【完全版】映画銀魂2のキャスト一覧と原作キャラを画像で比較!キャサリンは出る?

映画「銀魂2掟は破るためにこそある」が2018年8月17日(金)

に公開されます。

 

前作同様、ファンには見逃せない内容となっているようで

今回実写化される「銀魂」史上最もアツいと言われている「真選組動乱篇」と

隠れキャラの「将ちゃん」が登場する「将軍接待篇」とを融合した

笑える作品となっているようです。

 

またマダオ役に声優の立木文彦さん本人が出演することで

話題になっていますね^^

 

ということで気になるキャストや内容についてまとめてみました!

 

 

映画「銀魂2 掟は破るためにそある」特報

 

スポンサードリンク

 

銀魂2のあらすじ!

2017年に大ヒットを記録した銀魂の続編!

人気コミックを小栗旬が主演を演じ福田雄一が監督を務め

実写映画化されました。

 

真選組動乱篇と江戸幕府14代征夷大将軍の将ちゃんが出てくる(将軍接待篇)

を融合させたストーリーになっています。

 

金欠で家賃も払えない万事屋の3人は、アルバイトをすることを決意します。

しかし、バイトに行く先で天下の将軍様と出会ってしまうことになります。

そんな中(真選組)はかつてない危機に見舞われていた。

それはやがて将軍をも巻き込む大事件へとつながり

江戸中が大混乱が巻き起こる。

 

 

江戸を舞台にしたストーリー。

この最大の危機に銀時や万事屋のメンバーは、どう立ち向かうのだろうか。

混乱は目を当てられない程のスピードで加速してもう誰にも止めることができない。

 

 

銀魂2 キャスト一覧!原作キャラを画像で比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小栗旬(坂田銀時)

万事屋を営んでいる、目が死んでいる糖尿病の主人公。

実は、かつて白夜叉と恐れられていて仲間を何よりも大切に思っている。

性格はむちゃくちゃ(いわゆるばかというやつです)

数々の名作品に出演してきた名俳優!小栗旬の実力のある演技に注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅田将暉(志村新八)

万事屋で働いている眼鏡の青年。

普段圧倒的な実力を持つ銀時や神楽に囲まれているので気弱に見えるが、

中々の根性があり、気合が入ってる人物。

 

菅田将暉は第21回ジュノン・スーパーボーイコンテストで

ファイナリスト12人に選出され、このコンテストがきっかけで芸能界にはいる。

最近では俳優だけではなく歌手活動もしている彼ですが

その勢いが映画にどう影響するのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本環奈(神楽)

宇宙最強と恐れられる最強戦闘種族、夜兎族の生き残りです。

坂田銀時や志村新八と共に万事屋で働いていて、

セクシーなチャイナ服を着ている赤髪の美少女。

攻撃も中国拳法に似ている。

また橋本環奈のチャイナ服姿が見れるのも期待大ですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉沢亮(沖田総悟)

真選組最強の一人と呼ばれる剣の使い手で副局長の座を狙い

日々土方を陥れることを企てている。

 

吉沢自身、はがき応募したという

(アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン)で

応募者31514名の中からRight-on賞を受賞し芸能界デビューする。

 

また、スポーツ番組で運動神経の高さを披露するなどアクションにも長けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳楽優弥(土方十四郎)

真選組の副局長で「鬼の土方」と皆から呼ばれて恐れられている。

近藤勲を心から信頼しており、彼が窮地に陥った彼を命を張って守っている。

 

柳楽優弥は、天才子役として幼い頃から演技に磨きをかけてきた俳優。

大人になった今の実力で銀魂の世界には欠かせない存在の一人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中村勘九郎(近藤勲)

近藤は江戸の治安を守る真選組の組長。

「ゴリラ」の異名持ち隊士たちからの人望も厚い近藤だが

先端にコロコロのようなものを付けた刀を手にし、かなりの天然ボケで

お人好しのキャラクターのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堤真一(松平片栗虎)

警察組織の頂点に君臨する超重要人物を演じるのは、堤真一さんです。

 

警察組織の頂点に君臨するということで真選組を使いっ走りにしたり

またキャバクラで豪遊するという夜の帝王としても君臨する。

 

シリアスな役からおちゃらけた役などどんな役でも完璧にこなす

堤さんの演技に注目です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夏菜(猿飛あやめ)

元幕府のお抱えのエリート忍者(くノ一「猿飛あやめ」)を演じるのは

夏菜さんです。

 

悪徳商人を成敗する始末屋として裏稼業をこなしているが

銀時に惚れ込み執拗に追いかけ回すが、全く相手にされないという役柄です。

夏菜さんの思い切った演技に注目です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝治涼(徳川茂茂)

江戸幕府第14代征夷大将軍「徳川茂茂」を演じるのは、勝地涼さんです。

 

将軍であるにも関わらず堤真一さん演じる「松平片栗虎」から「将ちゃん」と呼ばれ

庶民の暮らしを知るために片栗虎と共に城下にお忍びで現れ、そのたびにトラブルに

巻き込まれ、なぜかあられもない姿にされるという罰ゲームのような役柄に

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窪田正孝(河上万斉)

音楽プロデューサーという一面を持ちながら、

高杉晋助(堂本剛)率いる武装集団・鬼兵隊に所属するといった

両面を持つキャラクターです。またその出立ちにも注目です。

窪田さんがどう演じるのか見ものですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦春馬(伊東鴨太郎)

新選組参謀として政治面で活躍し、剣の腕も一流という伊藤鴨太郎を演じるのは

三浦春馬さんです。局長の近藤勲や隊士からの信頼は厚いが土方十四郎とは

犬猿の仲で今回真選組史上最大の事件を巻き起こすという役柄です。

影のある役柄をどうこなすのか期待大です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

堂本剛(高杉晋助)

「攘夷浪士の中で最も過激で危険な男」と呼ばれる高杉晋助を演じるのは

堂本剛さんです。過激派集団の鬼兵隊を復活させ幕府を狙い、

妖艶な魅力とカリスマ性を持ち剣術も達人級の上前で銀時とは、

吉田松陽の元で学んだ幼馴染である。

妖艶な魅力をどう表現するのか楽しみですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キムラ緑子(お登勢)

銀時が営む「万時屋銀ちゃん」に部屋を貸す大家のお登勢役を演じるのは

名女優のキムラ緑子さんです。

ドラマや舞台では欠かせない味のある演技で定評ですね。

 

「スナックお登勢」のママでもあり、陰ながら銀時を支える人情味のあるキャラクターが

人気です。安定感のあるベテランの演技に注目したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立木文彦( マダオ)

まさかの声優さん本人の出演です^^

今話題になっていますよね。

どんな演技を観せてくれるのか楽しみです!

 

「まるでダメなオッサン」から「マダオ」と呼ばれているが

現在無職。しかし以前は幕府の入国管理局局長でした。

皇子を殴りクビになり、幕府から切腹を言い渡されたが逃亡。

 

そして妻子からも逃げられるという

マダオという呼び名がピッタリなキャラクターのようで

その発言や行動がファンからはカッコいいと愛されているようです。

 

 

キャサリンは出る?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回出演するキャストを調べましたが、

お登勢さんは、「キムラ緑子」さんに決定しましたが

キャサリン役のキャストの発表がありませんので

今のところはっきりしたことは分かりませんでした(汗

 

※分かり次第、追記します。

 

まるで隠れキャラみたいですね^^

見れたらラッキーかもしれません。

 

 

まとめ

銀魂は長年、漫画やアニメが続いている名作でその長い物語を

映画の中でどう始まりどう完結させるかが期待されている。

 

ギャグなどのユーモアが溢れる作品にもなっているので、

スカッと笑いたい人にもオススメです^^

 

舞台は江戸時代。和を重んじるという「テーマ」も感じられます。

日本の真選組は、暗殺部隊などのイメージがありますが、

アニメ映画ということからなのか、作品全体に重い空気は感じられず、

子供も大人も楽しめる映画になっています。

 

融合したオリジナルストーリーなので原作では見たことない展開であると予想され

原作を見たから、結末が分かってしまうことなどもないので

新たなストーリーとして楽しめます。

 

「銀魂」自体有名なので漫画やアニメをご覧になった方、また見ていない人も

ぜひ実写版映画も体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

 



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ