ジュディ虹の彼方へ(映画)のレネー・ゼルウィガーとは?経歴や演技と役作りについても

 

映画『ジュディ虹の彼方へ』2020年3月6日(金)公開されます。

 

伝説のミュージカル女優ジュディ・カーランドが47歳の若さで他界する半年前のロンドン

公演を焦点に描いた感動の実話。ジュディ役を『シカゴ』などのレネー・ゼルウィガーが

演じ、全ての歌唱シーンを吹き替えなしでこなしたことで話題に。

 

ということで映画『ジュディ虹の彼方へ』のレネー・ゼルウィガーの経歴や演技、役作り

についてまとめました。

 

 

映画『ジュディ 虹の彼方に』予告編

 

スポンサードリンク

 

ジュディ虹の彼方へ(映画)あらすじ(内容)

 

1939年の映画『オズの魔法使』で主人公の少女ドロシー役を演じ、17歳にして一躍

スターとなったジュディ・ガーランド。その後、不朽の名作と呼ばれる『スタア誕生』

にも出演してハリウッドを代表する女優となった。

 

やがて月日は瞬く間に流れていき、1968年の冬、ジュディはたったひとりでイギリス

のロンドンにある舞台に立っていた。ショービジネスの裏側で少女時代の全てを奪い

去られ、波乱万丈の人生を送ったジュディ。

 

その彼女が47年の人生を終える最期の日々、自身の命を燃やし尽くしたと言われ、

起死回生を賭けたステージとは何だったのか。

 

ハリウッドの黄金期を象徴する女優であり、才能に生かされ、その才能に苦しめられ

ながらも決してステージに立つことを諦めることがなかった伝説の女優ジュディ・

ガーランド。結婚と離婚を繰り返しながらも決して希望を捨てることはなかった。

 

希望と絶望、歓喜と痛みを持ったジュディ・ガーランドの晩年を描き出した慟哭の物語

が『ジュディ虹の彼方へ』です。

 

 

 

ジュディ虹の彼方へ(映画)のジュディ・ガーランドの経歴

 

ジュディ・ガーランドは1922年6月10日にアメリカのミネソタ州で生まれる。

本名はフランシス・エセル・ガム。芸名の由来は本人が好きだった歌のタイトルと

「花輪」を意味するガーランド。

 

3歳の時に2人の姉と共に舞台デビューを飾る。13歳で映画会社メトロ・ゴールドウィン

・メイヤーと専属契約を結ぶ。

 

1936年に短編の作品で映画デビューを果たし、続いてミュージカル映画に出演した。

そして1939年の映画『オズの魔法使』の主役ドロシー役に抜擢される。この映画『オズ

の魔法使』で主役を演じただけではなく、透明感があり、細かく震えるように映画の

主題歌『虹の彼方へ』を歌い上げた。

 

この映画ではジュディを一躍スターにするだけではなく、ジュディは優れた子役として

アカデミー賞の特別賞を受賞した。

 

しかし太りやすい体質であったジュディは映画会社側から強制的なダイエットを命じ

られていた。そのため、当時ダイエット薬として使用されていたアンフェタミンを常用

するようになっていく。21歳になった頃には、眠るために薬、目を覚ますためにも薬、

食欲を抑えるためにも薬という毎日になっていく。

 

1941年にオーケストラ指揮者と最初の結婚をするが、2年後の1943年別居となり、

1945年に正式に離婚した。しかしこの時期のジュディは仕事は順調で、映画だけで

はなく、ラジオ番組でも活躍をしていた。

 

1945年に映画監督ビンセント・ミネリと再婚し、1946年にライザ・ミネリを出産する。

ライザは後に女優、歌手となり、1972年の映画『キャバレー』でアカデミー主演女優賞

を受賞している。

 

しかし、1951年にジュディは2人目の夫であるビンセント・ミネリと離婚する。この頃

から薬物中毒の影響と神経症の影響が表面化していき、映画撮影への遅刻や撮影に行く

ことを拒否するようになっていく。薬物治療のために入退院を繰り返し、さらに自殺未遂

を繰り返すようになっていく。

 

役をこなすことができずに別の女優と交代となり、撮影所に来ることをせずに役を辞退し

映画会社から契約を打ち切られてしまう。

 

そのような失意のジュディを一時的に救ったのがマネージャーとなった3人目の夫だった。

妻ジュディのためにコンサートを開き、1954年に映画『スタア誕生』でカムバックさせ、

ジュディはアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

 

しかし相次ぐ自殺未遂や裁判沙汰の影響により、ジュディに大きな仕事が舞い込んでくる

ことはなかった。

 

1965年に3人目の夫と正式に離婚し、7歳下の無名の俳優と4度目の結婚をするものの、

わずか6か月で別居し、1967年に離婚。翌年にロンドンへ渡った彼女は35歳のディスコ

支配人と5度目の結婚をする。

 

そしてロンドンで3週間の契約でステージに立つが、出番に遅れてしまう、声は割れる

歌詞を忘れて観客の怒りを買ってしまう。野次が飛び、物を投げつけられてしまい、

このステージに立ったことが彼女の人生最大の失敗だった。

 

1969年6月22日、ロンドンにあるアパートの浴室で死亡していたところを発見された。

死因は睡眠薬の過剰摂取だった。

 

『オズの魔法使』で一躍スターになり、ハリウッドの黄金期を象徴する女優であった

ジュディ・ガーランド。5度の結婚と離婚を経験し、自身の才能に生かされ、そして

苦しめられてきた彼女は47歳で生涯の幕を閉じた。

 

 

 

ジュディ虹の彼方へ(映画)のレネー・ゼルウィガーの経歴

 

レネー・ゼルウィガーはアメリカのテキサス州出身。父親はドイツ系スイス人、母親

はノルウェー人の看護師。テキサス大学で英文学を学んでいたが、次第に演劇に興味

を持つようになっていく。卒業後、ヒューストンでオーディションを受けて、舞台や

コマーシャルに出演するようになっていく。

 

1993年に映画デビューを飾るが、クレジットはなし。翌年公開された映画『レニー・

ゼルウィガーの危険な天使』でインディペンデント・スピリット賞新人俳優賞にノミ

ネートされた。

 

1996年トム・クルーズ主演の映画『ザ・エージェント』に出演する。この映画でトム

・クルーズが演じるスポーツエージェントを支える会計係を演じて一気にブレイクする。

 

1998年に出演した映画『母の眠り』では『蜘蛛女のキス』でアカデミー主演男優賞を

受賞したウィリアム・ハート、『クレイマー、クレイマー』でアカデミー助演女優賞、

『ソフィーの選択』と『マーガレット・サッチャー/鉄の女の涙』でアカデミー主演

女優賞を受賞したメリル・ストリープと共演している。

 

2001年の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』ではイギリス英語を習得して主人公

を演じ、アカデミー主演女優賞にノミネートされる。翌年に出演し、アカデミー作品賞

を受賞したミュージカル映画『シカゴ』でもアカデミー主演女優賞にノミネートされる。

 

そして2002年の映画『コールド・マウンテン』で、南北戦争の中をたくましく生き抜く

流れ者の女性を演じてアカデミー助演女優賞を受賞した。また2005年の映画『シンデレ

ラマン』では『グラディエーター』でアカデミー主演男優賞を受賞したラッセル・クロウ

と共演。クロウ演じる実在のボクサーを献身的に支える妻を熱演した。

 

2006年の映画『ミス・ポター』では「ピーターラビット」の原作者ヘレン・ビアトリクス

・ポターを演じている。そして2019年の映画『ジュディ虹の彼方へ』ではハリウッドの

黄金期を象徴する女優ジュディ・ガーランドを演じ、アカデミー主演女優賞を受賞した。

 

 

スポンサードリンク

 

ジュディ虹の彼方へ(映画)のレネー・ゼルウィガーの演技と役作り

 

『ジュディ虹の彼方へ』でアカデミー主演女優賞を受賞したレネー・ゼルウィガー。

この映画ではハリウッドの黄金期を象徴する女優ジュディ・ガーランドを熱演している。

厳しいレッスンの末に映画に登場する全ての歌を自ら歌い上げている。

 

今やオスカー女優と呼ばれるようになったレネー・ゼルウィガーの演技と役作りとは?

2001年の映画『ブリジット・ジョーンズの日記』に出演したレネー。彼女がこの映画で

演じたのはイギリス人女性のブリジット・ジョーンズ。この役を演じるために体重を

9キロ増やした。さらにイギリス英語を身に着けた。またロンドンにある出版社で働く

役のため、ロンドンにある出版社で見習いを経験した。

 

この映画でレネーはアカデミー主演女優賞にノミネートされ、2004年に『ブリジット・

ジョーンズの日記 きれそうな私の12か月』、2016年に『ブリジット・ジョーンズの日記

ダメな私の最後のモテ期』の続編にも出演している。

 

2002年、アカデミー作品賞を受賞してミュージカル映画『シカゴ』に出演。この映画で

レネーは愛人を射殺して刑務所送られるが、それを利用してスターになろうとする世間

知らずの女性ロキシーを演じた。

 

映画の撮影が始まる前に6週間を費やして歌と踊りを猛特訓した。ゴールデン・グローブ

賞ミュージカルコメディ部門の主演女優賞を受賞し、アカデミー主演女優賞にノミネート

された。

 

2003年、ベストセラー小説を映画化し『めぐりあう時間たち』でアカデミー主演女優賞

を受賞しニコール・キッドマンと共演した『コールドマウンテン』に出演。この映画で

レネーが演じたのは南北戦争の中を生きる流れ者の女性ルビー。『シカゴ』で見せた

華やかでいて妖艶な演技とは対照的に、どこか荒削りでありながらもたくましさを感じ

させる演技を見せている。

 

 

 

まとめ

伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドの波乱万丈の人生をアカデミー主演女優

賞など数多くの賞を受賞したレネー・ゼルウィガーが圧巻の演技で描いた『ジュディ虹

の彼方へ』。

 

実話を基に描かれた作品で全ての歌唱シーンをレネー・ゼルウィガーが吹き替えなしで

こなしたところが見どころの一つ。

 

公開は、2020年3月6日(金)

公開が待ち遠しいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ