『アミスタッド』では、奴隷と

して捕らえられた黒人青年の弁護士役を演じ名優モーガン・フリーマン、アンソニー

・ホプキンスと共演し、堂々たる演技を披露した。

 

ロバート・ゼメキス監督による1997年の映画『コンタクト』では政府の宗教顧問を演じ、

オスカー女優ジョディ・フォスターと共演。2013年の映画『ダラス・バイヤーズクラブ』

では実在のエイズ患者役を演じ、アカデミー主演男優賞を受賞した。役作りのために

約21キロもの減量を行っての演技は見事。

 

映画『インターステラー』では宇宙へと旅立つ元エンジニアで父親役を演じ、映画

『レ・ミゼラブル』でアカデミー助演女優賞を受賞したアン・ハサウェイと共演。

 

弁護士、元エンジニア、エイズ患者、軍人、アウトローを演じてきたが

『ジェントルメン』では大麻王国を築いた男を演じている。

 

紳士の顔の裏に隠された凶悪な面が見え隠れする演技を見せるのか、それともコミカル

な演技を見せるのか注目。

 

そしてミッキー・ピアソン(マシュー・マコノヒー)の脇を固めるのが、レイモンド

・スミス役がチャーリー・ハナム、ドライ・アイ役がヘンリー・ゴールディング、

ロザリンド・ピアソン役がミシェル・ドッカリー、マシュー・バーガー役がジェレミー

・ストロング、コーチ役がコリン・ファレル、フレッチャー役がヒュー・グラント

 

ビッグ・デイヴ役がエディ・マーサン、バニー役がチディ・アジュフォ、フック役が

ジェイソン・ウォン、ルビー役がブリタニー・アシュワース、プレスフィールド卿役

がサミュエル・ウェスト、ローラ・プレスフィールド役がエリオット・サムナー、

 

ジャッキー役がリン・レネー、プライムタイム役がクリス・エヴァンゲロー、ベニー役

がフランツ・ドラメー、アーニー役がバグジー・マローン、ジョージ卿役がトム・ウー、

アスラン役がダニー・グリフィス。と豪華俳優陣が勢揃い。どのような演技を魅せて

くれるのかも見どころです。

 

また映画『ジェントルメン』は、ガイ・リッチー監督作品。これまでに『スウェプト

・アウェイ』『リボルバー』『シャーロック・ホームズ』『コードネーム U.N.C.L.E.』

『キング・アーサー』『アラジン』といった作品で監督を務めた。

 

映画『ジェントルメン』は、マフィアものでもあるがコメディ作品ということで

ジョークやニヤリとさせられる小ネタが満載ということで、どのように仕上がっている

のかも見どころ。

 

 

 

ジェントルメン(映画)の結末ネタバレ

 

ミッキーの元にプレスフィールド卿から、ローラ・プレスフィールドを薬物仲間から

切り離して欲しいという依頼が来る。

 

ミッキーから指示を受け、レイモンド・スミスが動きますが、薬物仲間とトラブルに

なり相手は死んでしまいました。さらにあろうことか、ローラも死んでしまうのです。

 

その後、トドラーズ側がレイモンドに大麻を栽培していた施設を襲撃したことを詫び、

仕事を引き受けたいと言い出した。

 

 

 

ジェントルメン(映画)ミッキー(マシュー・マコノヒー)の最後

 

ミッキーは、ジョージ卿から恨みを買ってしまうハメに。

 

ジョージ卿は、ミッキーに復讐するために、彼が保有しているヘロイン工場を襲撃する

という暴挙に出てしまった。

 

ところがその後、ジョージ卿は殺されてしまう。

 

やがてこうしたイザコザが起こったため、ミッキーのビジネスは、利害をめぐって

複雑なものになっていくのです。

 

 

 

まとめ

騙し騙されの頭脳戦を制し、総額500億円の利権を手にするのは誰なのか?

気になるところ満載。

 

公開は、2021年5月7日(金)

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ