【映画】ラストレターの原作をネタバレ!結末や評価と感想についても

 

映画『ラストレター』2020年1月17日(金)に公開されます。

岩井俊二さんが監督で、なおかつ原作小説も手掛けたということで、かなり注目

されている作品です。

 

ということで今回は、原作小説からネタバレということで結末や評価や感想について

まとめてみました。

 

 

映画『「ラストレター」』予告【2020年1月17日(金)公開】

 

スポンサードリンク

 

【映画】ラストレターのあらすじ(内容)

 

姉の遠野未咲を亡くした岸辺野裕里は、その葬儀でその娘の遠野鮎美から姉が行く

予定だった同窓会と彼女の手紙の存在を知らされます。

 

その後裕里は、未咲の訃報を知らせるために同窓会に行きますが、未咲と間違われて

しまいます。ところが裕里はそのまま間違われたままにし、未咲になりすまします。

 

そしてその同窓会で裕里は、初恋の相手で現在では小説家になっていた乙坂鏡史郎と

再会します。未咲になりすました裕里は、鏡史郎と文通することになります。

 

鏡史郎は、裕里の手紙に住所が記入されていないことで、仕方なく卒業アルバムに

記載されていた未咲の実家に返事を送ったことで、現在実家に住んでいる未咲の娘

遠野鮎美に手紙を見られ、また鮎美も母親の未咲になりすまし、鏡史郎に返事を

したことで母親、裕里、鏡史郎の過去を知ることになり、そこから物語は進んで

いくことになります。

 

 

 

【映画】ラストレターの結末はどうなる?原作からネタバレ

 

それでは、岩井俊二さん作の映画『ラストレター』の原作小説も見ていきましょう。

なお、こちらはネタバレを含みますので、ご注意ください。

 

乙坂鏡史郎による小説として、原作小説は描かれていきます。

子供だったころ、乙坂鏡史郎は遠野未咲が好きで、後に交際しますが、岸辺野裕里

からも思いを寄せられていました。

 

大人になった鏡史郎は、同窓会で裕里が未咲に成りすましているのに気づくものの、

敢えて指摘せず、文通を始めます。やがて鏡史郎は、裕里に会いに行きますが、

未咲になりすましていることに気づいていることを話します。

 

しかも未咲が亡くなったことを知らされ、ショックを受けます。

そして未咲が亡くなったのは、結婚相手の阿藤によって苦しめられた末の自殺だと

言うことも知らされます。

 

また今まで裕里からだと思っていた手紙が鮎美からのものだったと知ります。

さらに鮎美から未咲の卒業式の答辞が遺書だったと聞かされることに。

 

そして原作小説は、未咲の答辞によって幕を閉じるのでした。

以上が原作小説のネタバレですが、さて映画ではどのように描かれているのか?

楽しみです。

 

 

 

『ラストレター』原作小説を読んだ感想

まず理由があるのですが、この時代に手紙による通信手段に設定したところが面白い

と感じた。それ故に個々の学生時代と重なるところが観るものを惹き付けるところかも

しれない。しかしそれも40代か?

 

内容的には、正直なところそれほど惹き込まれることもなく淡々と読みすすめたと

いう感じ、鏡史郎が未咲に成りすました手紙を受け取り続けるところや未咲の死の

真相を知り、阿藤と対峙するところなど興味深く、惹き込まれそうになるところも

ありましたが・・・。それほどです。

 

鏡史郎の一人称による展開となっていることも注目されていますが、そこが読みづらい

という感想もあります。しかし個人的には、そこは読みやすく良かったと感じています。

40代となれば、幼い頃の淡い恋愛を思い浮かべ昔を懐かしむ、それほど年をとった

ということなのでしょうか。そこを思い知らされた感が否めません^^

 

ということで原作小説は、微妙でした。

映画では、好きな俳優陣の出演で興味深いところ。因みに映画版では主人公は鏡史郎

ではなく裕里ですので、ここは大きな違いになります。手紙がストーリーの核心へと

つながっていく作品ですが、映像化によりどのように表現され、そしてまたどのように

伝わるのか?気になりますね。

 

 

 

『ラストレター』原作小説の良い評価や感想

 

岩井俊二さんの監督作品は青春ものに定評がありますが、映画『ラストレター』の原作

小説もご多分に漏れずだったようです。

 

小説の内容のみならず、その帯の言葉までもこれだけ読者の関心を引いていたとは、

岩井俊二さんも作者冥利に尽きるというものでしょう。

 

 

前半の主人公の語りは、少々飽きてしまいましたが、子どもたちの登場から、物語が面白くなってきました!!人と人との出会いは巡り合いであり、人生とは奇遇の連続で成り立っていると…わたしも前から思っていたこともあり、主人公の言葉にウルウルしてしまいました(´•̥̥̥ω•̥̥̥`)♡ こちらの小説映画化されるそうですね、楽しみです♡

引用元:読書メーター

 

 

鮎美や瑛斗の強さの裏にある経験や、未咲の人生についてなど、読者にとっても読みたいであろう物語は一切省かれて、未咲が亡くなった後の1ヶ月ほどの夏を描いている。語り手である鏡史郎への未咲の想いは感動したし、最後の遺書も凄く良かったと思うけれど、結局それらが鏡史郎の作家としての自己の回復に収束していく感じが少し気になるなあと。とはいえ、言葉によって人が前に進むシーンはやっぱり好きだなあと思うので、この作品もなんだかんだ好きです。

引用元:読書メーター

 

 

 

『ラストレター』原作小説の悪い評価や感想

うーん、映像にしたらいいのかもしれませんが、小説は…。同窓会から始まるところと、手紙のやりとりなんかは好きでしたが、もやもやしました。

引用元:読書メーター

たしかに、文章と映像は違いますので、岩井俊二さんはあえて映像化を意識しないで

執筆していたのでしょうか?

 

 

内容に奥深さがもの足りない気がして最後まで引き込まれることもなく、感情移入できず残念でした。

引用元:読書メーター

ご紹介しましたように、あらすじ自体はとくに安っぽくありませんので、読者の感性

とうまく合わなかったということかもしれませんね。

 

 

高校時代から恋の残滓を引き摺る40代。やりとりするメールや手紙内容、言動の思わせぶりなあまりの幼さ。

引用元:読者メーター

子供のころの恋を大切にしていると受け取るか、それともまだダラダラ未練たっぷり

と受け取るか、については、たしかに評価が分かれそうです。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

まとめ

原作者も監督も同一人物ですので、内容はほぼ同じのか?変わるのか?とても気に

なるところ。松たか子さん、広瀬すずさん、福山雅治さんなどなど、俳優陣も魅力

あふれる面々となっているため、楽しみです。

 

公開は、2020年1月17日(金)

待ち遠しいですね。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ