カイジファイナルゲーム(映画)の結末を小説からネタバレ!感想や評価についても

 

映画『カイジファイナルゲーム』2020年1月10日(金)に公開されます。

これまで続いてきた映画『カイジ』シリーズも最終章ということで名残惜しい半面、

どのような結末を迎えるのか、楽しみでもあります。

 

ということで今回は、映画『カイジファイナルゲーム』の結末を小説からネタバレし

また小説の感想や評価についてもまとめてみました。

 

 

映画『カイジ ファイナルゲーム』予告

 

スポンサードリンク

 

【映画】カイジファイナルゲームのあらすじ

 

カイジは、これまで数々の命がけのギャンブルに身を投じてきて、追い込まれると

並外れた度胸と洞察力を発揮し、命をも投げ出す覚悟を持った生粋のギャンブラー。

 

その性格は、ギャンブルで勝つためなら何でもうやるクズさでも知られていました。

ところがギャンブルをしていない現在のカイジといえば、冴えない派遣社員。会社から

の給料も少なく、その生活もかなり苦しいものだったのです。東京オリンピック閉幕後

日本の景気が悪くなったことも、カイジの苦境に拍車をかけていました。

 

息が詰まるような毎日を過ごしていたカイジ。そんなある日カイジの前に大槻太郎が

姿を現しました。以前、地下労働施設の班長だった大槻は、今では出世をしていて、

帝愛グループ系列企業の社長になっていたのです。

 

大槻は、カイジに一攫千金のギャンブルの話を持ちかけてきました。

お金がないことに喘いでいたカイジは、その話に乗っかります。

 

このことをきっかけにまたしても新たな命がけのギャンブルが始まっていくのです。

 

 

 

【映画】カイジファイナルゲームの結末を小説からネタバレ!

 

さて映画『カイジファイナルゲーム』の結末がどうなるのか?気になりますよね?

そこで、円居挽さん、福本伸行さんによる小説版からネタバレしますのでご注意

ください。

 

大槻からとあるギャンブルイベントに招待されたカイジ。

そこでカイジを待ち受けていたのは、またしても命がけのゲームの数々でした。

 

「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」

 

「バベルの塔」は、ビルの屋上にある棒に貼られたカードを手に入れ、表か裏を選んで、

当たっていたら10億円を手に入れられるというもの。

 

「最後の審判」は、2人組の挑戦者たちが、自らの全ての財産を金塊に変えて秤に乗せ、

重かった方が相手の財産を没収できるというもの。

 

「ドリームジャンプ」は、落ちたら死ぬ高さから10人そろってダイブし、そのうち1人

だけがロープで救われ、後はみんな死ぬという、恐ろしいゲーム。

 

「ゴールドジャンケン」は3回ジャンケンし、そのうち1回は金塊を握ったグーで勝負し

勝ったら相手の金塊を奪えるというもの。

 

これら全てのゲームに勝利し、大金を手にしたカイジですが・・・。

最後にどんでん返しが。

 

ここまでにしておきます。

さてどうなるのか?ご自分の目で確かめてください^^

 

 

 

【映画】カイジファイナルゲームの良い感想や評価

 

 

 

2時間8分の中にゲームが4種類かな…ぎゅっとなってる感あるけど、ハラハラドキドキもあるし冒頭から散りばめられてる伏線も回収してくれるし、最後までカイジでした。

引用元:Filmarks映画

福本伸行さんも脚本に参加した本作ですが、危険なだけではなく、納得できることも

大切ですから、さすがですね。

 

 

思わず感情移入するくらいには面白かった!!

引用元:Filmarks映画

伊藤開司は救いようのないキャラですが、それでも感情移入できるくらいですから、

ギャンブルの部分以外、そうとうリアリティーも重視していたのでしょう。

 

 

何はともあれ本編、藤原竜也大先生と吉田鋼太郎先生の圧倒的演技力の前にイケメン担当の真剣佑と福士蒼汰も健闘していたけれど、最終的には藤原竜也の前にひれ伏すしかない演技力の悪魔的な差がわかってしまう残酷な現実ッ…!

引用元:Filmarks映画

蜷川幸雄さんの元で鍛えられた藤原竜也さんだけあって演技力は折り紙付きなものの

完結編ともなれば、さらにパワーアップされるはず。

 

 

 

【映画】カイジファイナルゲームの悪い感想や評価

原作もねぇのに新作作るなんて…

引用元:Filmarks映画

本作はオリジナルストーリーになっていますので、これがよくない受け取られ方をしてしまったようですね。

 

 

ただ「ゴールドジャンケン」のルールがイマイチ判りづらかったかな?

引用元:Filmarks映画

分かりづらかったかな???

 

 

うわぁ、なんか話が雑というかなんというか。。吉田鋼太郎が相当うるさい、、、

引用元:Filmarks映画

吉田鋼太郎さんはもともと暑苦しいキャラですから、さすがにそこは耐え忍ぶしか

なさそうですね^^

 

スポンサードリンク

 

ゆうすけが小説版を読んだ感想

ゆうすけ的には、単純に面白かった。

難しいことなどなく一気に読んでしまいました。

 

カイジがオリジナルゲームに挑戦しているときの相手との駆け引きやここぞという時の

覚悟や洞察力など、見どころが沢山あり、飽きることなく楽しめた。

 

映画化によって、グロいシーンなど、どのように観せてくれるのか楽しみ。

 

ギャンブラーは最後までギャンブラーなのだと。カイジは最低のクズ野郎という

設定ですが、愛すべきクズのように感じました。

 

それこそがカイジの魅力なのではないでしょうか。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

まとめ

映画『カイジファイナルゲーム』は、2009年の『カイジ 人生逆転ゲーム』、2011年の

『カイジ2 人生奪回ゲーム』に続く、第3弾。そして完結編となります。

 

9年ぶりの映画化ということで、ファンの方に取っては、待ちに待ったという感じ

ではないでしょうか。

 

藤原竜也さん、福士蒼汰さん、関水渚さん、新田真剣佑さん、山崎育三郎さん、

瀬戸利樹さん、篠田麻里子さんなど、キャストも若手人気俳優やベテランまでが

揃っています。

 

公開は、2020年1月10日(金)

見逃すわけにはいきませんね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

カイジ映画シリーズを無料で視聴したい方はこちら

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ