レディプレイヤー1(映画)はつまらないか面白いか?ネタバレと登場キャラについても

 

映画『レディ・プレイヤー1』2020年7月3日、21:00~23:24、

『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送されます。

 

2045年の未来を舞台に環境問題などにより、生活しづらくなった人類が現実世界から

架空の世界(VRの世界)に現実逃避していた。そのVRの世界に眠る遺産を手に入れる

ためのゲームに挑む姿が描かれている。

 

ということで映画『レディ・プレイヤー1』の面白いところやつまらないところ、

また登場するキャラクターについてもまとめました。

 

 

映画『レディ・プレイヤー1』予告1【HD】2018年4月20日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

レディ・プレイヤー1(映画)のあらすじ

 

時は西暦2045年。

環境汚染や気候変動、そして政治機能の不全により世界は荒廃していた。

 

そのため人々はスラム街での暮らしを余儀なくされていたが「オアシス」と呼ばれる

仮想現実の世界、つまりVRの世界に行くことで現実逃避を繰り返していた。

 

そこはゴーグルひとつで全ての望みが実現される世界。

 

好きなアバターとして生きることが可能で、友人作りから結婚まですることができる。

また憧れのヒーローになることもできるし、大好きな乗り物に乗ることもできるなど

まさに夢の世界。

 

ところがオアシスでは、相手と戦って負けてしまうと、全てが帳消しになってしまう

というデメリットもありましたが、人類にとってオアシスは、必要不可欠であり、

誰もが熱中し、現実世界との差がなくなっていました。

 

そんなある日「オアシス」を創設したジェームズ・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が

発表された。

 

その遺言には「オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円とオアシスの全て

を授ける」という内容だった。思いもよらない宣言に世界中が沸き立ち、莫大な遺産を

めぐる争奪戦が始まった。

 

その争奪戦に両親がなく叔母の元で育ち、ぱっとしない毎日を送ってい17歳のウェイド

も参加していた。

 

ウェイドは、パーシヴァルというキャラクター(アバター)になり、オアシスで

出会った仲間たちと謎の美女アルテミスと協力し、争奪戦を勝ち抜こうとしていく。

 

しかしそこへ世界を支配するために全てを手に入れようとする巨大企業IOIが出現。

大勢の刺客をオアシス内に投入していたのでした。

 

現実の世界と仮想現実の世界で繰り広げられる冒険と想像を超えた戦いが今始まろう

としていた。

 

 

 

レディ・プレイヤー1(映画)の見どころ

 

映画『レディ・プレイヤー1』は、巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督作品。

キャストは、ウェイド役のタイ・シェリダンと、サマンサ役のオリヴィア・クック

のダブル主演。

 

他、ノーラン役がベン・メンデルソーン、ヘレン役がリナ・ウェイス、アイロック役が

T・J・ミラー、オグデン役がサイモン・ペグ、ジェームズ・ハリデー役がマーク・ライ

ランス、ゾウ役がフィリップ・チャオ、トシロウ役が森崎ウィンなど豪華俳優陣の演技

も見どころ。

 

映画『レディ・プレイヤー1』は、SF作品であるものの、主人公のウェイドが、仲間たち

と共に様々な苦難を乗り越えていくという友情をテーマにした、そんなところも見どころ

のひとつ。またウェイドたちとIOIとのバトルも見どころとなっています。

 

そしてこの作品の大きな見どころが映画やアニメなど様々なキャラクターや乗り物など

が登場するところ。そのあまりの多さにびっくり。1回観ただけでは、全てを見つける

のは不可能かも。

 

またスピルバーグ監督は「観客が自分もVRゴーグルをしているような体験」を目指し

3年の製作期間をかけました。とコメントしているように、その映像から伝わってくる

臨場感や迫力も見どころです。

 

 

 

レディ・プレイヤー1(映画)の登場キャラ

さてどんな隠れキャラクターが登場しているのか?

 

主人公ウェイドがオアシスに入っていくシーンに登場するのはDCコミックスの

ハーレイ・クイーンとデス・ストローク。ウェイドに目をやりながら彼の横を通り

抜けていく。

 

 

オープニングシーンではティム・バートンが監督を務めた1989年の映画『バットマン』

でマイケル・キートンが演じたバットマンが登場する。

 

 

2008年の映画『ダークナイト』に登場したジョーカーがハーレイ・クインと空中で

ダンスを楽しんでいる。

 

また、『バットマン リターンズ』に登場し、『チョコレート』でアカデミー主演

女優賞を受賞したハル・ベリー主演の映画でも知られるキャットウーマンも登場する。

 

 

フラッシュやアクアマンといったスーパーヒーローも登場する。またデッドショット

やデスストロークといった悪役も登場する。

 

 

『ロード・オブ・ザ・リング』の魔法使いガンダルフやアーノルド・シュワルツェ

ネッガーが演じたコナン・ザ・グレートや巨大ロボットのアイアン・ジャイアント

も登場する。

 

 

 

さらにキングコングやティラノサウルスの雄叫びを耳にできる。

 

 

 

『チャイルド・プレイ』の殺人人形チャッキーや『エルム街の悪夢』の夢の中で人々

を襲うフレディ・クルーガーも登場。『スター・ウォーズ』シリーズでお馴染みの

ロボットR2‐D2やメカゴジラ、キティちゃんやミュータントタートルズも登場する。

 

 

さてどのくらいキャラクターを探せるのか?それもまた楽しみです。

 

 

スポンサードリンク

 

レディ・プレイヤー1(映画)の面白いところネタバレ

 

バーチャルリアリティーの世界観が面白い

仮想現実の世界「オアシス」を創設したジェームズ・ハリデーの莫大な財産をめぐる

争奪戦と目もくらむようなバーチャル・リアリティーの世界を体感できる。

 

ゴーグル1つで現実の世界から自分が望む生き方ができるバーチャル・リアリティー

の世界の映像も面白い。映画スター、スポーツ選手、億万長者、大統領、スパイと

自分ならどんな人物になりたいのか想像しながら観ていくと面白い。

 

 

世界観の描き分けが面白い

また荒廃した現実の世界と理想が実現したバーチャル・リアリティーの世界の描き

分けも面白い。自分が望む生き方ができるのは仮想現実の世界だけで現実の世界

は荒廃している。つらく苦しい現実があるからこそ人は束の間の現実逃避をする。

 

だからこそ自分の理想を映画や小説で表現できることを教えられる。

 

 

人気キャラクターの登場や名作映画のオマージュが面白い

映画に登場する有名なキャラクター探しも面白い。ジョーカー、フレディ・クルーガー、

キングコング、ティラノサウルス、ハーレイ・クインにバットマン、メカゴジラなど。

誰もが一度は目にしたことがあるキャラクターたちが映画に登場している。

 

また『シャイニング』や『エイリアン』、『市民ケーン』といった名作映画にオマージュ

も見られる。

 

『レディ・プレイヤー1』に登場するキャラクターやオマージュを捧げた映画を観る

きっかけにしたり、キャラクター探しも楽しめる。

 

映画『レディ・プレイヤー1』には、興味深い点が多々ありますが、中でも注目

されていたのが他のハリウッド作品へのオマージュ。

 

 

 

 

レディ・プレイヤー1(映画)のつまらないところネタバレ

 

映画・アニメ・ゲーム知識がないとつまらない

映画やアニメ、ゲームの知識が豊富な人であれば『レディ・プレイヤー1』は楽しめる

映画だろう。しかし映画やアニメ、ゲームの知識がない人にとっては全く楽しむこと

ができない。観る者を選ぶ映画です。

 

次から次へと登場するキャラクターの世界に共感できなければつまらないかも。

 

 

原作の複雑さが再現されてなくて面白くない

映画の原作は『ゲーム・ウォーズ』という小説。映画に登場する3つの鍵やコインは

原作に登場しているが、その獲得方法は映画と小説では異なる。

 

小説では獲得方法は相当複雑で、原作者の映画やゲーム、アニメや特撮に関する

知識の豊富さを知ることができる。しかし映画では簡単な方法に変更されている。

 

 

人物像が薄くてつまらない

また人物像も薄い。ジェームズ・ハリデーの盟友であるオグデン・モンローは小説では

重要な役回りだが、映画では存在感がほとんどない。原作があり、それを映画化する

ことはリスクを伴う。原作のどこを削るのか、どこを生かすのか。原作にないものを

映画に加えるのか。これらを誤れば映画は失敗作となってしまう。

 

 

スティーブン・スピルバーグ監督のSF映画に『未知との遭遇』がある。初めてのSF

映画であり、SFを手掛けてよいのかという迷いが感じられた。登場人物の描写が弱い。

 

何を考えているのか分からない。ストーリー展開も遅く、ラストシーンでは巨大な

宇宙船が登場し圧倒されたが、宇宙人を出してしまったのが失敗。その姿はあまり

にも幼稚。宇宙人など登場させずにまばゆい光と俳優の演技で見せてくれればと

思ったことを想い出す。

 

この種のSFでは設定が複雑だったり、キャラクターの数が多いなど、視聴者を苦慮

させてしまうということがあります。こういったところもつまらないと感じる要因

なのかもしれません。

 

 

 

 

 

まとめ

壮大なスケールで展開する映画『レディ・プレイヤー1』。

このようなSF映画が好きという方にとっては、たまらない作品と言えそう。

 

ハリウッド作品のキャラクター等がふんだんに出てくるなど、独特な世界観も必見。

しかし観る方の年齢を選ぶのが難点かも。

 

2020年7月3日『金曜ロードSHOW!』地上波初放送です!

どんなキャラが出てるのか探してみてはいかがでしょうか。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ