mellow(メロウ)映画の主題歌を歌っている並木瑠璃とは誰?動画や他の楽曲についても

 

映画『メロウ』2020年1月17日(金)に公開されます。

タイトルの通り、和やかなイメージの内容になっているようで楽しみですね。

 

しかも主演は田中圭さん、ヒロイン役には岡崎紗絵さん、またその他にもSUMIREさん、

山下健二郎さん、ともさかりえさんなどが出演することになっています。

 

見どころ満載の映画『メロウ』なのですが、その主題歌も注目されていました。

ということで今回は、映画『メロウ』の主題歌や担当するアーティストなど

気になるところをまとめてみました。

 

 

映画『mellow』(メロウ)予告編

 

スポンサードリンク

 

【映画】メロウのあらすじ(内容)

 

夏目誠一(田中圭)は独身で、街でもお洒落なことで知れれている花屋を経営して

います。その一方で木帆(岡崎紗絵)は、父親から受け継いだ、いつ潰れても

おかしくないラーメン店を経営していました。

 

このように、全く異なる状態の夏目誠一と木帆。そんな2人の店では、不器用な男女に

よる片想いが展開されていくのでした。

 

 

 

【映画】メロウの主題歌の花になるを歌っている並木瑠璃について(詳細)

このような映画『メロウ』なのですが、その主題歌もかなり注目されているようです。

映画において主題歌はかなり重要です。果たして誰が担当していて、どういう曲なの

でしょうか。

 

映画『メロウ』の主題歌は、並木瑠璃さんの「花になる」でした。

 

並木瑠璃さんは、1997年6月9日、神奈川県の出身で22歳。

明治大学文学部に在学しています。

 

本業はシンガーソングライターなのですが、これまでの経歴はとても多彩でした。

まず『さんまのSUPERからくりTV』に出演して、番組内のコーナーである「からくり

熱中少年物語」において、天才ギター少女として取りあげられ話題に。

 

そして2008年11歳にして、メジャーデビューすることとなります。以後、ギターでの

活躍は続き、SUPER GTで国歌を担当したりと、まさに天才ギター少女の名にふさわしい

実績を積んでいきました。

 

映画や他のアーティストの楽曲への参加も多く、映画『クローズZERO II』のサウンド

トラック、miwaさんのライブにも加わっていました。しかもアーティストだけでは

なく女優経験もあったいうから驚きです。

 

妻夫木聡さん主演のNHK大河ドラマ『天地人』に出演していて、しかも子供のころの

お船役、さらにお梅役と1人2役を演じていました。もはや天才ギター少女という

カテゴリーだけでは収まりませんね。

 

予告編で流れているのが、主題歌『花になる』ですが、聴いた感じでは、凄く心に

響く声で物語により一層、花を添えているようですね^^

 

 

 

【映画】メロウの主題歌の花になるの動画は?

映画『メロウ』の主題歌は、並木瑠璃さんの『花になる』だったわけですが、

この動画は観ることができるのでしょうか?

 

こちら探してみたのですが、見つかりませんでした。

 

映画『メロウ』がヒットすることは間違いないですから、その主題歌となれば、

かなり注目されるはずです。『花になる』もヒットすることでしょう。

 

早く『花になる』のフル動画を観たいですですね。

 

 

 

【映画】メロウの主題歌を歌っている並木瑠璃の他の楽曲は?

映画『メロウ』の主題歌である『花になる』を担当することで、注目度が急上昇の

並木瑠璃さん。それではこの曲以外には、どういった曲を発表していたのでしょうか?

 

並木瑠璃さんは、シンガーソングライターとして活動していますが、もっぱらサークル

で活動しているらしく、本格的なオリジナル楽曲の発表は『花になる』が初だった

ようですね。

 

とはいえ過去に他のアーティストのカヴァーを発表していました。それはフィンガー5

の『学園天国』。オリジナルは、1974年にリリースされました。

 

以後カヴァーしたアーティストは数知れず、主だったものだけでも小泉今日子さんに

慎吾ママ(香取慎吾)さんなどなど。

 

並木瑠璃さんがカヴァーしたヴァージョンは、2008年にリリースされていて、ずばり

これが彼女のデビュー作となりました。

 

 

こちらも合わせて御覧ください。

 

 

 

まとめ

田中圭さん主演、岡崎紗絵さん共演作というだけでも、注目度&見どころ満載で

見逃すことができない映画『mellow(メロウ)』。それに加え並木瑠璃さんが

初の本格的なオリジナル楽曲の発表とくれば、その期待度もマックスです^^

 

公開は、2020年1月17日(金)

いったい、どのような作品に仕上がっているのか、とても楽しみです。

 

最後までありがとうございました。

ゆうすけ

 

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ