【映画】AI崩壊のあらすじや結末を小説からネタバレ!評価や感想についても

 

【映画】AI崩壊2020年1月31日(金)に公開されます。

最近、耳にすることが多くなり、テレビなどでAIについて放送されるなど、関心を

持つ人たちも増えてきて、身近な存在となってきました。【映画】AI崩壊では、

そんなAIをテーマにしたストーリーとなっています。

 

ということで今回は【映画】AI崩壊のあらすじや結末をノベライズされていた小説

からネタバレ、またその評価や感想についてもまとめてみました。

 

 

映画『AI崩壊』本予告 2020年1月31日(金)公開

 

スポンサードリンク

 

【映画】AI崩壊のあらすじ

 

天才科学者の桐生浩介は、医療用のAI『のぞみ』を生み出し時の人となりました。

ところがそんな桐生浩介は『のぞみ』のまさかの暴走により、一転して大ピンチに

陥ってしまいます。

 

というのも『のぞみ』は、人間の生き死にを決定し、生きている価値がないと決めた

人間を殺すという、暴挙に出てしまったから。

 

さてのぞみ事件で動き始めた警察庁では、キャリアの桜庭誠が『のぞみ』を作った

桐生浩介のことをテロリスト扱いします。これを受け桐生浩介は追われる身となって

しまいます。

 

しかも『のぞみ』の開発に関わった桐生浩介の義弟の西村悟、刑事の奥瀬久未、合田京一

らも騒動の影響を受けるのでした。

 

はたして人間たちは『のぞみ』の暴走を止めることができるか?前代未聞の事件が幕を

開けます。

 

 

 

【映画】AI崩壊の結末を小説からネタバレ!

 

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

【映画】AI崩壊は、冒頭で述べたとおり、入江悠監督のオリジナル脚本であって、

原作小説はありませんでしたが、その代わり浜口倫太郎さんによるノベライズ版が

存在しました。

 

そして物語の結末はどうなるのか?

 

 

すべての黒幕は桜庭誠でした。

 

歪んだ正義感によって、世の中から貧困を撲滅するため、他人の生き死にを操ろうと

企てていたのです。結局、桜庭誠は無事、捕まることとなり、『のぞみ』の暴走も

ストップとなったものの、残念ながら、西村悟は帰らぬ人に。

 

さて暴走をやめた『のぞみ』ですが、その理由について、桐生浩介は1つの仮説を

持ち出します。それは、驚くべきことに『のぞみ』が人間と同じ感情を持っていて

正常に戻ったというものなのでした。

 

映画がこの通りになると断言はできませんが、原作小説ではなくノベライズである以上

可能性は低くなさそうです。

 

いったい、どのような結末を迎えるのか、乞うご期待です。

 

 

 

【映画】AI崩壊の良い評価や感想

映画『AI崩壊』はまだ公開されていませんので、小説に対する評価、感想を確認して

いきたいと思います。まずは、良い評価や感想を見てみましょう。

 

早く話が進むのは、文章の読みやすさ、惹きつけられるおもしろさ、双方があった

からでしょうね。

 

 

SFなのもあるでしょうが、内容が意味深なのもその原因に違いありません。

 

 

大沢たかおさん、賀来賢人さん、岩田剛典さんなど、映画はキャストがとても豪華に

なっています。

 

 

小説を読んで、読者が現実世界にも目を向けるくらいですから、そうとうな影響力と

いえそうです。

 

 

だとしたら、本作はまさにそうだということになるかもしれません。

 

 

こちらはノベライズの作者である浜口倫太郎さんのツイートですが、それだけに考え

させられますね。

 

 

 

【映画】AI崩壊の悪い評価や感想

一方、映画『AI崩壊』の小説への悪い評価や感想は、どうなっていたのでしょうか?

ネット上をくまなく探してみましたが、これといって批判するようなものは、とくに

見つかりませんでした。

 

もちろん、さらに探せば少しくらいはあるのかもしれませんが、こんなことは稀と

いえるでしょう。やはりAIという身近になりつつあるテーマ、その暴走という、

ひょとしたらあり得そうな恐怖が見事に奏功したのでしょうか。

 

映画『AI崩壊』への期待もさらに高まりますね。

 

 

 

【映画】AI崩壊の小説を読んだ感想

では最後に『AI崩壊』の小説を読んだ個人的な感想です。

AIに人間的感情があったという桐生浩介の仮説は、かなり衝撃的でした。

そして物語のスピード感には圧倒されました。このスピード感を感じたのは話に惹き

込まれ、無駄がなく飽きなかったからだと感じています。自分の中ではかなりの傑作

です。久しぶりに集中できました^^

 

また事件の黒幕が警察庁のキャリア、しかも「岩ちゃん」というオチは意外性があり

ミステリーとしても楽しめます。10年後の日本が舞台で、もしかしたら現実に起こる

かも知れないという設定に惹き込まれますね。

 

読まず嫌いはもったいないです。

未読の方は、映画鑑賞前に読んでみてはいかがでしょか。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

ここまで映画『AI崩壊』について見てきたわけですが、現実に存在することをネタに

した話なので、とても他人ごとでは済まされないリアリティーがあります。

 

なぜ『のぞみ』は暴走してしまったのか?人間は『のぞみ』を制御できるのか?

また小説版と映画とではどうような違いがあるのか?見どころ満載です。

 

公開は、2020年1月31日(金)

公開が待ち遠しいです!

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ