【映画】バンブルビーのタイトルの意味と由来は?ビートルからカマロに変わった理由についても

2019年3月22日(金)【映画】バンブルビーが公開されます。

10年以上も続く映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作ですから、

楽しみですね。

 

ところで「バンブルビー」とは変わったタイトルですが、この意味とは

何でしょうか?また「バンブルビー」の名前の由来、そしてビートルから

カマロに変わった理由についてまとめてみました。

 

『バンブルビー』日本版予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】バンブルビーのタイトルの意味とは?

映画『トランスフォーマー』シリーズを時系列で見ると

2007年の『トランスフォーマー』によってスタート。

2009年の『トランスフォーマー/リベンジ』、

2011年の『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』、

2014年の『トランスフォーマー/ロストエイジ』、

2017年の『トランスフォーマー/最後の騎士王』と続いてきました。

そして今回の【映画】バンブルビーで12年6作目となります。

 

さて、気になる映画『バンブルビー』の変わったタイトルには、どんな意味が

あるのでしょうか?

 

それを知るためには、まず、映画『トランスフォーマー』シリーズ、

そして『バンブルビー』のあらすじを簡単に理解する必要があります。

 

映画『トランスフォーマー』シリーズは、惑星サイバトロンが舞台となります。

惑星サイバトロンでは、トランスフォーマーという生命体が暮らしていました。

彼らはその体が金属でできていたのです。

 

そんな中、惑星サイバトロンの平和は崩れ去ります。

オートボットとディセプティコンによる戦いが始まったからでした。

 

やがてその戦いの影響は惑星サイバトロンを衰退させ、オートボットと

ディセプティコンは、戦いの場を宇宙へと移していくことに。

 

その最新作である【映画】バンブルビーは、オートボットの一員だった

バンブルビーをメインとしたスピンオフ作品。

 

チャーリー・ワトソンという地球の孤独な少女が、ビートルを発見したところ、

それがバンブルビーに変わったことから、両者は出会いを果たします。

 

そして、セクター7という組織に追われつつも、両者には友情が芽生えていく、

という話になっていました。

 

以上からもお分かりのとおりバンブルビーとは、映画のメインキャラクター

であるトランスフォーマーの名前だったのですね。

 

一方、「バンブルビー」という単語そのものの意味なのですが、

これは「マルハナバチ」という蜂の一種のことで一般的な蜂より若干大きいそうで

世界各国に生息しているそうです。

 

映画『トランスフォーマー』シリーズは金属生命体の話ですので、ハチだった

とは予想外でしたね。

 

 

【映画】バンブルビーの名前の由来は?

ということで、バンブルビーという単語自体の意味はマルハナバチという蜂の

一種ということでした。

 

しかし【映画】バンブルビーのメインキャラクターであるバンブルビーが

そう名付けられた由来は、どうなのでしょうか。

 

実はバンブルビーに名前をつけたのは、チャーリー・ワトソンでした。

もともとこういう名前だったわけではなく、チャーリー・ワトソンと出会ってから

名付けられたというわけです。

 

チャーリーとバンブルビーが出会った時、バンブルビーは、話すことができず

テレビやラジオのノイズのような「ビー、ビー」と発する音からマルハナバチの

ブンブンと音をたてるのを連想しネーミングされました。

 

なお、映画『トランスフォーマー』シリーズの最新作であるものの、

【映画】バンブルビーの時系列は逆で1番目。そのため、ほかの作品でもバンブルビー

がそう呼ばれているのは、チャーリー・ワトソンが名付け親でまたその名前を

バンブルビーが気に入ったということです。

 

スポンサードリンク

 

【映画】バンブルビーでビートルからカマロに変わった理由は?

映画『バンブルビー』といえば、バンブルビーの車種も話題になっています。

先述のとおり車に変身できるバンブルビーなのですが、車種がビートルからカマロに

変わったということが気になりませんか?

 

調べてみると、映画『トランスフォーマー』シリーズでは、これまでずっとバンブルビー

の車種はカマロで、今回からビートルになったことが分かりました。

 

つまり逆だったわけですが、複雑なことに映画『トランスフォーマー』シリーズの

原作コミックでは、もともとビートルだったのです。要は、ビートルからカマロになり、

なったということです。

 

ではなぜ、ビートルからカマロに変わったのでしょう?

これはハッキリした理由は不明でした。

 

これまで映画『トランスフォーマー』シリーズでカマロが使われたため、

アメリカの若者のカマロ購入率に影響したという噂があるとか^^;

 

おそらく原作がビートルで主人公は女の子ということで

その容姿がかわいいことからビートルになったのではないでしょうか。

 

その後、チャーリーと別れた後、サムという男子高校生が主人公となったため

可愛いビートルから男の子が好きそうなかっこいいカマロに変わったと考えられます。

 

 

まとめ

時系列の関係で、これまでの歴代作品を見ていなくても楽しめる、

【映画】バンブルビー。

 

いわゆるエピソードゼロのような作品ですから、これまでのことはリセットして

観るもよし、原点だととらえて他作品を意識しつつ観てもいいかもです。

 

公開は、2019年3月22日(金)

公開が楽しみですね^^

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ