ジュラシックワールド炎の王国(映画)はつまらない?感動しないのは吹き替えがひどいから

 

映画『ジュラシックワールド炎の王国』2020年7月24日『金曜ロードSHOW!』

で本編ノーカットで地上波初放送されます。

 

映画『ジュラシックパーク』のシリーズ第5作目、また前作の『ジュラシック・ワールド』

の続編ということで、とても興味深い作品。

 

さてこの記事では、映画『ジュラシックワールド炎の王国』への、つまらない、

吹き替えがひどいといった評価についてまとめました。

 

 

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』日本独占!【最終予告】

 

スポンサードリンク

 

ジュラシックワールド炎の王国(映画)のあらすじ

 

イスラ・ヌブラル島ではあの大惨事から3年、人気テーマパーク「ジュラシック

・ワールド」崩壊後も恐竜たちは、自由に生きていました。そんな中、火山が

大噴火したことにより、恐竜たちは生命の危機に晒されていました。

 

クレア・ディアリングは、恐竜保護団体を立ち上げ、全滅しかけていた恐竜たちを

救うために奔走します。そんなクレアをサポートすることになるベンジャミン・

ロックウッド。

 

またベンジャミンに仕えるロックウッド財団の経営者イーライ・ミルズの依頼で

元恐竜監視員オーウェン・グレイディらは、ヴェロキラプトルのブルーを捜すため

にイスラ・ヌブラル島に行くことになりました。

 

そんなイスラ・ヌブラル島は、小さな噴火を幾度となく繰り返し、溶岩の雨が降り

注ぐという不安定な状況でした。

 

なんとかオーウェンたちがブルーを見つけるが傭兵のケン・ウィートリーが裏切り、

ブルーを狙撃。実のところケンは、恐竜保護と見せかけて、恐竜を兵器として利用

しようと目論んでいたのです。

 

オーウェンは傭兵たちと戦おうとするが、麻酔弾によって眠らされてしまい、ブルー

らと共に移送車で連れ去られてしまう。

 

ところがそこへさらなる大噴火が起きる。オーウェンは麻酔から目を覚ますが、

思うように動かない体で、溶岩に襲われつつも命からがら脱出するのでした。

 

その一方でクレアも大噴火の影響で制御室に閉じ込められてしまうが、なんとか

脱出に成功する。そこへオーウェンも合流し、共に逃げることに。その後、ブルー

を助け出すため、協力し合う。

 

一方、イスラ・ヌブラル島から連れ出された恐竜たちは、密かにロックウッド・

エステートという邸宅の地下に送られていたのです。そこで恐竜たちは、兵器と

して売られようとしていたのでした。

 

 

 

ジュラシックワールド炎の王国(映画)の見どころ

 

映画『ジュラシックワールド炎の王国』は、映画『ジュラシックパーク』シリーズ

の第5作目。

 

1993年の映画『ジュラシック・パーク』では、ジュラシック・パークにおける人類と

恐竜の戦い。1997年の映画『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』では、恐竜を

ビジネスに利用しようとする人間たち。

 

2001年の映画『ジュラシック・パークIII』では、少年を救おうとして恐竜に襲われる

人間たち。そして2015年の映画『ジュラシック・ワールド』では、恐竜の脱走による

パニックが描かれてきました。

 

そして映画『ジュラシックワールド炎の王国』では、またしても人間と恐竜の戦いが

展開されるわけですが、今回は、恐竜たちが人間たちに軍事利用されるという、

興味深い展開になっています。

 

オーウェンとクレアは、ブルーを奪還できるのか、そして恐竜の軍事利用を阻止

できるのか、またどのように描かれているのか、楽しみ。

 

 

 

ジュラシックワールド炎の王国(映画)はつまらない?

 

映画『ジュラシックワールド炎の王国』は、過去作に引けをとらない傑作の予感が

しますが、つまらないという評価もありました。

 

どこがつまらないのか?何が悪かったのか?

こちらは恐竜においても、人間においても、色々と指摘されていました。

 

恐竜に関しては、見どころになってきたティラノサウルスの出番が少ない、など。

人間に関しては、まずはオーウェンが恐竜を群集の前で解き放つのが危険すぎると

いうこと。また恐竜保護に尽力していくクレアの行動が独りよがりだということ。

 

そしてケンが恐竜に食い殺されるのが間が抜けているということ。

さらにイアンが人類と恐竜の共存を唱えるのに疑問を呈する声もありました。

 

 

 

 

ジュラシックワールド炎の王国(映画)で感動しないのは吹き替えがひどいから

映画『ジュラシックワールド炎の王国』には、吹き替えがひどいから感動できない

という意見も。

 

 

ネットでは、オーウェン役の玉木宏さん、クレア役の木村佳乃さんへの酷評が

ありました。本職の声優ではなく人気俳優を使ったのが災いしたのでしょうか。

 

前作の『ジュラシック・ワールド』では、金曜ロードSHOW!で地上波放送する際、

日本テレビ版では、オーウェン役の玉木宏さん、クレア役の木村佳乃さんだけで

はなく、劇場公開版の声優陣全てを変更しています。

 

 

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版 日本テレビ版
オーウェン クリス・プラット 玉木宏 山本耕史
クレア ブライス・ダラス・ハワード 木村佳乃 仲間由紀恵
グレイ タイ・シンプキンス 松岡茉優 村瀬歩
ザック ニック・ロビンソン 内山昂輝 上村祐翔
マスラニ イルファン・カーン 大塚芳忠 江原正士
ホスキンス ヴィンセント・ドノフリオ 石塚運昇 玄田哲章
ヘンリー・ウー B・D・ウォン 近藤浩徳 堀内賢雄
バリー オマール・シー 安元洋貴 星野貴紀
ロウリー ジェイク・ジョンソン 小川剛生 岩田光央
ヴィヴィアン ローレン・ラプカス(英語版) たかはし智秋 栗田エリナ
ザラ ケイティ・マクグラス 川庄美雪 土井真理
カレン ジュディ・グリア 魏涼子 田中敦子
スコット アンディ・バックリー(英語版) 根本泰彦 志村知幸
ハマダ ブライアン・ティー 野沢聡 坂詰貴之
ミスター・DNA コリン・トレヴォロウ 江原正士 高戸靖広
ハル ジェームズ・デュモン 麦人 白熊寛嗣
ジム マット・バーク 関雄 益山武明
パドックの監視員 エリック・エデルシュタイン(英語版) かぬか光明 あべそういち
モサ・ガイド コートニー・ジェームズ・クラーク 小林未沙 木村珠莉
インジェン社の契約者 マイケル・パパジョン(英語版) 佐瀬弘幸 志賀麻登佳
ジミー・ファロン(本人役) 藤森慎吾 田中直樹
オペレーター マーティ・カルバロプリー 中田敦彦 永野
男性アナウンス   清水秀光 森圭介
女性アナウンス   竹内夕己美 水卜麻美

Wikipediaより引用

 

これらのこともあり、玉木宏さん、木村佳乃さんがイマイチだと言われたのかも

しれません。

 

『ジュラシックワールド炎の王国』も金曜ロードSHOW!で放送されますので、

前作より出演しているオーウェンとクレアの声優も変更されたもので、前作から

の続投ということになるでしょう。

 

とはいえ今作だけに限ったことではありませんし、これもある程度は人気俳優起用

による宿命だと思ったほうがいいのかもしれません。

 

こんな声も多数あるんだけどな。

 

 

スポンサードリンク

 

ジュラシックワールド炎の王国(映画)を観た評価や感想

 

前作の『ジュラシックワールド』の続編、最新作ということでかなりの迫力で

見応え十分と言ったところ。前作と比べ巨大恐竜の出番が少ないように感じた

が炎や噴火などのシーンを上手く組み合わせているところが良かった。

 

開始早々の「モササウルス」の登場と迫力には驚いた。また過去最恐と言われる

だけあって「インドラプトル」は圧巻。

 

ストーリーはシリーズから比べると少し重たさは感じたが、その分、命の大切さや

人間の愚かさなどメッセージ性を感じた。

 

しかし結末が少々物足りなかった。

 

家族で観るにはもってこいの作品と言えるかも。(年齢による)

あまり難しく考えず、気楽に観ても良いのかと。

 

ゆうすけの評価

星3つ半!

 

 

こちらも合わせてご覧ください。

 

 

まとめ

声優に関しては、以前からよく言われていることで、ある程度、仕方がないことかも

しれません。また内容に関しても賛否両論あることは、当たり前と言えます。

 

そもそもこのシリーズは人気がある作品なので、期待も高く、ハードルも相当

上がっているわけですので、人それぞれ思い入れも激しいと言えるでしょう。

 

それだけ、誰もが楽しみにしているという証拠でもあるわけです。

 

放送は、2020年7月24日『金曜ロードショー』夜9:00から

見逃せませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ