【映画】影裏のタイトルの意味とは?原作者の意図や小説との違いについても

 

映画『影裏』2020年2月14日(金)に公開されます。

 

内容はミステリーということですが、なんと原作の同名小説は芥川賞受賞作品です。

今回、実写映画化ということですが、どのように魅せてくれるのか?など気になる

ところ満載です。

 

ということで今回は、その気になるところとして映画のタイトルについて『影裏』

とはいったいどのような意味なのか?また原作者沼田真佑さんがタイトルに込めた

意図。そして映画『影裏』と原作小説との違いについてもまとめてみました。

 

 

映画『影裏』本予告 2020年2月14日ロードショー

 

スポンサードリンク

 

【映画】影裏のあらすじ

 

主人公の今野秋一(綾野剛)は、会社の転勤で岩手県盛岡へと引っ越しそこで

日浅典博(松田龍平)という同い年の同僚と出会うことに。やがて日浅と懇意に

なる今野は、彼と過ごす日々を幸せに思っていました。

 

ところがある日、今野は日浅とギクシャクしてしまい「人を見るときはその裏側、

影のいちばん濃いところを見ろ」と言われてしまいます。そして今野にとって

この日が、日浅との別れとなってしまいました。

 

後日、同僚の西山から日浅が死んだ可能性を示唆され驚く今野。

さらに日浅は、西山からお金を借りて行方不明になっていたのでした。

 

今野は、日浅の父親の日浅征吾に息子を捜すよう促しますが、絶縁したとのこと。

また兄の日浅馨もやはり同じような態度でした。

 

やがて今野が探っていくと日浅の異なった顔が見えてくることになるのです。

はたして今野が知っている姿とは違う日浅の正体とは、どのようなものだった

のでしょうか・・・?

 

 

 

【映画】影裏のタイトルの意味とは?

映画『影裏』。そもそもこのタイトルがどういう意味なのか?気になります。

ただ一見しただけでは、どういう意味なのか理解できるという人は、ほとんどいない

のではないでしょうか。

 

しかしそれもそのはず、これは禅語が由来だということでした。

「電光影裏斬春風」やはりこれを見ても意味がよく分かりませんが、実際には

とても哲学的な内容でした。その昔、無学祖元が兵士に襲われたときのエピソード

が関わっていたのです。

 

全ては空だから自分を斬りたければ斬ればいいが、空を斬る以上、電光が光っている

うちに春風を斬るみたいに手ごたえはない、と無学祖元は兵士に語ったのです。

すると兵士は恐れをなして、無学祖元を斬らないまま逃亡したとのこと。

 

 

無学祖元とは

宝慶2年3月18日(1226年4月16日) – 弘安9年9月3日(1286年9月22日))は、鎌倉時代の臨済宗の僧。諡は仏光国師円満常照国師。号は子元。慶元府鄞県の出身。日本に帰化して無学派(仏光派)の祖となる。建長寺・円覚寺に兼住して日本の臨済宗に影響を与える。その指導法は懇切で、老婆禅と呼ばれ、多くの鎌倉武士の参禅を得た。

引用元:Wikipedia

 

「電光影裏斬春風」の意味としては以上ですが、それでは次で映画『影裏』や

同名小説のタイトルがこれを由来とするものになった理由について見てみましょう。

 

 

 

【映画】影裏のタイトルに込めた原作者の意図とは?

 

映画『影裏』は、沼田真佑さんの同名小説が原作。文學界新人賞と芥川賞を相次いで

受賞し話題となりました。しかもこの原作小説は、沼田真佑さんにとっては記念すべき

作家デビュー作ということですから、凄い話です。

 

さてそれでは沼田真佑さんが、原作小説のタイトルを「影裏」という「電光影裏斬春風」

を由来とするものにしたのは、なぜなのか?

 

上述のとおり今野は日浅と関係が悪化した際に、人を見るときはその裏側、影のいちばん

濃いところを見ろと、言われます。このような日浅のセリフを見る以上、日浅の二面性を

示唆したという意味だったとみるのが自然ではないでしょうか。

 

しかしそうなると「電光影裏斬春風」の本来の意味は関係なくなってしまいます。

ところが沼田真佑さんは、原作小説の中でも日浅の実家に「電光影裏斬春風」を

登場させていました。

 

そのため個人的にこの言葉に想い入れがあって、あえて日浅の二面性を暗示するうえで

「影裏」という言葉を選んだのかもしれません。

 

 

スポンサードリンク

 

【映画】影裏と小説との違いは?

 

映画『影裏』と原作小説に、何か違うところはあったのでしょうか?

そこでさっそく、原作小説のほうもチェックしてみたのですが、だいたいの流れに大きな

変化はありませんでした。

 

今野と日浅が親しくなるところや突如として日浅が姿を消してしまうところ、

今野が知らない日浅の別の顔が見えてくるところ、など…。

 

しかし小説を実写映画化する以上、設定の変化はあるでしょうし、時間の関係で原作小説

のエピソードが削られたり、追加されることもありそうです。いずれにしても人間の内面

に迫ったドラマとなっていて、少々難しい感もありますが、人間について考えさせられる

作品のようです。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

映画『影裏』では、今野秋一役を綾野剛さん、日浅典博役を松田龍平さんが演じます。

綾野剛さんといえば『怒り』楽園』『閉鎖病棟などのように、これまでいくつか

の影のある男の役を演じていますが、今回は影のある男について追っていく男の役と

いうことでこれもまた見どころで綾野剛さん、松田龍平さん、お二人とも演技力には

定評があります。どのように魅せてくれるのか?楽しみです。

 

公開は、2020年2月14日(金)

公開が待ち遠しいです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ